ホーム > mixiユーザー(id:10160825) > mixiユーザーの日記一覧 > カルトに走るママ

mixiユーザー(id:10160825)

2017年04月30日00:49

123 view

カルトに走るママ

アメリカでもはしかのワクチンをせずにいる人がいたおかげで、ここ数年たまに大流行することがありました。
有名なのはディズニーランドで始まった流行でした。
旅行者も沢山いらっしゃるので、流行はカリフォルニア州外にも広がりました。
これに危機感を持った州は、すぐ法律を作り親の信条ではしかワクチンを拒否できない、という風になりました。このはしか流行の前に、アメリカ人タレントが自らの子供の自閉症ははしかワクチンが原因だ、とブログで広めてテレビでも毎回のように自閉症とはしかワクチンの関係があるかのように触れ回ったのが少し影響したのかもしれません。

勿論彼女は医師でもないし、国の疫病センターもはしかワクチンは安全、と書いていてもこれです。

そうして、こういう変な運動が日本にも飛び火しました。
一番良い例が子宮頸がんワクチンです。そして今ははしかも流行しています。
共通するのは、子供の健康・医療の最前線にいるのはママ、女性だということです。
女性だから生まれつき頭が悪い、と言っているのではありません。ただ、ママを囲んでいる人はママばかり、女性ばかりなんです。専業主婦だったら毎日しゃべる男性は夫しかいないでしょう。
だからかどうか知らないけど、テレビの洗脳に侵されやすい。というか、侵されやすい傾向があるように見受けられます。

そして日本の報道は一方的すぎ、だけど一方的過ぎだな、という事にも気がつかない。
なぜだろう?とも思わない。
有名な俳優のマイケル・ダグラスは今もお元気でいらっしゃいますが、ガンに侵された時始めは舌癌と言っていました。復帰後、実は咽頭ガンでHPVウィルスでやられたと正直にカミングアウトされ、ニュースになりました。だからニュース聞いてる人だったら、男性でもHPVにやられると知られるようになりました。だけど多分このニュースは日本で報道されていないと思います。フィルターがかかっているんです。


テレビで毎日のように、ワクチンは悪だという一方的報道をされたら、家で一人で子育てしていて、周りも同じようなママ友ばかりだったら信じてしまうんです。
そしてそれがワクチンだけだったらいいのですが、次から次へとカルト化していきます。
大抵次は食べ物です。マクロビや、玄米食を始めます。子供には食べさせないとか、厳しいルールを自分で作り上げます。砂糖を使わない、とかもそうです。代用品で手間をかけて料理したりします。


その次はマッサージや整体師、などです。
カルト先生を見つけて、通い始めます。場所がどこであっても関係ありません。


そして、周りは意見もできなくなっていきます。そしてカルトへの偏愛がさらに深まります。









村中璃子(医師)不安がママをカルトに走らせる
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/6614


明治大学 ワクチンについて語っている
http://www.sciencecomlabo.jp/safety/vaccine.html


■はしか患者、3カ月余で100人超 昨年を上回るペース
(朝日新聞デジタル - 04月22日 17:53)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=4540483
2 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年04月30日 10:14
    ワクチン拒否、お産のときの医療拒否、新生児へのK2シロップ拒否、
    病気になってもレメディで治る、はしかははしかパーティーやってうつしてもらうほうが免疫がつく、
    不特定多数とセックスしなければ子宮頸がんにならない、
    ピルを飲むと性病にかかりやすくなり将来不妊症になる。
    生理痛で鎮痛剤を飲むと将来、痛み止めのきかない体質になって苦労する。

    …もういやというほど患者さんに聞かされています。
    そういうこと医者に言うくらいなら病院来るな!と言いたい。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年04月30日 21:52
     日本では、三種混合ワクチンのうち百日咳用のものが不活性化タイプだったので、ワクチン脳症事件が1970年代に起こり、「ワクチン危険」思想が『リベラル系』や『自然食信仰派』を中心に拡大しました。
    三種混合については、世界的に見ても早い時期(1981年)からDTaPワクチンに変更され安全性は高いものになりました。しかし、根拠なき不安感が蔓延したままで、根強いワクチン不信が残っています。

     小児科医として人気があり、子育て関連で有名な毛利子来(もうりたねき)氏が、ワクチンに懐疑的な論評を行ったことも手伝って、子育てに熱心な『賢いお母さん』がワクチン危険を信じるようになりました。
     →毛利氏の主張そのものは、頑迷なワクチン否定ではないのですが、問題があるのに変わりはありません。
      ワクチン否定派が利用するのを承知で、否定派の集会で講演しているので、かなり罪が深いです。
     →毛利氏は老いて阿呆になったのか、ホメオパシーとの連中との親交を深めているようで、駄目でございます。

     参考:否定派のブログ
        http://ameblo.jp/murdervaccine/entry-10789956828.html

     関連:「予防接種へ行く前に」を読む前に
        https://togetter.com/li/306874

     ワクチン否定派は、9条教信者、反原発、エコロジスト、自然食〜ベジー、スピリチュアリスト、リベラリストなどと重なって分布しています。

     非論理思考でありながら「理屈をこねる」困った人たちばかりだと言って過言じゃ無いでしょう。いずれにしろ、リスクを数値的に判断できない人たちです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月01日 00:50
    カルトも不安を根本的に解決・解消してくれる訳ではないので、
    いずれ、そのカルトにも不安を覚えるようになって、また別のカルトに走る
    以後その繰り返し・・・・で人生を終えそうですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月01日 00:54
    > mixiユーザー こちらでも携帯で脳腫瘍ができる、飛行機に沢山乗ると脳腫瘍になる、内装に使われている塗料が幼児の発育に悪い、Wifiの電波で病気にぬる。。。キリがありません。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月01日 01:03
    > mixiユーザー 私の知り合いにもいるんです。不妊だったころ(後にめでたく赤ちゃんが生まれました)、エホバに洗脳されました。赤ちゃんが生まれたら、次は玄米、その次は完全にお米抜き、とエスカレートしました。周りの普通の人間は付き合いきれなくなり去っていきました。他にも極端なマクロビや、料理教室(これがかなり高額で、お布施の領域)、家具まで全部入れ替え。ここまでくると、カルト病としか思えません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月01日 01:13
    > mixiユーザー そうなんです。始める、やめる、次を探すの繰り返し。夫は何も言えず、またか、と思っているんでしょうね。かわいそうです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する