mixiユーザー(id:10127183)

2019年06月21日22:48

139 view

マチ★アソビvol.22 3日目

マチ★アソビvol.22最終日スタート。

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト




まずは、徳島の春の風物詩・橋の下美術館へ。

フォト

フォト

フォト





昨年は乗れなかったので久しぶりだったけど、
やっぱりアニソンをBGMに巨大なアニメタペストリーを見上げながら
水都・徳島を疾走するのは気持ちいい。
そして、巨大過ぎるタペストリー撮影は相変わらず無理ゲー、、、


↓SSSS.GRIDMAN
フォト

フォト










フォト

フォト

フォト

フォト













↓プリズマ☆ファンタズム
フォト

フォト

フォト

フォト








フォト

フォト

フォト
















↓Fate/stay night [Heaven’s Feel]」.lost butterfly
フォト

フォト

フォト

フォト







フォト

フォト

















↓詩季織々
フォト

フォト

フォト






フォト

フォト














↓喰霊-零-
フォト

フォト

フォト

フォト







フォト

フォト

フォト

フォト















↓甲鉄城のカバネリ 〜海門決戦〜
フォト

フォト

フォト


















↓ナカノヒトゲノム【実況中】
フォト

フォト

フォト

フォト






フォト















↓鬼滅の刃
フォト

フォト

フォト

フォト





フォト

フォト

フォト

フォト
















↓Fate/Grand Order
フォト

フォト

フォト

フォト





フォト




↓GIGAZINE様によるレポ記事
https://gigazine.net/news/20190504-underbridge-museum-machiasobi22/


























その後は阿波おどり会館へ。
フォト




5階のギャラリーに過去の徳島新聞マチ★アソビ号外とおへんろ。連載、
阿波おどりポスター、ロープウェイガイダンス特典ポスターが全て展示されていました。

今回のマチ★アソビはこういう形での開催になったからこそ、
きちんとこれまでの歴史を黒歴史にしたりせず大切に扱ってくれて嬉しいです。

フォト


フォト

フォト

フォト


フォト

フォト


フォト

フォト

フォト


フォト


フォト

フォト


フォト





↓おへんろ。自販機も健在。
フォト



ロープウェイには乗らなかったのですが
今回のガイダンスは少年ジャンプ連載の「鬼滅の刃」だけあって、
小学生くらいの男の子が喜んでくれているのを見て嬉しかったです。

フォト
























その後は、クリエイターズインパックブース前でトークを聴いて過ごしていましたが、
11時からのDJイベント「アニソンクラブ×NEXT!!」に
ギルドロップスが緊急出演するという情報が出た為、東公園へ移動。

朝の東公園ステージとアニクラは親和性が高く、想像以上に高まりました。




そしてサプライズゲストのギルドロップスは「君色、オトメゴコロ」を生披露。
正直、衣装も振り付けも凄くかわいくて、
結成から1年経って「アイドルとしても」しっかりしてきたんだな、と。
声優兼アニメ製作兼カフェ店員兼DJ兼アイドル。
こんなにマルチに活躍する声優さんはゆりぱんだけでは。

フォト

フォト




そして、そのテンションのままBSフジブースのギルドロップス物販会で、
ゆりぱんとツーショットチェキ撮影(3日目)。
今回は今までで一番ゆりぱんといろいろ話せた「ゆりぱん回」でもありました。
フォト

フォト
























また、東公園ステージからBSフジブースへ移動中、
マウスブースで水間友美さんの突発サイン会に遭遇し、滑り込みで参加できました。

フォト



















12時からは東公園で恒例となりつつある「あるあるCityがYATTEKURU」に参加。
福岡吉本の芸人さんが毎回声優さんとトークやゲームをして、
ゲスト声優さんの事を掘り下げて知る事のできる結構お気に入りなイベントです。

今回のゲストは五十嵐裕美さんと水間友美さん。
皆勤のゆきんこさんと初参加のぽこさんがどんなトークをするのか見たかったけど、
所属声優のステージ中にブースで他の声優さんの突発サイン会を行うのは
マウスブースの常套手段(苦笑)なので、
5分おきくらいにマウスブースに偵察に行きながら観覧するという無茶苦茶な事をしました。(汗)

フォト






















13時からは西公園で藍井エイルさんのトークショー。
エイルさんと言えば、5年程前にはマチ★アソビによく来ていて、
プライベートでアソビに来ていたところを高橋祐馬さんに連行されて
閉会式でアポ無しで2曲歌ってくれたりもしたような方↓。
フォト



そのエイルさんが武道館まで辿り着き、引退・復帰を経て、
5年ぶりにマチ★アソビに帰って来るという事で、
どんな事を話すのか非常に気になっていたので、
登場後真っ先に「徳島凄く好きなので来たかった。」と言ってくれたのは嬉しかったです!



