ホーム > mixiユーザー(id:10159995) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:10159995)

日記一覧

バービー人形とトランプ
2017年01月31日06:31

まるで無関係にみえるだろうが、ではそのなぞ解きを…。25歳の頃、私は某広告代理店のクリエーターとして米国マテル社のバービー人形のプランニングを担当していた。当時(1968年ごろ)のバービー人形は、八頭身でスリムで小顔、そして、コスチュームは豪華で

続きを読む

よそ見しないでネ。
2017年01月30日06:39

バードストライクといえば、旅客機のジェットエンジンに鳥が吸い込まれて、大きな事故につながることだと思っていたが、こちらは、風力発電の羽根に、鳥が衝突する事故。温室効果ガスの発生がない、環境にやさしい発電方式ではあるが、鳥が犠牲になり環境にや

続きを読む

Make America Great Again
2017年01月29日07:01

耳にタコができるほど聞いた米国大統領の演説の一節。“偉大なアメリカを取りもどす”というのだが、偉大とはそもそも何を指しているのだろうか。私は米国の偉大さは、多様性と寛容性によって創られてきた極めてイメージ的なことだと思っている。Greatとは、

続きを読む

“ところでその囲いをこしらえる費用は誰が持つんだい”“当たり前だろう、墨西哥だよ”“べらぼうめえ、囲いを勝手につくったのは亜米利加だろう”“なんだい、払う気がないのかい、だったら俺の家の前を通るときには、木戸賃をいただこうじゃねえか”と、ま

続きを読む

東芝の栄光は?
2017年01月27日07:36

明日をつくる技術の東芝が、7000億円もの損失をかかえ、最大の危機を迎えている。後に経団連会長になった土光敏夫が、1965年に経営危機に陥った東芝を再建。その後、日本の右肩上がりの経済成長に支えられ、重電から家電まで、日本最大級の重・家電メーカーと

続きを読む

隣の梅は…。
2017年01月26日06:33

こちらは、お隣の梅で満開。       こちらは、我が家の梅で……。 お隣の梅は、早いときには12月中旬には咲き出す。このまちでいちばん早く咲く。我が家の方は、おおかたの梅が咲き終わるころにようやく花が開く、このまちで超遅咲きだ。超早咲き

続きを読む

かたいリンゴ
2017年01月25日06:31

青森のリンゴはかたい。そういう不満の声があるそうだ。リンゴ生産者は、リンゴは新鮮なほどかたいのだと、PRにつとめている。はて、さて、最近は全体にやわらか傾向の食べ物が多く、こどもの顎の成長に影響が出ているなんて情報も耳にしたけれど、リンゴが

続きを読む

フェイクニュース
2017年01月24日06:18

トランプ大統領から発せられた、フェイクニュース発言。俺は新聞やテレビの報道を信じない、という一方的な宣言であり、それを米国社会の多くが国民が受け入れている。日本でも、この前の参議院選挙を前に、安倍内閣が報道機関に公平な対応をと釘を刺したこと

続きを読む

口先から指先へ。
2017年01月23日06:48

口先三寸、口先政治、口先外交、口先介入といえば、いずれも、口ではうまいこと言うが、その場限りで中身が伴わないことを皮肉る常套句。トランプ新大統領の誕生で、これからの主流は口先から指先になりそうだ。トランプ大統領は、140文字のツイッターを駆使

続きを読む

間違ってはいない。
2017年01月22日07:55

静岡県の川勝知事の発言が物議を醸している。その発言とは、地元大学生達との対談で、「今の県議会は職業政治屋がやっている」「権力欲と金銭欲しかないような、いわゆる見るからに、表情が腐っている人たち」腐っていると指摘された議員達は黙っていられなく

続きを読む

結ぶ、結ばない?
2017年01月21日07:01

今年はどんな年になるのかと、地元の神社に初詣した時に引いたおみくじは大吉。1月も半ばになったので、この20日間ほどの運勢はいかにと、ちょっと気が早いけれどおみくじの占いを詳しく見てみると…。(※他人に見せるなと言われているので写真はなし)全体的

続きを読む

新種の蛾ですか。
2017年01月20日06:38

米国では新しい昆虫や生物などが見つかると、大統領の名前を、付けることがあるそうで…。カリフォルニア州で発見された、新種の蛾はドナルドトランピと名づけられた。理由は、頭部がトランプ氏の髪型にそっくりだったからだって。でも、理由はそれだけだろう

続きを読む

謝罪と辞任
2017年01月19日07:33

将棋の三浦九段の将棋ソフト不正疑惑は、第三者委員会の調査によって、不正の証拠なしと判断された。この結果を受けて、最初に三浦九段の疑惑を指摘した、渡辺竜王が謝罪をした。さらに、三浦九段本人からの聞き取りだけで、出場停止処分を下した、日本将棋連

続きを読む

不支持51%
2017年01月18日06:22

前任者のオバマ氏が83%その前のブッシュ氏が61%その前のクリントン氏が68%新任大統領の支持率は、ご祝儀で高くなるものなのだが、トランプ氏の場合は、なんと不支持が51%でで支持を上回っている。こんなことは、異例中の異例なのだそうだ。大統領選の

続きを読む

同床異夢で終わるか?
2017年01月17日06:17

いつあっても不思議ではない、衆議院選に備え、野党共闘の動きが活発だ。といっても、主導しているのは共産党だけれど。15日から開かれている共産党の党大会では、民進党、社民党、自由党などが野党共闘の呼びかけに応じるかたちで、安倍内閣打倒に気勢をあげ

