ホーム > mixiユーザー(id:10258677) > mixiユーザーの日記一覧 > 「WEEKEND ウィークエンド」 優しさの本質

mixiユーザー(id:10258677)

2019年10月05日23:33

21 view

「WEEKEND ウィークエンド」 優しさの本質

ゲイ2人の映画とは知っていて観始めたのだけれど、
「あ〜間違えちゃった、私の趣味じゃなかった、失敗した」と、
思った前半…そして後半、グッと来てしまった。

「WEEKEND ウィークエンド」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4825072
http://www.finefilms.co.jp/weekend/

ゲイバーでラッセル(トム・カレン)はグレン(クリス・ニュー)に出会う。
そしてラッセルの部屋で2人は過ごす。
ラッセルはプールのライフガードの仕事。グレンはアーチスト。

グレンは、ラッセルに2人で過ごした一夜を語らせて録音する。
素朴な感じのするラッセルに対し、どこか作為的なグレン。
2人の絡み合い。この辺りまで「私、いったい何を観てるのかしら?」と。

グレンは16歳で親にゲイを打ち明けた時、親に「生まれつきだ」と言ったという。
(your faultは「生まれつき」?「あなたのセイだ」じゃなくて?naturalを聞き落とした?)
その話に、ラッセルは「僕は孤児で、16歳まで施設で育った」。
するとグレンは「孤児には興味がある」。なんて嫌な男かと思った。

だが、2日目の夜、グレンは「俺を父親だと思って打ち明けろ」という。
ラッセルは冗談だろうと言いつつも「父さん、僕はゲイなんだ」と打ち明ける。
そのシーンで、私はゲイかどうかなんて、どうでもよくなってしまった。

これ以上は観て貰わなくては。人の優しさと、あの細やかな心の動きを。
さすが、あの微妙な感情を描いた「さざなみ」のアンドリュー・ヘイ監督。
観て良かった!

6 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月06日 00:36
    ゲイという題材ゆえ、日本公開が遅れたのかなぁ…。
    実は私も『さざなみ』でこの監督を知ってそれ以前の『ウィークエンド』がレズビアン・ゲイ映画祭で上映されていたと知って地団太踏みました。
    だいぶ遅れたけど一般公開されてよかったです。(実は海外盤のソフトを持ってます。日本語がないのですが、ボカシもない…はずです)

    終盤は本当に引き込まれました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月06日 09:35
    > mixiユーザー 「さざなみ」は時々蹴飛ばしたいようなご夫婦で…でもあの細やかな感情に引き込まれたので、気になって「ウィークエンド」も観たのです。
    でも最初、ホント、なんでゲイの2人に付き合ってんの〜?と思ったのですが、おっしゃるように後半に引き込まれました。あの2人の限りない優しさ。あれは互いに生きることの苦しみを知っている者の優しさなんでしょうね。胸に迫りました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する