mixiユーザー(id:10063995)

2021年01月18日18:39

19 view

突然ですが遊戯王小説です その16

現在の状況
ハサギ LP3400 手札二枚(内一枚は『魔弾デスペラード』)
 『魔弾の射手ザ・キッド』『魔弾の射手ワイルド』『魔弾の射手ドクトル』『魔弾の射手スター』

『召喚獣コキュートス』
ダンク?LP5000 手札0枚

ハサギ「俺のターン・・む?」

 ハサギがカードをドローしようとした瞬間、彼のデュエルディスクに信号が入る。
 それは仲間が敗北した信号。ノリがやられたと告げるサインだ。同時に、ダンク?のデュエルディスクにもワイトが勝利したサインが届いていた。

ハサギ「な、なに・・ノリが負けた・・!?」
ダンク?「お、さすがは骸覇王。
 よし、俺も頑張って・・」
ハサギ「うおおおおおお!
 おのれえええ!」

 ハサギは今握ってる手札を握り潰さん勢いで叫び、顔を真っ赤にして睨み付ける。

ハサギ「よくも、よくも俺の大事な相棒に傷を付けたな!絶対に許さんぞダアアアンク!!」
ダンク?「えええ、なんで俺!?
 というか前々から感じてたがこいつメチャクチャ感情の振り幅でかいな!」
ハサギ「許さん、ノリの仇を討たせてもらうぜ!ドロー!
 魔法カード『成金ゴブリン』発動!
 おのれゴブリンズウウウウ!」

成金ゴブリン 通常魔法
(1):自分はデッキから1枚ドローする。 その後、相手は1000LP回復する。

ダンク?「デッキ圧縮カードか・・」
ダンク? LP5000→6000
 
ハサギ「もう一度発動、『成金ゴブリン』!
 俺は一枚ドローだあああ!
 許さねえぞ、ゴブリンズウウウウ!!」
ダンク?「・・なに?」
 ダンク? LP6000→7000

ハサギ「ヒャーハハハハハ!!
 魔法カード『成金ゴブリン』発動!
 絶対逮捕してやるぜ、ゴブリンズウウウウ!!!」
ダンク?「・・というか、ゴブリンズって何だ?」
 ダンク LP7000→8000

ハサギ「これが俺のマジックコンボ『ゴブリン怨(おん)・獲遭(エア)!』あえて腹立つ『成金ゴブリン』を三枚使う事で俺の心のライフを百万ポイント回復する!!更に俺は『魔弾の射手』達の効果処理も行ってるぜ!」

以下、実際の効果処理。
成金ゴブリン→『ザ・キッド』の背後で発動。
『魔弾デスペラード』を捨て二枚ドロー、
成金ゴブリン→『ドクトル』の背後で発動。
『魔弾クロスドミネーター』を回収。
成金ゴブリン→『ワイルド』の背後で発動。
魔弾デスペラード、ダンシングニードル、デッドマンズ・バーストをデッキに戻し一枚ドロー。
 結果。ハサギの手札六枚(内一枚は『魔弾クロスドミネーター』)
ハサギの心のライフ それなり→百万パワー!!

ダンク?(ゴブリンズといい百万パワーといい、さっきから一体何を言ってるんだこいつは・・)「だが、『魔弾』デッキで手札六枚は危険だな・・」
ハサギ「お前は今からその恐ろしさを味わうんだよぉ!
 『ドクトル』をリリースし、
『魔弾の悪魔ザミエル』を召喚する!」

魔弾の悪魔 ザミエル 光 星8
悪魔族・効果
このカードは「魔弾」モンスター1体をリリースして表側表示でアドバンス召喚できる。 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。
(2):相手エンドフェイズに発動できる。 このターン、このカードが表側表示で存在する間に自分が発動した「魔弾」魔法・罠カードの数だけ、自分はデッキからドローする。
ATK2500/DFE2500 

ザミエル「ヒャヒャヒャヒャヒャ!」
ハサギ「『ザミエル』は『魔弾』モンスター一体をリリースして召喚できる!
 そして速攻魔法『魔弾ネバー・エンドルフィン』を『スター』の背後で発動!」

魔弾ネバー・エンドルフィン 速攻魔法
速攻魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「魔弾」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで元々の数値の倍になる。 このカードを発動するターン、対象のモンスターは直接攻撃できない。

