mixiユーザー(id:10258677)

日記一覧

1日で3本。「アーニャはきっと来る」と、「ザ・プロム」の間に、ピッタリ嵌ったし(間でパンを齧った)、何となく題が気になっていて、予告編や評を見ても、何だかサッパリつかめなくて、観ようかな〜と。「ホモ・サピエンスの涙」http://mixi.jp/view_item.p

続きを読む

最近は試写会もコロナ禍で減って、ネット試写会が増えている。それで、これも家で観たのだけれど、フワフワしていて…。これは私の集中力の無さかと数少ない会場試写に行くことにした。行って、映像美と音楽は堪能できた。ただ、交わされる言葉は脈絡が無く、

続きを読む

『戦火の馬』のマイケル・モーパーゴの作品の映画化。フィクションだが、山越えを助けた人々がいたことは事実。「アーニャは、きっと来る」http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=5054476https://cinerack.jp/anya/行列に並ばされ、列車でどこ

続きを読む

ネトフリで放映だが、短く映画館上映もと聞いて急いで観に行きました。映画館は、72席中25人位だったかな。「ザ・プロム」https://www.netflix.com/jp/title/81079914インディアナの田舎町に住むエマ(ジョー・エレン・ペルマン)は、レズビアンを告白して両

続きを読む

18世紀末の孤島の邸宅で、女性画家とモデルの令嬢の繰り広げる、とても繊細で美しい作品・セリーヌ・シアマ監督の女性ならではの視線。「燃ゆる女の肖像」http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=5057684https://gaga.ne.jp/portrait/少女たち

続きを読む

2014年4月、韓国で船が沈み、高校生250人が亡くなった事故、これは船長が真っ先に逃げ出し、救助の不手際もあった酷い事故だった。「君の誕生日」http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=5054471http://klockworx-asia.com/birthday/セウォル号

続きを読む

と〜っても面白かった。ロマンティック・コメディで歴史絡み、もう好みにピッタリで、大満足。久しぶりに★5を付けちゃった。歴史好きな連れ合いも楽しんでいた。「シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!」http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=1025867

続きを読む

私の「つぶやき」がもとで、「新型コロナは、インフルエンザに過ぎない」といった発言をされた方がいます。その方が何を信じようとご自由です。しかし、デマ(と私が思うこと)の拡散に、多少なりとも私のmixi頁を使われることは、私の本意ではありません。山

続きを読む

手塚治虫の愛と狂気を描いた漫画が原作で、令息の手塚眞監督のもと、稲垣吾郎と二階堂ふみが主演と聞いて好奇心が疼いた。当たり前だが、漫画と違って実写だから、すご〜くリアル。漫画では、何となく可笑しく笑えるような部分は削がれ、映像ならではの幻想的

続きを読む

今の香港の状況を考えると、一国二制度の矛盾や実情など、その一部でも理解できるかと期待して観に行った。香港のIDを持つが、大陸住まいと言う中国人がいるらしい。そういった場合、親は子供を香港の学校に通わせるのだそうだ。「THE CROSSING 〜香港と大陸

続きを読む

調理器具、何点ある?
2020年11月19日20:48

今日、西池袋の明日館のJMショップへ。予約しておいた食事研究グループの「学園クッキー」を買いに行く。知る人ぞ知る手作りで美味しくて安全なクッキーが缶にぎっしり。おやつ用のクッキーもあったので、それもついでに求める。https://jiyu.jp/shinonome/sy

続きを読む

タイの洞窟に閉じ込められた少年達のニュースは、日本の新聞やテレビでも放映され、多くの人が目にしていると思う。「THE CAVE サッカー少年救出までの18日間」http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=5048059http://www.cave18.jp/2018年、タ

続きを読む

ベトナム戦争のニュースは、しっかりと記憶にある。ナパーム弾の攻撃を受けて、裸で泣きながら村人と逃げる少女の写真(ニック・ウト撮影)は忘れられない。アメリカ人の友人は「アメフトの膝の怪我で、兵役を免れた」と、心底ホッとしていた。彼にとってはリ

続きを読む

「スキャンダル」と2本立てだったので観たのだが、俄然こちら!歌のレッスンに励んだというレネー・ゼルウィガーが素晴らしい。あまり似てない…と思ったが、晩年の彼女の写真を見るとまずまず。それよりも、不安、絶望、喜び…さまざまな感情が揺れ動く表情

続きを読む

マイミクさんの日記を拝読して、軽くて楽しい映画が見たい!と選択。期待通り。いつもありがとうございます。「オン・ザ・ロック」http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=5029377http://ontherocks-movie.com/作家のローラ(ラシダ・ジョーン

続きを読む

ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞受賞に期待し過ぎたかな?「スパイの妻」http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=10258677&id=5035421https://wos.bitters.co.jp1940年、神戸で貿易会社を営む優作(高橋一生)と妻の聡子(蒼井優)は、女中の駒子(恒松祐里)

続きを読む

ここまでは、過去3ヶ月以内に投稿された日記です。

これより過去に投稿された日記を閲覧するには、画面左の「過去の日記」内にある年月をクリックすると該当月に投稿された日記を閲覧することができます。