mixiユーザー(id:10258677)

2016年07月04日14:22

364 view

先生のコンサート

コンサート続きの3日目、昨日は先生のコンサート。早めのお約束をしていたのに、
地下鉄がちょっと遅れたら、乗り換えの丸ノ内線の新宿行きが続いてハラハラ。
う〜、ギリギリまでゴソゴソしてキッチリ時間に出るのは良くない!

「歌の扉」 保刈明子 押尾美穂  リュート上田朝子
独唱・二重奏、リュート・テオルボ演奏。
16〜17世紀イギリスのジョン・ダウランドやイタリアのモンティベルディ、カッチーニなど。

おお、先生はアジサイの花のよう、もうお1人は濃紅の牡丹のよう。
リュートの方は黒にネクタイでスッキリ、ボーイッシュな装い。目の保養。

この時代の歌は、ラヴソングがほとんどで男性が女性のつれなさを嘆く歌が多くて…と
曲前の解説がとても面白い。なかには、女性の歌も少し。

最後の二重唱の「ポッペアの戴冠」は、皇帝ネロが、元皇帝の娘オクタヴィアと結婚して、
策略の末に皇帝になったのに、2人目の夫のいるポッパエアに不倫して、
互いに離婚して結婚するという、もうほんとに何してんだか…という史実に基づくオペラから。

歌のお2人は、声の質が違っていて、華やかと、澄んでしっとり。
先生が、丁寧に綺麗に歌われているのを聞いて、いろいろ反省。
楽しい2時間でした。

そうそう、リュートってなんで曲がっているんだろう?と思って、
調べてみたけれど、不思議に思う人も多くて、それぞれ考えているらしい。

でも、結果「分かりません」らしい。持ち運びに便利?という説もあったけれど、
通奏低音の楽器テオルボは、今日のは1m40センチくらいもあって真直ぐなのに…。
16 10

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月04日 15:52
    リュートは古楽器のイメージが強いのですが、曲は新しいんですね。

    自分も、あの直角に曲がったネックは本当に不思議でしょうがないのですが、それが逆にリュートらしくてカッコよく見えたりもしますがあせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月04日 16:02
    あ、16〜7世紀だと古楽の領域でしたかね?
    クラシックの有名どころはその後ですから。
    この分野は詳しくないので、失礼しました(^^;;
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月04日 17:55
    私もうかがいたかった!残念!素敵なお時間を過ごされて良かったですね指でOK
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月04日 23:27
    > mixiユーザー 不思議ですよね、リュートの曲がってるのって。
    カッコいいのは確かにそうですけれど。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月04日 23:28
    > mixiユーザー はい、とてもいい時間でした。またの機会にご一緒しましょ!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月05日 00:21
    あら、私もうかがいたかったわ。とか。

    tamaさん、ご来場&お手伝い、どうもありがとうございました。また、こうやって日記に書いてくださって恐縮です。

    リュートは、ああやって構えられるのがまず、謎です。
    あのようにひざの上に乗せようとしても、まずそれができないんです。くるんとすべって、ひざのうえに楕円形のテーブルを乗っけたようになってしまいます。
    それを、どうやるんだかしっかり支えて、さらに右手と左手をまったく違う動きをさせて弾くのですから、もうもう神業です。
    かといって、歌だったら簡単に歌えるかっていうとそうじゃないし。
    難しいですねえ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月05日 00:48
    > mixiユーザー こちらこそ楽しませていただきました。
    そうですか! バイオリンやチェロは弓で、右手と左手と使うのはギターもですけれど、
    ギターのほうが抱えやすいでしょうね。いちど膝の上にのせてみたいものです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月05日 01:21
    > mixiユーザー 
    以前ルネッサンス・リュートを持たせてもらったとき、あまりの軽さにびっくりしました。700だか800gだかって聞きました。あの大きさなのに、です。重さ的には、ケースの中に空気を入れて持ち歩いているようなものですって。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月05日 10:12
    あんなにふっくらしているから、とても薄い板で作っているのかしら。そのころから、平均して薄く削る技術があったってことですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月05日 11:29
    はい、とても薄い細長い板を貼りあわせて球体部分を作っています。技術、あったんですね。 板が薄いから、接着面の面積も狭くて、さらにすごいです。たぶん、ギターよりも弦の張力が弱くて、ボディーに負担がかからないということなのだと思います。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年07月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31