mixiユーザー(id:10258677)

2016年07月07日08:40

321 view

「ブルックリン」故郷を離れるということ

アイルランド移民というと、19世紀半ばのジャガイモ飢饉で、
その飢餓を逃れようと新大陸に渡った移民が有名だ。
ケネディ一家の先祖もこの飢餓を逃れて海を渡った農民。

「ブルックリン」
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=3971792
http://www.foxmovies-jp.com/brooklyn-movie/

こちらは第二次大戦後の1952年。エイリシュ(シアーシャ・ローナン)は
不況で仕事もなく、意地悪な女性が経営する雑貨屋で働くしかない。

姉のローズは、米国ブルックリンに住む神父に手紙を書いて、
エイリシュを送り出し、自分は母親との2人暮しになる。

初めての船旅で不安そうなエイリシュ。アイリッシュカラーの
緑のコートが鮮やか。送り出す母と姉のくすんだ緑と対照的だ。
どんなに不安な旅立ちだったことだろうか。

ブルックリンには、アイルランド移民社会ができている。
アイリッシュの教会のクリスマス会のボランティアで、
もう故郷とも縁が切れただろう移民の老人たちの姿を見る。

船の中で会った女性、下宿先の厳しい婦人、移民の先輩女性たち、
デパートの上役、みな厳しいが根は親切なのが心を温かくする。

大学で簿記を習って資格を取り、ダンスに誘われて、
イタリア人のボーイフレンドもできた。このトニーの家庭が楽しい。
8歳の坊やの突っ込みが面白く、それをカバーする家族も温かい。

しかし、ローズの悲報が届いて、エイリシュは帰国。
一人になった母、親友から紹介された男性ジムは、
願ってもない結婚相手だと、周りの皆が認める。

でも、え?いいの? トニーのことは? 
アメリカに帰る気なら、ジムにそんなに気を持たせていいの?
迷う気持ちは分からないでもないけれど、どちらにも不誠実…。
迷うエイリシュを動かしたきっかけは、なんとも皮肉なこと 。

トニー兄弟の建設会社の夢は、いかにもアメリカン・ドリーム。
成功をつかんだり、失敗して教会の食事を当てにする人生もまた現実。

素朴で無口なエイリシュが、アメリカ社会になじみ、
そこで美しく洗練され、職能をつけていく様子が描かれる。
学び、力を得ていい暮らしをする。これもアメリカン・ドリーム。 
いつも穏やかなエイリシュの表情がいい。


移民船に乗るエイリシュほどではないけれど、
私も中学で家を離れた。あのころはまだ新幹線がなく、
夜行寝台列車。休暇の終わりには半ば泣きべそで乗った。

寮に戻れば友人と楽しく過ごしていたが、親と離れるのはつらい。
今思うと、毎学期、送り出す親もつらかったのだろうな。
そこで教育を受けることが、娘のためだと思っていたとしても。

そう言えば東京の人とデートをしながら、田舎の素封家の息子さんと、
お見合いをしたことがある。穏やかな良い方だった。
たぶん、彼と結婚をしたら親も安心しただろうと思う。

エイリシュは迷ったのだろうな…ほんとに迷うだろうな。そう思うと
トニーに不誠実であろうと、ジムと付き合ってしまう気持ちも分かる。
母親はアイルランドを離れるなんて考えもしないだろうし。

そして日本でも、田舎の老いた親と、離れて働く子供とその家族。  
夫婦でいる間はまだいいけれど、1人になった親をどうするか。
遠距離介護の問題は、日本の多くの家庭で起きていることだろう。
共同体のない都市のほうがもしかすると深刻なのかもしれないが。
エイリシュの人生って、高度成長期の日本の中でも起きていたのかも。

11 12

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月07日 08:48
    おっ、まずまずの評価で安心しましたexclamation & questionあせあせ
    そう、あの故郷のあの○○屋のおばさんのあの一言がなかったら・・・どうなっていたか。。。
    お母さんを安心させるためにも、故郷にいた方が良かったわけですしね。
    私は映画の8割ぐらいは、本当、泣いててしまったんですが、まあ、観客それぞれのバックグラウンドによるかもですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月07日 09:01
    バックグラウンド、そうですね、移民の国アメリカで評価が高いのは肯けます。たぶん、「うちの親もああして…」と涙したのでしょう。
    私は泣くまではいかなかったけれど、胸が熱くなったシーンはありました。近くの席の70代くらいのオジサンが、しきりにハンカチを使っていました。冷房は効いていたから苦労した人生が重なって泣けたのでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月07日 09:43
    1950年代初頭の物語だったのですか。

    自分がこの映画を知った時はてっきり『アンジェラの灰』を連想したのです。
    米国は移民の国で、おそらく誰もが自分たちの前の世代が海を渡って来たことに対して何がしかのロマンを感じていたはずで、それをくすぐるような歴史ヒューマンドラマと思っていたら、他のマイミクさんの感想を見るに、もっと現代的な「上京ストーリー」なんですね。
    この年代は、米国の「古き良き」時代と言われてましたから、ちょうど高度成長期の東京に重ねたtamaさんのご感想で得心しました。

    だけどやっぱり自分は『アンジェラの灰』みたいなのが好きなので、この映画はスルーすると思いますあせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月07日 09:57
    これは内容の濃そうな映画ですね。(あ、そうか、今自分に心の余裕ができたからそう思うのかもしれない。7月3日までのtamaさんの日記を、自分が上っ面だけ読んでいた、というだけのことかもしれません。)

    若いうちから親元を離れた経験を持つtamaさんには、より通じるところが大きかったでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月07日 10:49
    > mixiユーザー 
    「アンジェラの灰」のような、暗くて重いストーリーがお好きでしたら、お勧めしません! 
    同郷の移民として助け合う人々、故郷の人々と少しのズレ、これからのかすかな希望といったところでしょうか。穏やかな作品でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月07日 10:51
    > mixiユーザー 
    中身が濃いというものではなくて(だから★5ではない)、おっしゃるように私として通じるところが多かったというほうが正解かもしれません。穏やかなので安心して楽しく見られます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月07日 11:29
    雑貨店のオバサンの事よりも、トニーが詳細を知らないままなのが気になりますね。(ズルい?)
    田舎からの上京物語という視点では共感できる点はあります。
    若い人の成長物語でしょうから、老後云々のドラマはまた別でしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月07日 11:49
    > mixiユーザー 「若い人の成長物語」なんですけれど、一人ぼっちの母親を置いていくというところで、ズルいと言われようと迷うだろうなって共感できました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月07日 22:09
    確かに穏やかな物語でしたね。
    あの雑貨屋のオバサン以外、悪い人は一人も出て来ない。
    そこも含めて、私は少々物足りませんでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月07日 22:13
    > mixiユーザー なるほど、そういう物足りなさはあるかもしれませんね。
    雑貨屋のオバサンも、逆転劇を演じてくれますしね。
    私はいろいろな思いに重なったために、納得してみていたのでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年08月31日 21:06
    アイルランドの象徴色である「緑」が、段々と画面から少なくなっていくのですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年08月31日 21:07
    「縄をなう歌」は泣けました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年07月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31