ホーム > mixiユーザー(id:10258677) > mixiユーザーの日記一覧 > ラグビーW杯と「インビクタス」

mixiユーザー(id:10258677)

2019年09月21日14:21

61 view

ラグビーW杯と「インビクタス」

「スポーツには世界を変える力がある。
人々にインスピレーションを与え、団結させる力があるのだ。
ほかの何かには、まずできない方法で」 ネルソン・マンデラ

昨夜は、ラグビーW杯初戦。日本がロシアに0−7で負けていてハラハラ。
でもすぐに5−7になり、逆転して30−10に。思わず高校生の時に
ラグビー部だった息子(細いからスクラムの外でグルグルしている9番だった)に
「このまま勝てるかな?」とメール。「あと10分だから勝てるよ」と返ってきた。

そして試合が終わると、映画「インビクタス」に突入。
https://www.youtube.com/watch?v=SWLm16Kip-w

白人がほとんどのラグビーチームの主将フランソワ(マット・デイモン)は、
囚人から大統領になったマンデラ(モーガン・フリーマン)に呼ばれる。

フランソワはマンデラの願いを聞き、そして彼がかつて入れられていた独房を訪ね、
マンデラの思想を深く理解していく。南アのチームの黒人はたった1人。

1995年のW杯、対決した相手は、なんと強豪オールブラックス。
この映画、3度目だけれど、試合になると目が離せないし、最後は涙。
クリント・イーストウッド監督、よくぞ作ってくれた!


まだ、南アフリカがアパルトヘイト政策を取っていたころ、
それに反対する人たちは南ア製品の不買運動をし、私も参加していた。
高価なダイアモンドというわけではなく、黄桃の缶詰や、
林檎味の炭酸水アップルタイザーくらいだったけれど。勉強会にも行っていた。

釈放されたマンデラ氏が来日した1990年には、集会にも行った。
その時歌った「ンコシシケレリ アフリカ」(神よ、アフリカに祝福を)は、
何と国歌になり映画でも歌われている。集会のマンデラ氏の姿は今でも思い出す。
その国歌について書いてあるこの方のブログは、南アの実情と困難を示している。
https://www.afpbb.com/articles/-/2734864

「我々黒人を殺した白人を追い出せ!」と言う人々も多かった南アの中で、
「白人の支配とも黒人の支配とも戦ってきた」とマンデラ氏は言う。
「すべての人が共に調和して暮らす民主的で自由な社会」という理想を目指す。

この「インビクタス」(征服されない、屈服しない)という題は、
単に試合だけでなく、マンデラ氏と共に人種の違いを乗り越える困難さ、
差別や偏見に屈服しないという、世界中の人々の思いが込められているのだろうな。

