ホーム > mixiユーザー(id:1023125) > mixiユーザーの日記一覧 > 左翼が語るウソのファシズム因果

mixiユーザー(id:1023125)

2019年12月10日00:02

18 view

左翼が語るウソのファシズム因果

戦前日本「ファシズムへの転落」が、
現代の私たちに教えてくれること
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191208-00068898-gendaibiz-soci&p=1

長いが(と言っても大した事ないが)、
相応に史実に沿ってバランスよく論評している、そのところは
良いが(恐らくは筆者のスタンスか)総論へと向かう辺りから
「確信犯的な誤読」により「恣意的なロジック」を駆使した末、
「保守/右派批判」に帰着、結果的には「史実の捏造」になって
しまっている。
これは、
多くのエセ左翼/エセリベラルが行う「常とう手段=お家芸」で、
その事が戦後日本の政財界、あらゆる面に悪影響を与え続け、
今日の安倍政権の骨格である「戦後レジュームからの脱却」に
つながる因果である。
----------------------------------------------------

<意図して因果律をスルー>

総括部をみよう

>こうした動きを整理すれば以下のようになる

>1、まず一部右派的運動が、マス・メディアを通して、
>  「大正デモクラシー」を代表する人びとを攻撃。
>  共鳴した国会議員が運動家の攻撃に同調、支援。
>2、議員権威で運動家はプロパガンダと大衆運動をすすめる。
>  「デモクラシー」や自由を浸食していく構造
>※、これらの原動力は
>  「赤化」から日本を救う正義感・使命感。彼らの意識は、
>  「私」が「私たち日本人」へと拡大していく傾向がある。

そうして「他民族尊重」へとつないでいる。

一見すると正しい様な総論だ。取り上げられているエピソード
に間違いはない。しかし「そもそも論」がまったく間違えており
結果=教訓が間違っている。

筆者の因果律
因)一部右派的運動による攻撃
果)「デモクラシー」や自由を浸食していく

正しい因果律
因)ロシア革命に起因する日本国内の社会運動
  一部右派的運動による攻撃
果)「デモクラシー」や自由を浸食していく

筆者は
「赤化」を「これらの原動力」と述べている。
これは筆者の「アリバイ作り」だ。「ワタシは日本の赤化にも
ちゃんと触れている」と・・・。
しかし、
総論において「まず」として「一部右派的運動」が出発点かの
様な書き方をして、因果の因を「一部右派的運動」としている
のは自明である、だって、だからこそ「まず」と書くのだから。
事実としての
「まず」は「日本国内の社会主義運動」だろ?一部右派的運動は
ロシア革命に起因する日本国内の赤化に呼応して激化したのだろ?
そういう因果であれば、因は「日本国内の社会主義運動」だろ?どうして
それを外す?
どうして因果の因を「原動力になった」と「別エピソード」にする?

★「日本の元凶すべては、左翼思想だった史実」を認めたくないのだ★

勿論、
行き過ぎた右派保守はよろしくないが、しかし、
Q、何故、当時の大衆は、そんな右派保守運動を支持したのか?
A、デモクラシー運動が行き過ぎ、大衆からも嫌悪されていたから
だ。
大衆もバカではない(ほとんどはバカだが)。現状に対しマイルドな
社会運動/自由主義主張であれば反対せず、過激な一部右派的運動も
起こらず、仮に起こっても、ソチラも大衆が嫌悪するハズだ。
(現在、在特会の「朝鮮人ぶっ殺せ!」に賛同する大衆など無いだろ?)

大衆の多くが支持した赤化攻撃、その因果律を思えば、その事だけで、
当時の赤化運動が相当に問題であったと推論する事は容易である。
----------------------------------------------------

<すべての混乱は左翼思想>

戦前の赤化(大正デモクラシー、ロシア革命による日本共産化)
戦中の赤化(左翼近衛内閣による大政翼賛、ファシズム化)
戦後の赤化(学生運動、過激派テロ爆破事件)

明治維新まで、
つまり、世界左翼革命勃発まで、日本=日本国内はまとまっており、
平和が続いていた(まあ、藩同士の対立はあるが)。
日本国内に左翼思想が入ってから、すべての問題の因として、常に
左翼思想と運動家が元凶になってきた、ソレを防ぐ形で右派保守が
対峙し、左翼の激化を封じる因果で右派保守の運動も激化、それが
暴走した、その事実は間違いない。だから、

★右派保守の激化による排外主義を封じたいなら★
★右派保守激化の因である左翼の激化/暴走を止める★

これが日本の平穏の解であり、左翼が絶対に言わない現実である。
現在も同じだ。
・沖縄基地での常軌を逸した反米運動
・北海道でのアイヌ問題に連携する、朝鮮/支那
こういう「左派の暴走」によって、日本人の、何ら思想もない、
普通の人までもネットで事実を知り、左派や特アへの嫌悪が固定化
している。

「他民族を尊重しろ!」と運動している、ソレが排外主義を生んで
いるのだ。
正しい左派/リベラルは、この深刻さを真剣に考えてほしいものだ。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年12月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031