ホーム > mixiユーザー(id:10197668) > mixiユーザーの日記一覧 > 珍百景に出てたのを見たな

mixiユーザー(id:10197668)

2019年12月11日18:00

21 view

珍百景に出てたのを見たな

コスプレはどうでもいい
腕が良ければ通う
歯医者ってなぜ美容院と同じくらいの数あるのに
下手くそばかりなんだ??


故郷の茨城県ひたちなか市に耳鼻科クリニックを開院し、先月で5周年を迎えた。白衣を脱ぎ捨て、日々「コスプレ」姿で診察している。診療を通じて患者から笑顔を引き出すことが毎日の楽しみだ。

 乾智一さん(40)。所有する衣装は約30種類。人気ゲームキャラクターの「マリオ」やディズニーの「アラジン」、「コンビニ店員」……。ほぼ2週間ごとにコスプレ衣装を替え、患者を迎える。

 きっかけは2015年の冬。クリスマスにサンタ姿で診察したところ、思いのほか患者から反響があった。「じゃあもっとやってみよう」と、翌年の節分に「赤鬼」、5月には「金太郎」の衣装を着用した。

 患者からは引き続き「楽しい」「明るくていいですね」。その声に押され、ネット通販で衣装を買い、劇団四季のミュージカル「ライオンキング」の衣装を手作り。次第に、普段からコスプレ姿で診察するスタイルが定着していった。

 病気になると、どうしても人は「つらい」「嫌だ」と暗くなってしまう。医師や病院にも負のイメージを持たれがちだ。その象徴が「白衣」なのかもしれない。「患者との距離を縮め、病院を笑顔が生まれる場所に変えたい」。一つの答えが、白衣を脱ぐことだった。

 病院のモットーは「楽しさ」「感謝」。治療が終わり回復した患者には、コスプレ姿で「おめでとう」と声をかけ、笑顔と拍手で送り出す。(佐野楓)



■衣装は30種、2週間ごとチェンジ コスプレ医師が話題
(朝日新聞デジタル - 12月11日 07:40)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5897307
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する