14 9

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月21日 14:42
    もちろん大好きなイーストウッドの映画ですのでロードショー時に観ました。
    当時はラグビーなんて全然知らない頃ですが、それでも感銘を受けましたね。
    モーガン・フリーマン演じるマンデラ氏の見事なこと!
    演技だけではなく、あの独特の柔和な表情まで模しているのは見事でした。素晴らしい顔面神経!(笑)
    実際の彼も、大統領に就任した時の演説で白人層に対して「私たちは赦す。しかし忘れない。」と語ったとか。
    人種の宥和を強く求め、国がひとつになった美談である当時のW杯なのですが、この映画が公開された当時は既に南アでの経済格差、治安の悪さ(それはこの本作以前に公開された『ツォツィ』で凄まじく描かれてます)が深刻になっていて、そんな時にイーストウッドはどうしてこういう映画を?と釈然としなかったのですが、おそらく彼は「南アの皆さん、理想を捨てないで」というメッセージだったのかもしれません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月21日 16:32
    > mixiユーザー あのマンデラ氏は、本物みたいでしたね〜。南アは昔も今も大変だろうと思います。それでも今は、他の多くのアフリカ諸国よりはマシな状態なのかも…。
    「赦す、しかし忘れない」という言葉は、30数年も牢に入れられていたマンデラ氏が、黒人としてよく言えたと思います。昔むかしですが、日韓についての青年のシンポジウムで、30代の姜尚中さんが「恨(ハン)の感情は大切だ。しかしそれを乗り越えることはもっと大切だ」といったようなことを発言されて、「おお、この人いいかも!」とチェックしたのですが、優れた人たちって、厳しいけれど寛容でもあるのですね。今の政治家達にマンデラ氏の伝記とか読んで貰いたいです。
    たぶん、南アの人だけでなく、人種差別はイーストウッド自身もアメリカで感じていたのかもしれませんね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月21日 17:53
    > mixiユーザー マンデラ氏は真実稀有な人でしたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月21日 19:01
    > mixiユーザー はい、そう思います。でも各国の首脳になる人は、あのような広くて深い人間性を持ってほしいです涙
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月21日 22:32
    妻が興奮して見ており、何度も呼ぶので、最後の10分だけおつきあいしました。イーストウッドは、単純なタカ派ハト派では計り知れない監督ですね。あまり観ていないけど。やっぱり、ロバート・レッドフォードの方が安心しちゃうんです。
    私も高校生のころ、アップルタイザー不飲運動を自主的にやっていました。
    そのころ、南原彰さんだったか、反アパルトヘイトの人の話を聞いたりしました。靖国参拝の話題になり、彼は国学院大の先生だから、何が悪いんだと言うわけです。単純に右・左という分け方ではわからないことがあるんだなと学びました。
    そう言えば、当時の右翼は、基本、反アパルトヘイトですよ。日本人が名誉白人扱いとはけしからんと怒っていました。
    高校時代は、アフリカ史やアフリカ文学に関心があり勉強しました。大学に入ったら、もう少し身近な問題に関心が移りました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月21日 22:35
    久しぶりに思い出したので、確認したら、楠原彰さんでした。木が抜けてた。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月22日 09:02
    ラグビーW杯、なかなか盛り上がってますよね♪
    で、試合放送直後の『インビクタス』って、これ、日テレ、最高じゃ〜んってTV
    (私はちょっと疲れて横になってしまっていて、見れませんでしたが・・・。録画すればよかったと後悔あせあせ(飛び散る汗)
    でも、劇場で、実は観ているんです。で、日本ではいつの公開だったかなと調べたら2010年。
    息子5才。多分、幼稚園の延長預かり制度を使って観に行ったんだな、私あせあせ
    ほんと、素晴らしい映画で、よくぞ作ってくれた!ですよね。
    あぁああああ〜、今すぐにでも観たくなってきたぁあああ(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月22日 16:28
    > mixiユーザー そうそう、國學院大學の楠原彰さんです。私も何度かお話を伺ったり、寄稿して頂きました。モトさんもアップルタイザー仲間exclamation & questionなのですね!
    そうですね、イーストウッドも単純にハトだタカだ、右左と単純には分けられませんね。一市民の私だって例えば天皇の戦争責任はあると思うけれど、皇室は外交のためにも存在していて良いのではないかと思っているし、「表現の不自由展」は、全く好きになれない作品もとても多いけれど、それでも展示するのはOK だと思うし。こういうのダブルスタンダードだと散々言われたこともありましたけれど、1つ1つの問題を丁寧に考えていって、変化することも前提に意見交換をして、考えを練り上げられて行けばいいなって思っています。人間を簡単に色分けしたくないし。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月22日 16:30
    > mixiユーザー 我が家は息子が高校のラグビー部に入って以来、テレビはラグビーの試合があると付いていて、連れ合いと息子はよく試合を見に行っています。
    ケスさんなら「インビクタス」は当然ご覧になっていらっしゃるでしょうヨ。私ですらテレビ放映を入れて3回は見てますもの。いい映画ですよね〜exclamation ×2

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する