ホーム > mixiユーザー(id:10258677) > mixiユーザーの日記一覧 > 「天国でまた会おう」奇妙で退廃的で、そして胸を打つ

mixiユーザー(id:10258677)

2019年09月20日00:18

38 view

「天国でまた会おう」奇妙で退廃的で、そして胸を打つ

春に観損ねていて、ギンレイに掛かったので、楽しみに観に行った。

「天国でまた会おう」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4674591
http://tengoku-movie.com/

第一次大戦の戦場、砲撃で土砂に埋まったアルベール(アルベール・デュポンテル)を
救ってくれたエドゥアール(ナウエル・ペレーズ・ビスカヤー)。
しかしエドゥアールは、顔の下顎部を損傷するという重傷を負う。

親に連絡するというと、エドゥアールは拒否する。何か確執があるらしい。
エドゥアールに恩義を感じるアルベールは、エドゥアールの名前を変え、
エドゥアールは死亡したことにして、2人で暮らし始める。

自分の顔に絶望するエドゥアールは自殺すら試みるが、戦災孤児の
少女ルイーズ(エロイーズ・バルステ)が彼の不自由な声を聞き取ってくれる。

エドゥアールは、画家を志していた腕を生かして、
さまざまな仮面を作り装着する。この仮面が何とも芸術的で見事。

戦場で味方の兵の命まで奪って、無益な突撃をさせた
プラデル太尉(ロラン・ラフィット)が裕福な銀行家のエドゥアールの家族と絡み合い、
彼を宿敵とする2人は復讐を画策する。

そして戦争で儲けた金持ち相手に、各地に作られる戦死者の記念碑の詐欺を仕掛ける。
自身の運命に逆らい、タガが外れたように、悪事に手を染めるエドゥアール。
エドゥアールの父の家の女中とアルベールの恋も絡んで、果たして…。

戦争の無残さ、親子の確執と愛情、欲望、詐欺、恋、様々な絡みがとても面白く
退廃的なムードの漂う中、絶望も希望も、怒りや許しも沢山盛り込まれて、
とんでもないストーリーなのに納得させられて楽しめた。
観られて良かった〜!
11 10

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月20日 00:25
    ギンレイ、忘れていた。ちょっと行けないかな。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月20日 08:41
    これ思いがけずよかったですよね。
    巷で殆ど話題にもならなかったのが不思議です〜
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月20日 09:06
    うっ、zooeyさん共々、ご覧になられて羨ましいです。
    絵的にも良さそうですが、物語も面白いんですね♪
    ギンレイホール・・・というか、最近は、めっきり東京まで遠出はできなくなりました。
    経済的にも、体力的にも、時間的にも(^-^;
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月20日 09:08
    > mixiユーザー 名画座が近いと、見損ねていた映画を見ることができて便利でありがたいですけれどね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月20日 09:10
    > mixiユーザー はい、ちょっと面白そうって思っていたのに、私も上映が終わってしまいました。ホント、面白かったです。
    話題に上がらないというのは宣伝力の差かしら。意外とつまらない映画がけっこう観客を集めたりもしてますものね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月20日 09:12
    > mixiユーザー はい、なかなか良くできた映画でした。色々てんこ盛りなのに、結構上手に処理されて、悲しくも最後はほのぼのさせ、面白く仕上がっていました。機会があるといいですね。DVDも出ています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月20日 09:18
    いまギンレイで! 評判にはなっていましたが、唆られる映画ですね。時間があればなぁ、と。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月20日 14:36
    > mixiユーザー 残念ですね〜今日で終わりです。期待以上によく出来ていると思いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月20日 16:07
    見逃しています。残念。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月20日 16:12
    > mixiユーザー それは残念。たぶん、お気に召していただけたのに…。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する