しかし、、、

次の瞬間、↓のツイートを見つけてしまったために、
西公園ステージを後にしてマウスブースへ急行する事に、、、
フォト
























マウスブース到着時には既に長蛇の列で、
大野さんは14時からの閉会式に出るから長い時間は取れない為
ダメ元で並んでいましたが奇跡的に順番がまわってきました。
サインは、いつかはこれに書いてほしいと思っていた雑誌「ボイスチャンネル」の
グラビア&インタビューページに書いていただきました。
フォト




マチ★アソビは当時まだ養成所生だった大野さんに
初めて出会う事ができた大切な場所で、
それ以降、沢山の思い出を徳島で重ねてきました。

今回も3日間、いろんなイベントでいろんな大野さんが見れました。
その締めくくりに、きちんとお話できる機会に巡りあえてよかったです。
























今回の閉会式はいつもの東公園ステージではなく、東新町アーケードで
コスプレレッドカーペットの後に行われました。

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト





閉会式の司会はアニプレックスの高橋祐馬さんとスタジオマウスの納谷僚介さん。
そしてゲストとして江原裕理さん、永恵由彩さん、高野麻里佳さん、
大野柚布子さん、中村繪里子さんが登壇されました。



大野さん「こんなに近い距離で皆さんとお会いできるイベントは他になくて、
皆さんの応援してくださる気持ちが凄く伝わってくるんです。」

えりこさん「私がとくしまアニメ大使を名乗る事ができるのはマチ★アソビがあるからです。
だから、これからもマチ★アソビが続く事を願っています。」



高野さんが、マチ★アソビに参加するきっかけになった
「おへんろ。」のイベントが今回なかったけど、
みんなの力で続けて行きたい、と話すと、
隣にいたゆりぱんが一緒に手をつないで、

2人「次回も一緒にー」
来場者「おへんろー!」

のコール&レスポンスが実現!!

「おへんろ。」はマチ★アソビにしっかり生きている!




納谷さんは「今回は手作り感の強いイベントが多くて初期のマチ★アソビを思わせる、
マチ★アソビ10周年にふさわしい回だったと思います。」と総括。


これからマチ★アソビがどうなっていくのかは分からないけど、
出展者も来場者も続けたいという希望に満ちた未来を感じさせる素晴らしい閉会式でした!

フォト







フォト


フォト


フォト


フォト


























閉会式後は、急遽開催が決まった、フライヤーに載っていない突発イベント
「マチ★アソビ後夜祭」に参加する為、シネマのエントランスへ。
主宰は逢瀬アキラ様、登壇者はAIR AGENCYの新人声優・山本瑞稀さん&伊藤節生さん、
そして高橋祐馬さんとくりおねPさん(!)


フォト




開催前にはいろいろあった今回のマチ★アソビだけど、ネガティブな話題は一切なし!
出る話題は、今回も楽しかったね、これからこんな事したいね、
という未来志向の明るいお話ばかりで、終止笑いの絶えない1時間。

この後夜祭も「Vol.1」とナンバリングされ、新企画として次回以降続けていく流れに!



正直、実際次回以降開催できるかは分からない。
だけど、出展者も出演者も来場者も、みんな次もやりたいという気持ちしかない!

これは終わらないよ!

終わらせてたまるか!!


なお、この「後夜祭」のハイライトは、
ゆまさんの林原めぐみさんへの熱いガチ恋エピソード語りでした。(笑)

フォト






















こうしてマチ★アソビvol.22は終了。

フォト

始まる前はどうなる事かと思われたマチ★アソビvol.22ですが、
奇跡的にこれまでとほぼ変わらない内容で開催する事ができました。
運営は本当に頑張っただろうし、
勿論これまで近藤さんが作ってきた歴史があるから出来た事だと思います。

今回が最後かもしれない、という気持ちはやはりありました。
だからこそ、あらためて「マチ★アソビとは何か」という事を見つめ直して
悔いのないアソビ方をしよう、という意識で臨んだ回でもあります。
結果として個人的に、これまででもトップクラスのテンションの高い回になりました。

実は個人的には20回台に突入してから
楽しいけどどこかうまくアソべていない不完全燃焼感があったのですが、
今回は久しぶりに「マチ★アソビを楽しんだ!」という気持ちになれました。


この3日間、私は間違いなく夢の中にいました。

まぎれもなく「徳島で見た19回目の夢」でした。


始まる前は色々あった今回のマチ★アソビ。
実際に始まってみるといつもと変わらない、
むしろいつも以上にエネルギーに満ちた3日間でした。

これだけの盛り上がりがあるイベントが無くなるなんて、どうしても考えられません。

きっと秋も徳島の地にこの笑顔が帰って来ると信じています。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する