ホーム > mixiユーザー(id:10258677) > mixiユーザーの日記一覧 > 留学生たちー映画「タレンタイム」を観て思い出したこと

mixiユーザー(id:10258677)

2017年06月04日10:21

175 view

留学生たちー映画「タレンタイム」を観て思い出したこと

昨日書いた、映画「タレンタイム〜優しい歌」は、
マレーシアの多民族・多宗教社会を描いている。
それに関連しての私の思い出。

YWCAの「留学生の母親運動」に参加し始めたころ、
息子たちは、まだ中学生と小学生だった。

わが家に時々来てくれる留学生を、子供たちは慕った。
今は大人になった息子たちの、民族・宗教に対する偏見の無さは、
留学生たちと触れ合ったおかげだと思う。

インドネシア、マレーシア、インド、香港(当時)、韓国、ラオス、
ベトナム、タイの留学生たちが一堂に会して、わが家のクリスマス!を楽しんだ。
知人のフィンランドの女性も一緒だった。

担当した中にマレーシアの男女もいて、どちらも、
中国系で漢字の名前だった。

この2人は私費留学だったので、アルバイトで大変。
女性から風邪の連絡が来て、食べやすいだろう食料などを持って、
郊外のアパートを訪ねたが留守だった。携帯などない時代。

しばらく待ってあきらめて帰ったけれど、彼女は熱があるのに、
アルバイトを休むとクビになるかも…と出かけたそうだ。

イスラムの子はインドネシアの女性。わが家に来ても、
さっさと帰ってしまうので理由を尋ねたら、1日5回の礼拝があるという。

「わが家でしてはダメなの?」と尋ねたら、「いいんですか?」と、
次から、小さなカーペットを持ってきて、時間になると手を洗い、
「メッカの方向は?西なんだけれど」と聞いて、礼拝をしていた。

豚肉はもちろん、きちんと殺したお肉(ハラール)以外もダメと言うので、
わが家での主菜は豆腐のチーズサンドフライやガドガド、グラタンなど。

インドネシアの青年は、中国系とインドネシア系のミックス。
彼は国費留学生でアルバイトの必要がなく、よくわが家に友達と一緒に来ていた。

「お母さんは働いているのに、女中も運転手もいない」と、
深く同情して、家では決してしないだろう皿洗いを手伝ってくれた。

彼の友人の中に、マレーシアのインド系シーク教徒の青年がいて、
いつも白いターバンを巻いていた。

「どうやって巻くの?」という私の素朴な質問に、彼は、
「家でしか外さないんだけど、お母さんだからいいか」と、
ほどいて、手早くきれいに巻くのを見せてくれた。

今思うと、宗教的に無思慮であっただろう質問。
その時は、「お母さんだからいいか」の言葉が嬉しかった。

インドネシアの青年は、その後、日本の大学、大学院、助手となり、
日本の大きな電機企業に勤め、洗濯機をプレゼントしてくれた。

そして結婚し、起業したときに、とうとう日本に帰化した。
なんと我が家の姓になっていて、ホントの家族の一員になった。

日本にやってきた留学生たちに、親切にしてあげて欲しい。
殆どの留学生は、日本が好きで夢を叶えたいとやってきたのだから。

彼らが帰国した時に、日本への良い印象をたくさん持って帰れば、
その国に日本への友好的な人を増やすことになる。何かあっても
「日本には、いっぱい良い人もいるよ」って言ってくれるんじゃないかな。

★「留学生の母親運動」★
http://www.tokyo.ywca.or.jp/peace/ryugakusei/
YWCA会員(母親)にならなくても、
毎週土曜日の午後の「留学生談話室」には参加(男性も)できます。
英語の勉強目的はダメですよ。彼らの日本語の勉強のためですから。

11 16

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月04日 10:37
    素晴らしい活動をなさっていたのですねえ。
    私は、その足元にも及びませんが
    かつて親しくしていたアメリカ人の牧師さんに頼まれて
    教会関係のアメリカ人の若者を、時々ショートスティさせていました。
    やはり息子たちが小さい頃で
    アラスカやペンシルバニアやアトランタ出身の若者たちに遊んでもらって
    楽しい経験になったと思います。
    無論、私にとっても得難い経験でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月04日 10:49
    なんと我が家の姓になっていて、ホントの家族の一員になった!
    素晴らしいですね。感動!ペンギン
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月04日 10:50
    素晴らしいことですね!

