ホーム > mixiユーザー(id:10258677) > mixiユーザーの日記一覧 > 「はじめてのおもてなし」難民と受け入れ家族の崖っぷち騒動

mixiユーザー(id:10258677)

2018年02月05日00:44

146 view

「はじめてのおもてなし」難民と受け入れ家族の崖っぷち騒動

楽しそうなポスターの写真に惹かれて、
難民映画祭に申し込んだのだけれど、希望者多数で落選、
銀座シネスイッチで上映しているので観に行くことに。

戦争・紛争や経済的な困窮・飢餓から逃れようと、
中東やアフリカからの難民が欧州に押し寄せているが、
ドイツは人道的見地から難民を受け入れている。

「はじめてのおもてなし」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4388882
http://www.cetera.co.jp/welcome/

元教師のアンゲリカ・ハートマン(センタ・バーガー)は、ある日、
難民を家に受け入れると宣言して、夫や子供たちを唖然とさせる。

やってきたのはナイジェリア難民の
ディアロ(エリック・カボンゴ)。

ハートマン家は、外科医の夫(ハイナー・ラウターバッハは、
職場では若手のタルク(エリアス・エンバレク)とは上手く行かず、
友人の美容外科医に皺取りの注射を受けても老いは忍び寄る。

妻は夫とはぎくしゃく、アンゲリカは寂しさにアルコール依存寸前。
32歳の娘ゾフィ(パリーナ・ロジンスキ)は、
自分探しで未だに大学生、なのに勉強に身が入らない。

息子フィリップ(フロリアン・D・フィッツ)は子供がいるが
離婚、仕事中毒で思春期入り口の息子に構う暇もない。

愛していても伝わらず、バラバラになりそうな危うい家族。
ディアロも、難民申請が通るかどうかの崖っぷち。

なのに妻の元同僚が歓迎パーティのどんちゃん騒ぎ。
頼まれてラップの撮影を学校でして大問題になり…、
ゾフィのストーカーと揉め…と思いがけないトラブル続き。

ディエゴの率直な物言い、ドタバタに笑いながら、
偏見や差別に胸を痛め、壊れそうな家族にハラハラ。

そして、もし大量の難民が日本に来ることになったらどう思う?
隣に難民が棲むことになったら、あなたはどうする?と、
問われていることに、ふと気づかせられる。

ーーーーーーー

難民ではないけれど、YWCAの「留学生の母親」運動に参加して、
1人の「息子」が我が家に現れたのは、子供が小学生の時。
子供たちは大喜びで、インドネシアの青年を迎えた。

彼は普段は日本語学校の寮で、夏休みには泊まりに来た。
息子たちの漫画「タッチ」を、面白いと全巻読み通し、
「私は」が「俺さぁ」に変わった。いいのか悪いのか、
とにかくこなれた日本語に変わったことは確か。

2,3年置きに、マレーシア、インドネシア、ラオスと、
5人の留学生と関わった。そして、香港、中国、韓国、フィリピン、
タイ、シンガポールなどの彼らの友人たちも我が家を訪れた。

他にもイタリア、アメリカ、フィンランド、オランダ、
ディエゴと同じナイジェリア等々のお客を迎え、思い出すと、
この狭い家で、ずいぶん国際的だったなと思う。
おかげで子供たちは、人種的偏見は持たずに育った。

もし、留学生に日本語で話すボランティアに興味があれば、
誰でも受け入れている留学生談話室を気楽に訪ねてみて。
http://www.tokyo.ywca.or.jp/peace/docs/201703281844.pdf


7 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月05日 01:02
    予告では何度か拝見しました。
    その印象通りなのでしょうか。
    楽しそうに見えながら最後に「ハチの一刺し」が決まる…そんな感じかと推察しています。
    日本に大量の難民かぁ…想像もつかないけど<すんなり>とはいかないでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月05日 01:24
    なんともキャッチーな邦題ですね。あれだけテロ、難民流入による経済問題、右翼政党の台頭があっても首相が受け入れ維持を表明するドイツ人のたくましさ、強固なまでの歴史的反省には、敬意を抱かずにはいられません。これからどうなっていくか予断を許しませんが。
    ドイツ国会では、難民拒否の極右政党が、国会議員のサッカーチームへの参加を拒否されたニュースがありました。ガーナ人とドイツ人の間に生まれたドイツ代表のボアテングのユニフォームを来て、極右党首を無視する写真を載せた新聞も秀逸でした。
    こんなことを書くと、ネトウヨから「そんなによければドイツに行け」と書かれかねません。先日ごく親しい保守的な友人が、ネットで見かける極端な論説を口にするのを聞き、実社会にもいるのだと、さすがに驚きました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月05日 09:23
    > mixiユーザー はい、まさにその通り。起きそうな現実を少々盛ったという作品でした。
    結構最後までハラハラさせられて、面白かったですよ!
    それとタルクを演じた俳優さん、チュニジアとオーストリア人の父母を持つ異国的な顔立ちで、ハンサム! 
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月05日 09:26
    今週末から千葉でも公開なので、楽しみにしている1本です。
    予告編では、なかなかいい感じで、期待大。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月05日 09:30
    > mixiユーザー 本当にメルケル首相、そしてそれを支持する国民って凄いですね。
    「この国の自由と寛容は守らなくては」といったセリフが作品の中にもあり、頷かされました。
    まだ自由はあると思いますが、寛容さのない排外主義的な日本人も増えているような気がします。
    日本って、けっこういい国だと思いますので、どうか戦争を仕掛けない国でいてほしいし、島国根性ではなく、広い視野で物事を考えられる教育をしてほしいと願っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月05日 09:58
    難民問題に正面きって挑んだヒューマンドラマじゃなしに、それに絡めたコメディなんですよね。
    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1964959507&owner_id=26940262
    家族それぞれの問題が毒気の効いたユーモアで描かれていて、そのバラバラになっていた家族がディエゴという「異人」を受け入れることで化学反応みたいな変化が訪れる、という展開がいいし、何よりもドイツ映画でありながらちゃんと笑える!(笑) 爽やかな着地のさせ方もいいし。
    自分が行ったシネリーブル梅田ではクスクス笑いが絶えなかったのですが、そちらはどうだったのでしょう?

    だけど、原理主義者の男の存在を別にしても、この映画がどこまで難民問題をシリアスに捉えているのかはまた別問題だと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月05日 10:41
    > mixiユーザー 楽しめますよ〜。タルク役のエリヤスをお気に召すかどうかは分かりませんがウッシッシ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月05日 11:02
    > mixiユーザー 難民問題については、私はかなりシリアスだと思ったのですけれどね。特に隣のオバサン。難民が来た場合、私がああならない保証はどこにある?って思いました。しっかりと「自由と寛容」を心に刻んでおかないと。だって人間が生まれた場所であまりにも無残な生き方を強いられるのって理不尽ですよね。そうした理不尽に出合っている人間を見殺しにはしたくないから…
    ドイツ映画にしてはちゃんと笑えるに大賛成です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する