mixiユーザー(id:10258677)

2016年07月30日00:21

243 view

「シング・ストリート」好きなことなら打ち込める

1980年台のアイルランドは、大不況で失業者が20%を超えていた。
その時代背景の中の、青春の音楽と恋。

「シング・ストリート 未来へのうた」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=3977989
http://gaga.ne.jp/singstreet/

ダブリンに住む少年コナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)は、
父親が失業し、学費の安いカソリック系の学校に転校させられる。

早速、不良少年に虐められ、校長は靴は黒でなければならず、
翌日も買えずに茶色を履いていったら、校内では裸足に。
まったく教育的でない校長さん…。

家では、父親と母親が離婚で言い争いが続き、
コナーの楽しみは、大学の学費が払えずに中退させられた
引きこもりの兄(ジャック・レイナー)と音楽を聴くこと。

コナーは、ある日、ラフィーナ(ルーシー・ボイントン)に出会い、
大人っぽい魅力に一目ぼれ。モデルだという彼女の気を引きたくて
「僕のバンドのPVに出ない?」と声をかける。

バンドなんて無いのよね。コナーは何とかメンバーを集めようと奔走。
父が音楽家で作曲も演奏もできるメンバーにラッキーにも出会え、
カッコイイから黒人を入れようとか、チビさんのドラマーとか。

最初はあまりの下手ぶりに、これに2時間つき合わされちゃうの?
と思ったけれど、だんだん上手になってきて楽しめた。

メンバーは個性的だけれど、まだ可愛い坊や達ねって感じ。
映画中のデュラン・デュランなんかもこんな風に、
世に出てきたのかしら? 80年代の音楽が好きな人にいいかな。

ラフィーナの背伸びした妖艶さがなかなかで、
どういう女優さんに育っていくのかな、と思わせた。

最後、引きこもりのお兄さんも人生の船出をできたかな、そうだといいな。

同じカーニー監督の作品としては、私は
「ONCE ダブリンの街角で」のほうが好みかな。

10 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月30日 00:49
    この監督の音楽映画3本だと私も『ONCE〜』に軍配を上げるかも…。
    どれも音楽は魅力的です。

    バンドの各メンバーの掘り下げが欲しかった気がします。
    映画のその後はどうなったんでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月30日 00:49
    「ONCE ダブリンの街角で」の監督の作品なんですね。
    そうねえ、バンドって、それなりに力がないと組めないからなあ。。なーんて、映画はおとぎ話を楽しまなくちゃですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月30日 07:09
    エイモン目がハート エイモン兎 エイモンギター
    すっ、すみません、もう、エイモン役の俳優さんにハマりまくってまして・・・あせあせ
    先日、2回目を観ようと、有楽町である映画館からハシゴしようとしたら、なんと満席!! もう、いや〜ん(涙)
    「君の夢は、僕の夢になった」っていうのが、ポスターにあったんですが、それは、ラフィーナの夢でもあり、兄の夢でもありましたね♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月30日 09:37
    > mixiユーザー あちらは大人っぽさがあったからかもしれないけれど、
    こっちは、おお、かわいい坊やたちって感じで。
    バンドのその後の前に、あの2人はイングランドにつけたのかしら。
    エンディングでちょっとロンドンでどうなったか、さらっと流してもいいのにね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月30日 09:42
    > mixiユーザー そう、おとぎ話ですね〜。
    でもひょっとして、いろんなバンドって、こうして出てきたたくさんの中で、
    実力とラッキーが合わさって、メジャーになっていくのかなって。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月30日 09:52
    > mixiユーザー わかる! エイモンくんのクールさ、いいですね!
    エイモン役のマーク・マッケンナも、これからが楽しみ。

    満席とは! そりゃ残念でしたね。
    私はネット予約しておいたのですが、やはり混みあっていました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する