mixiユーザー(id:10258677)

2016年07月02日00:21

214 view

イタリア文化会館のコンサート

イタリア文化会館は、きれいな深い赤の壁面の建物。
地下のアニェッリ・ホールでは、いろんな催しが開かれる。

今夕は「Concerto Affetti Italiani」という、歌と、ピアノと、
フルート(フラウト・トラヴェルソ)の、3人の女性のコンサート。

8曲の演奏をするのだけれど、知っている作曲家はドニゼッティくらい。
現存の作曲家の作品や、世界初演なんていう曲が3つもある。

ソプラノのマリア・エレナ・ロマナッツィMaria Elena Romanazziの声は、
どちらかと言えば、硬質な感じ。

それで、面白かったのは一番最後のロヴェルタ・ヴァッカの"Nov EnoV"という、
俳句を歌詞にしてあるらしい作品。
かろうじて「しみいる蝉の声」と聴けたけれど、後は聞き取れず。

フルートは息のよう、ピアノは弦を弾いたり、チェーンで響かせたり、
そして、声が歌うというよりも、まるで楽器のような使い方。
やっぱり現代音楽って面白い。

曲は全然違うけれど、彼女の歌がユーチューブにあった。
https://www.youtube.com/watch?v=ZJPfkoYrJ38

1,2,3と続けてコンサート! 明日も明後日も楽しみ。





11 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月02日 01:07
    うわあ!私にとっては厳しい日記です。

     ▲ぅ織螢⊃佑硫里ζ本語が、日本語に聞き取れなかったってことでしょう?
    うう、自分も逆をやってるんだろうからなあ。

    ◆△修靴篤輿街澆辰栃┐い討たような最後の1行。
    はい、力を尽くします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月02日 18:05
    > mixiユーザー 
     .瓮蹈妊に乗せて歌うのではなく、楽器のような使い方だったので、聞きにくかったと思われます。シ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ、シ、シ、シシッシ〜ズ、ケ、サ〜ヤッといった具合でしたから。
    お誘いしようと思ったイタリアの方は帰国中でしたがまん顔

    音楽つながりでございます〜るんるん

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年07月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31