ハサギ「ネバー・エンドルフィンは『ワイルド』の攻撃力を倍にする!ダイレクトアタックは出来なくなるが関係ねえ!」

 魔弾の射手ワイルド ATK1700→3400

ダンク?「ち・・『コキュートス』の守備力を越えたか!」
ハサギ「『スター』の効果発動!
 デッキから『魔弾の射手カスパール』を守備表示で特殊召喚!」

魔弾の射手カスパール→特殊召喚

ハサギ「バトルだ!
『ワイルド』で『コキュートス』を攻撃!」

 Battle!
○魔弾の射手ワイルドVS召喚獣コキュートス✕
ATK3400      DFE2800

ダンク?「ち、コキュートスが・・!」
ハサギ「『魔弾の悪魔ザミエル』、『魔弾の射手ザ・キッド』、『魔弾の射手スター』で攻撃!!」

8000−2500=5500
5500−1600=3900
3900−1300=2600

ダンク?「ぐ・・『成金ゴブリン』でライフ回復してなければ、今のでやられてたな・・」
ハサギ「1ターン後にはやられるがな!
 これでゴブリンズ『色鬼』ダンクも終わりだぁ!
 さあ、お前のターンだ!
 魔弾に震えながらせいぜい抵抗するんだな!」
ダンク?「・・・・・・」

 ダンクはデュエルディスクを見ながら、カードをドローしようと手を伸ばし、
 その手を止めた。

ハサギ「どうしたダンクゥ!
 早く敗北の為にドローしろぉ!」
ダンク?「・・なあ。
 あんた、強いな」
ハサギ「あ?」
ダンク?「あんたがバカみたいに成金ゴブリン連発しなければ、別のドローカードを使っていたなら、今のターンで俺はやられてたかもしれない。
 だから、次のターンで全て終わらせる。
 次のターン、あんたが俺の攻撃を凌げたならエンドフェイズに潔く負けるとしよう。
 俺のターン、ドロー」

 ミイラ男は簡単にカードをドローし、スタンバイフェイズを飛び越えてメインフェイズに入った瞬間、そのカードを発動させる。

ダンク?「魔法カード発動。『魂札(バー・カード)〜死神の宝札〜』」
ハサギ「『魂札(バー・カード)』だと・・い、いや何でもいい、魔法カードを発動したならこいつで終わりだ!『魔弾デッドマンズ・バースト』を・・」
ダンク?「無駄だ。このカードの発動にあらゆるカードで邪魔出来ない」

魂札(バー・カード)〜死神の宝札〜 通常魔法
このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果を発動出来ない。
(1)自分はデッキから四枚ドローする。このターン終了時、自分はデュエルに敗北する。

 ミイラ男が魔法カードを発動した瞬間、デッキから死神が姿を現し、大鎌の先端を首に刺した。

ハサギ「なんだ、あのカードは!
 『魂札(バー・カード)』・・知らないぞ!?」
ダンク?「この世界しか知らぬお前に理解できないのも分かるが・・このカードの効果を説明しよう。
 まず、このカードに対してあらゆるカードを発動出来ないのはわかったな?
 次にこいつを発動するメリットとして俺はデッキから四枚ドロー出来る」
ハサギ「な!?」
ダンク?「次にデメリットとして、俺はこのターンのエンドフェイズにお前を倒せなければ、俺は敗北する。
 罠カードを引いても使えないだけだし、『バー・カード』の性質上サーチ出来ないから好きなタイミングで使えないしな・・」
ハサギ「バー・カードの性質・・?」
ダンク?「・・少し喋り過ぎたな。
 俺は墓地の『召喚魔術』の効果発動。
 除外されている『アレイスター』を手札に戻しこのカードをデッキに戻す」
 
 召喚師アレイスター→手札
 召喚魔術→デッキ

ハサギ(そのカードを戻した所で、『魔弾クロスドミネーター』で効果を無効にされるのは奴も分かっている筈。囮か、ステータスアップ狙いか?
 もしくはエンドフェイズに負けるからがむしゃらにカードを使っているのか?
 なんにせよ俺のライフは残り3400しかない上に『魔弾』モンスターは総じてステータスが低いから、そこを狙われないようにしなきゃな・・)
ダンク?(奴が魔法・罠を無効にする『デッドマンズ・バースト』と効果を無効にする『クロスドミネーター』があるのは分かってる。ならば・・)「手札から『アルバスの落胤(らくいん)』を召喚する」

