ホーム > mixiユーザー(id:10258677) > mixiユーザーの日記一覧 > 「野球部員、演劇の舞台に立つ!」 清々しい青春

mixiユーザー(id:10258677)

2018年02月28日01:23

457 view

「野球部員、演劇の舞台に立つ!」 清々しい青春

九州の八女市を舞台に、実に真っ当な青春映画。
爽やかに、ユーモラスに高校生たちの姿を描く。

「野球部員、演劇の舞台に立つ!」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4423195
http://yakyubuin-vs-engekibuin.com/

ピッチャーの座を奪われて、心ならずも東京から
八女北高校に転校してきたジュン(渡辺佑太郎)は、
キャプテンでキャッチャーのリョータ(船津大地)の指示を
無視して投げたボールを打たれ、ファーストの
カズマ(川籠石駿平)のエラーで勝てそうだった試合を逃す。

敗戦の責任を巡って野球部のチームワークはガタガタ。
そんな時、ボクサーを主人公にする劇を上演予定の演劇部の、
顧問の三上先生(宮崎美子)は、野球部員をスカウトに。

八幡監督(宇梶剛士)は、ジュン、リョータ、カズマを、
「野球だけの人間になるな」と、演劇部に送り込む。
練習時間も削られ、女子の多い演劇部に入れられ、
「なんで俺たちが」と。ことにジュンは不満タラタラ。

一方、演劇部員のミオ(柴田杏花)も大反発。
あと2か月で演劇コンクール、果たしてどうなる…。
演劇OBで、演出を担当する田川(林遣都)は…。

原作は、八女にある高校の教師が、同じ題で書いた実話。
映画化するにあたっては、八女の人たちがこぞって応援。
映画作りに参加した高校生たちの刺激にもなったとか。

「リバーズ・エッジ」で高校生の暗闇を見た後なので
対して、清々しく熱い高校生たちの姿を描いて真直ぐな作品。
他愛ないとも言えるけれど、気持ちの良い仕上がり。
3.5辺りと思うけれど、★4にサービスしちゃえ。

8 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月28日 09:21
    野球を続けたくて(?)九州まで行ったのに、別なことをすることになってしまったと・・・。なにやら面白そうな作品ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月28日 09:31
    > mixiユーザー 試写会で日比谷公会堂で見ましたが、八女市や野球の関係者の方々もいらっしゃるような感じでした。高校生や中学生はじめ若い方々はとっても楽しめそうなので親子で観ると、あとでいろいろ話せていいかも…ですね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する