ホーム > mixiユーザー(id:10258677) > mixiユーザーの日記一覧 > 「残像」ワイダが描く全体主義国家の愚かさ・怖さ

mixiユーザー(id:10258677)

2017年06月12日23:48

260 view

「残像」ワイダが描く全体主義国家の愚かさ・怖さ

昨秋10月に90歳で急逝したアンジェイ・ワイダ監督が、
初夏に世に送った遺作で描いたのは、芸術を追求し
国家に抵抗して押し潰されたポーランドの抽象画家、
ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキ(1893-1952)。

「残像」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=4232145
http://zanzou-movie.com/

時代背景は第二次世界大戦後、ソ連の圧力のもと、
社会主義国家となったポーランド。

自分の思想に基づいて、近代絵画を自由に描く。
それが、政権の意に沿わないだけで、弾圧される姿を描く。

ストゥシェミンスキ(ボグスワフ・リンダ)は戦争で片手片足を失いながら、
名声を得て、自分が設立したウッチ造形大学で教えている。
妻に離婚され、1人で暮らす。教授とは言え生活は厳しい。

妻が無くなり、娘のハンナ(ゾフィア・ヴィフチワ)は、
たった1人で、喪服もなく赤いコートで母の葬儀を終え、
父親の部屋に転がり込んで、父の世話を始める。

政府は芸術に社会主義リアリズムを持ち込み、
彼の自由主義的な芸術を、徐々に締め付けてきた。

政府の言うリアリズムの絵を描かず、学生にも教えない、
彼の授業は学生たちに人気で、学生たちはノートを取り、
それをもとに本に仕上げようと、自主的に取り組むほど。

このあたり、教師と弟子たちの関係は羨ましいくらいだ。
彼の思想を芸術を学びたいという、熱い思いが伝わる。

しかし、ストゥシェミンスキは、徐々に追い詰められ、
大学を追放され、看板などを書いて糊口をしのぐ。
その絵が、社会主義リアリズムそのものなのが痛々しい。

倒れて入院した父を見舞うハンナ。父親を心配させまいと、
「新しい靴よ」と見せるが、友人から借りたものだった。

全体主義思想の愚かさ、画一的な思想を強いる国家の怖さ、
それによって失われる素晴らしいものを、
ワイダ監督はこの父娘を追うことでさらけ出す。


ところで日本人にとっては、ストゥシェミンスキって誰? 
だろうが、Wladyslaw Strzeminski で画像検索してみて。

この作品にも彼の絵の他に、デザインした大学の展示室が出てくるが、
日本にも影響を与えたドイツのバウハウス(1919-1933)の流れ。

わが家にある家具職人のリートフェルトの
レッド&ブルー・チェアにも似た色彩のデザインの部屋だ。
その美しい部屋を塗りつぶすという政府の暴挙に驚かされる。

彼を理解する教授たちも徐々に口をつぐむ。
訴えられると怖い、仕事を失いたくない…。
今も残る全体主義国家の愚かさ、怖さが滲み出ている。

「意識したものしか見ていない」という彼の言葉があったが、
芸術に関わらず、私たちは半ば見ていないのかもしれない。

11 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月13日 00:23
    馴染のない画家。(画像検索しましたが、記憶にはヒットせず)
    ワイダの遺作なので、苦手な岩波ですが、行ってみようかと思ってはいます。(腰が重い)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月13日 01:56
    亡くなったのか 惜しい 
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月13日 07:58
    アンジェイ・ワイダ監督、惜しくも今年亡くなられましたね。自分も映画を観始めた時から大好きでリスペクトしてました。
    『灰とダイヤモンド』『地下水道』から近作まで何本観たでしょうか。祖国ポーランドのだけではなくて、フランス革命後の恐怖政治を描いた『ダントン』も良かったし。
    意外に多作なんですよね。しかも彼の懐の深いところは、歴史や社会派的なの意外に、文芸作品もいろいろと手がけているんです。最近だと『菖蒲』が良かった。
    遺作になるこの映画も必見です。大阪では来週末公開なので楽しみです。

    『ワレサ、連帯の男』
    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1926073128&owner_id=26940262

    『ダントン』
    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1856641240&owner_id=26940262
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月13日 09:00
    ううっ、私にはかなり難しそうだ・・・。
    その画家さんのお名前からして難しいしあせあせ(飛び散る汗)、ワイダ監督作だし、ましてや岩波って・・・ちょっと3重苦禁止
    ちょっと、もう少し様子見てから。。。しかし、岩波、相当行ってないわ、私。。。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月13日 14:26
    > mixiユーザー 
    馴染みがなくて当然なの。ポーランドでは、いったんは歴史から抹殺されちゃったんですもの。
    岩波ってちょいお値段が高くて椅子が固めなんですね。今のところ関東では岩波だけみたい…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月13日 14:27
    > mixiユーザー そうなのです。この映画を初夏に作り上げて、その秋に。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月13日 14:47
    > mixiユーザー ワイダ監督、「大理石の男」とか「鉄の男」「白樺」とか、何本見てるかな〜と思ったら、凄く多作なんですね。テレビ放映も含めて10本くらいしか観ていませんでしたが、一監督の作品としては私としては多いです。
    最近では「菖蒲」「ワレサ」など観ています。一番私好みなのは「コルチャック先生」かな。
    なんと賞金を寄付して、クラクフに日本美術技術センターを設立したり(設計が磯崎新で嬉しい!)、玉三郎の主演で「ナスターシャ」も撮っているし、来日もしてるし、日本びいきでも知られていたそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月13日 14:57
    > mixiユーザー 難しくはないけれど、結構つらい場面もあります。
    妻の葬儀で、独りぼっちの娘の赤いコートは、「シンドラーのリスト」の赤いコートの少女(フィギュアスケートでユリア・リプニツカヤがその曲で滑りましたね)を、ふと思い出させました。赤って存在の色なのかな…。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する