    「なんと我が家の姓になっていて、ホントの家族の一員になった」

    これが、凄い!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月04日 10:56
    > mixiユーザー 私はホントに楽しんでいた…だけです。
    泊めるのに慣れてしまった長男が、大学生の時にも留学生を連れて来たり、
    最初のコンサルタントの会社で雇われた、インド人や、イタリア人を、
    この狭いわが家に連れて来たりと、その頃は賑やかでした。

    zooeyさんの息子さんたち、きっと楽しまれたでしょうね。
    ホントにいろんな文化と触れ合うのって、面白いですもの。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月04日 11:09
    > mixiユーザー ホントはね、本名から寿理庵(理系なの)っていう
    素敵な名前を付けてあげられたのに〜平凡なわが家の名前になっちゃいました。
    でも嬉しかったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月04日 11:18
    > mixiユーザー チャペル
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月04日 11:19
    > mixiユーザー 後から聞いたのですが、ちょっとグッときました。
    今も日本でインドネシア人の奥さんと連れ子の娘さんと4人で暮らしています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月04日 13:49
    素晴らしい活動ですね。留学生との交流から得られること、多いですね。昔、近くの関西外大のエジプトの女性留学生をショートステイ、ありました。お好み焼きをつくると、「今まで食べたなかで一番美味しい」と言ってくれて、こちらが感動したことあります。ホントにいろんな文化と触れ合うって素敵ですね。洗濯機の話とか、イイ話ですね。日本は、移民も数パーセントの受け入れらしいし、島国だから、何かと閉鎖的ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月04日 21:55
    > mixiユーザー エジプトの方とはお付き合いしたことがないです。お好み焼きとタコ焼きは、海外でお店を出したらきっと売れるよね〜とこの前話していたばかりですが、もうどこかにあるかしら?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月05日 00:24
    すごいですよねえ。
    日本国内での異文化交流の90%くらいをナンパ(笑。どちらから声をかけるにしても)に頼っている私から見たら、ただただ尊敬です。
    ヨーロッパ系やヨーロッパ系北米人と交流するのも面白いですが、アジア系やアフリカ系の人との交流からのほうが、たくさんのことを考えさせてくれる気がします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 11:29
    > mixiユーザー あ、私もナンパされたことも(笑)。フィンランドの女性はお店の買い物で困っていたので、つたない英語でヘルプして友人に。彼女の方は10か国ぐらい話せるそうで、その中に日本語が入ってなかった〜。

    アジアやアフリカの人は、ホントに異文化体験できますね。戦後の日本人って表面的には、かなり欧米化されたのかな。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月07日 00:11
    > mixiユーザー 
    そう、「表面的」欧米化。
    自分がアジア人なのに、相手もアジア人なのに、双方がヨーロッパ人・ヨーロッパ系北米人の目線を経由してものごとを見ているのに気づかされたことがあります。

    パキスタンの人は右手でご飯を食べるのですか?
    いいえ、フォークやスプーンを使います。

    パキスタン航空のパイロットだというその人の表情の中に、「手じゃない、『ちゃんと』スプーン・フォーク使ってるんだ」って強く伝えたいのを感じました。私自身も、世の中を「欧米化されているか」を基準のひとつとしていたのだと、思い知らされました。
    彼のお連れ合いの着ていたパンジャブ・スーツは、とても素敵でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月08日 00:15
    > mixiユーザー 南アがまだ植民地で、アパルトヘイトがあった時、日本人は「名誉白人」だったのですって。恥ずかしい…。
    「手を使うのが、私たちの文化です」でもいいのにね…。
    「日本人はお辞儀をするのが文化です。あなたの国を尊重して握手もしますが」とかね。

    でも私も若い頃、アメリカで「日本人は毎日、生魚と米の食事か?」って聞かれたとき「ハンバーグもパンもあります。私はビーフステーキも好き」って答えたことを思い出しちゃった…。「生魚も米も美味しいよ!」も、付け加えたけれど。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月08日 02:17
    > mixiユーザー 
    南アフリカにはあからさまなアパルトヘイトがあって、こちらは「ぎゃ!」って思ったけれど(ある意味真っ正直)、オーストラリアについては白豪主義ってって、「えーそれはどういうことか?えーえーえー?誰も何も言わないからきっといいんだろう」って、なんかもやもやなまま自分を放置したのをおぼえています。

    そういえば、「人類はみな兄弟」に、「ただし、うちらが兄」みたいなのが付いてたんだって聞いたとき・・・

    でも、その当時は画期的だったのですよね。そういう過程を経て、今に至る、なんですよね。

    フィルター磨き続けるの、大変です、正直なところ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月08日 14:03
    > mixiユーザー 「人類はみな兄弟」に、「ただし、うちらが兄」
    えええ〜、そんなぁって感じですがまん顔
    そうか…それでも、それが画期的な時代もあったのですね。
    少しは進歩しているのかな…この間、「映画で学ぶLGBT]の記事を書かせてもらったけれど、これもマシになっているのかも。みんなが生きやすい社会になるといいですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月08日 14:55
    はいっ真面目にお茶らけます!

    人類はみな兄弟〜
    科学的通説では、アフリカ系が姉・兄〜
    また化石発見〜
    さらに古く、30万年前かもって〜
    またアフリカ〜
    アフリカゆるぎない〜

    で、それ発見は、ヨーロッパ系の人が束ねてるっていうね、まあね、そこですよね。やっぱ経済的繁栄があってこその、発掘だの研究だの・・・
    差別主義者をはじめ何人もが、その経済的繁栄の影に長い搾取の歴史があるってのを・・・日本は搾取は・・・

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する