続きを読む

年賀状のこと
2017年01月16日08:10

毎年、年賀状を印刷していた人が、今年、プリンターが故障したため手書きにしたところ、とても新鮮な気分になった、という投書が毎日新聞の読者蘭に掲載されていた。私は、ずっと筆ペンの手書き派だ。しかも、12年間かかって彫った、干支の文字の版画(下手く

続きを読む

もう無理かも
2017年01月15日06:47

もし、昨年末の引っ越しを予定通りに行っていたら、どうなっていただろうか。卸売り業者の殆どが、背筋が凍るような思いをしたのではないか。豊洲市場からいままでで最も濃度の高いベンゼンが検出されたことで、豊洲移転は白紙に戻るのではないか。過去の調査

続きを読む

二本の記事
2017年01月14日06:15

昨日の新聞に、次のような見出しの再生可能エネルギーに関する対照的な二本の記事が掲載されていた。「オランダ鉄道、風力発電で全電車ゴー」「太陽光発電関連事業者の倒産が2016年は最多の65件発生」風車の国オランダでは、風力発電に力を入れており、今年の

続きを読む

ババ引いたのはだれだ?
2017年01月13日07:23

その昔、安倍首相の大叔父にあたる、佐藤栄作首相が首相辞任の記者会見で、「新聞社はででいけ、テレビだけ残れ」と新聞社を閉め出し、大顰蹙をかったことがあったけれど…。昨日のトランプ次期大統領の記者会見を米国民はどう受け止めたのだろうか?間もなく

続きを読む

昭和から平成そして…
2017年01月12日07:35

政府は、2019年元日から元号を改める準備に入った。天皇の生前退位がいよいよ現実味を帯びてきた。ところで肝心の生前退位後についてはどうなるのか?天皇はご発言で、高齢により、公務を思うとおりにできなくなったこと、昭和天皇崩御によって、社会が混

続きを読む

そして誰もいなくなった
2017年01月11日06:28

新しい年を迎えたというのに、内外のマスコミは、トランプ情報であふれ、昨年の米国大統領選の結果を引きずったままだ。ツイッターでのトランプ氏のつぶやきに一喜一憂し、その発言を忖度するばかりで、なんとも喧しい。大統領になってから騒げばいいと思うの

続きを読む

私の成人の日
2017年01月10日06:29

二階にある自分の部屋で目が覚めて、雨戸を開けたら、いつもは人通りの少ない家の前の道を、私と同年代の若者がグループをつくってどこかに向かって歩いて行く。階下に降りて、母親に「なんだか、おおぜい人歩いているけれど」と声をかけると「今日は成人の日

続きを読む

カネとモノとヒトが、国境を超えて流通する自由経済。グローバリゼーションとは、端的にいえばこういうことだろう。日本のような輸出依存国にとって、恩恵は大きかったはずだ。自由経済をさらに推し進めるための切り札、それが例外なき関税を撤廃するTPPで

続きを読む

沖縄は、今
2017年01月08日06:32

普天間基地建設の承認取り消しが、最高裁で違法であると判断されてから、沖縄の情報が東京には、なかなか届かない。沖縄の地方紙では、相当な決意を持って工事阻止に臨む翁長知事を支持する論調がみられ、本土との温度差が大きい。これからも工事が、再三にわ

続きを読む

波乱の酉年
2017年01月07日06:17

干支というのは、12年で一回りするが、自分の干支以外に興味がないので、それぞれにどんな意味があるのかなんて考えてもいなかった。ところで、今年の干支は波乱ぶくみになるという予測がたっている。なぜかなと、ネットを調べて見たら、今年の干支の酉は、丁

続きを読む

准高齢者
2017年01月06日06:39

高齢者とは?いうまでもなく65歳以上の年齢者のこと。後期高齢者(死語?)とは、75歳以上となっているが…。こうした基準が見直されそうだ。提言をしたのは「日本老年学会」で昨今の高齢者の元気ぶりを考慮して高齢者の定義を、いまの65歳から75歳に引きあげ

続きを読む

混沌の時代
2017年01月05日06:26

今年がどんな年になるか、マスコミの論調の下敷きとなっているのは、やはり、米国のトランプ次期大統領の動きだ。国際的な経済学者の意見では、経済も国際紛争も先が見通せない、変質が容易な液状社会になるなど、混沌の時代が来るだろうという予測が多い。ト

続きを読む

正月ツリー
2017年01月04日06:33

私の住むまちにある、大学通りには、毎年、12月に入ると、高さ20メートルの銀杏の木10本にイルミネーションが飾り付けられる。他所とくらべると、派手さはないけれど、とてもクールで私は気に入っている。このツリーは、正月になっても角松が外されるこ

続きを読む

免疫療法
2017年01月03日06:30

札幌に住む50年来の友人から届いた年賀状に、「大腸癌と闘ってきましたが、がん細胞はほぼ消えました」とうれしい知らせが書かれていた。一昨年の夏に、札幌に行き彼と旨いビールと海の幸を堪能。ところが、昨年の2月に、ステージ4の大腸癌だという電話があ

続きを読む

満足度
2017年01月02日05:10

紅白歌合戦について考える。テレビで、流行歌手の歌を聴くことが、国民共通の楽しみだった時代にくらべバラエティとドラマ中心で、歌番組などはほとんど申し訳程度の現代、大晦日の総決算が、歌番組ではないことは、はっきりしている。男女に分かれて歌合戦と

続きを読む