ホーム > mixiユーザー(id:10258677) > mixiユーザーの日記一覧 > 「ライオンは今夜死ぬ」老人と子供、死と生と

mixiユーザー(id:10258677)

2018年02月16日22:04

90 view

「ライオンは今夜死ぬ」老人と子供、死と生と

諏訪監督の「ユキとニナ」は観たいと思いながら逃したので、
今回も子供の出てくる作品と聞いて、観ると決めていた。

「ライオンは今夜死ぬ」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4394728
http://www.bitters.co.jp/lion/

俳優のジャン(ジャン=ピエール・レオー)は、撮影で
死に逝く老人を演じるが、その演技に納得できないでいる。
女優の都合で撮影は延期となった。

ジャンは思い出の館を訪ねる。若くして逝った恋人
ジュリエット(ポーリーヌ・エチエンヌ)の幻が現れる。

そこにひと群れの子供たちがやってくる。彼らは、
この無人の館を使って、映画を撮ろうとしているのだ。
ジャンは映画作りに協力することになる。

「死」を演じなければならない老優と、映画撮影に、
張り切っている子供たちのやり取りが可笑しい。

「まず台本を書くんだ」「台本って?」に始まり、
ジャンの即興の名セリフに(台本と)「全然、違うじゃない!」。

若くして逝った女性の幻と、話を交わす老優。
「死者に会えるなら、お父さんに会えるかも」と呟く少年。

緑豊かな南仏の光景の中で、弾けるような子供たちの生命と
死を意識せざるを得ない老優、現れる幻。
ひっそりと姿を現す百獣の王ですら、死は免れない。

5 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月16日 22:09
    『ユキとニナ』も、『不完全なふたり』も良くて諏訪さんのファンでもあるのですが、これは個人的にはちょっとかったるい印象があって、未だに感想が思い浮かばないんです。
    だけど、ジャン・ピエール・レオーもおじいちゃんになっちゃいましたね・・・(^^;
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月16日 22:28
    > mixiユーザー そう、ちょっとかったるいの分かります。それで、私としては好きなジャンルだったのに、★3になっちゃいました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月16日 22:44
    子供たちとのシーンは中々良かったですが、やはりゆるいですよね。
    それが味かもしれないですが…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月16日 23:01
    > mixiユーザー ゆるいのが味って思えばいいのかな。でも、ちょっと途中で飽きちゃったので…。
    ハナミズさんのレビュー、良く読み込んでありますね!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月16日 23:13
    私もこれ、観ようかどうしようか迷いました。
    私向きではないかもです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月17日 00:25
    > mixiユーザー その前に「ローズの秘密の頁」を観て、続けて観たので、よけいにゆるさが目立ったという感じはあります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月17日 09:28
    う〜ん、あえて・・・無理してまで・・・観に行かなくてよさそうな感じでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月17日 10:16
    > mixiユーザー 嫌なところはないのですが、無理して頑張らなくてもいいかなって感じです。ちょうど時間が空いて、場所も近いし…というのなら。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する