アルバスの落胤(らくいん)闇 星4
ドラゴン族・効果
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。 融合モンスターカードによって決められた、 このカードを含む融合素材モンスターを自分・相手フィールドから墓地へ送り、 その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。 この効果で融合召喚する場合、このカード以外の自分フィールドのモンスターを融合素材にできない。
ATK1800/DFE 0

 フィールドに褐色肌の少年が姿を現した。体は傷だらけでありながら、その瞳には真っ直ぐな闘志が漲っている。

ハサギ「『アレイスター』じゃない・・」
ダンク?「『アルバスの落胤』の効果発動、手札を一枚捨てて、相手モンスターと融合召喚を行う!」

錬装融合→墓地

ハサギ「無駄な事をするな!
 カスパールの背後で『魔弾クロスドミネーター』を発動させる!」

魔弾ークロス・ドミネーター 速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「魔弾」モンスターが存在する場合、 フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 ターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力・守備力は0になり、効果は無効化される。

ハサギ「これで『アルバス』の効果は無効に・・」
ダンク「速攻魔法、『超融合』発動!」

超融合 速攻魔法
このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。 自分・相手フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、 その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

ハサギ「超融合だと!?
 くそっ、あれも発動を無効に出来ないカード・・!」
ダンク?「これによりもう一枚手札を捨てる事で、互いの場のモンスターを融合素材とし融合召喚を行う!
 俺は『アルバスの落胤』とお前の場の『魔弾の悪魔ザミエル』を融合素材に、融合召喚する!」
ハサギ「しかもエースモンスターを奪われたあああっ!?」

アルバスの落胤→墓地
魔弾の悪魔ザミエル→墓地

ダンク?「恐れよ、白を。崇めよ、輝きを。
 純白に全てを染める為に、灼熱の竜よ、咆哮せよ!
 『烙印竜(らくいんりゅう) アルビオン』!!」

烙印竜 アルビオン 闇 星8
ドラゴン族・融合/効果
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。 自分の手札・フィールド・墓地から、「烙印竜アルビオン」を除く レベル8以下の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、 その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから「烙印」魔法・罠カード1枚を選んで手札に加えるか自分フィールドにセットする。
ATK2500/DFE2000

ギシャアアアアアアッ!!

 ダンクのフィールドに現れたのは、灼熱の業火がそのまま竜になったかのような巨大なドラゴンだった。
 あまりの姿に、ハサギは思わず息を飲む。

ハサギ「な、なんだこれ、は・・!?(カスパールの効果で『魔弾ダンシングニードル』をサーチしながら)」
ダンク?「『烙印竜アルビオン』が融合召喚に成功した時、俺の手札・場・墓地から融合素材モンスターを除外する事で、融合召喚出来る。
 俺は墓地に送った『召喚師アレイスター』と墓地の『召喚獣コキュートス』を除外し、」

 召喚師アレイスター→除外
 召喚獣コキュートス→除外

ハサギ「く、コストで除外だから『魔弾ダンシングニードル』が使えない・・!」
ダンク?「来い、我が半身。
 『召喚獣アウゴエイデス』」

召喚獣アウゴエイデス 光 星8
天使族・融合/効果
「召喚師アレイスター」+融合モンスター
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、または相手フィールドにモンスターが特殊召喚された場合、 相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。
(2):1ターンに1度、自分の墓地から融合モンスター1体を除外して発動できる。 このカードの攻撃力は相手ターン終了時まで、除外したモンスターの攻撃力の数値分アップする。
ATK2000/DFE2800

ハサギ「融合モンスターが、融合モンスターを作り出した、だと・・!?
 しかもそのなりで天使族だとぉ!?」
ダンク?「驚く所そこか!?
 ええい『アウゴエイデス』の効果発動!こいつが特殊召喚に成功した時、相手モンスターを破壊する!
 吹き飛べ、『カスパール』!」

魔弾の射手 カスパール→破壊

ハサギ「ぐ・・」(不味い、さっきから対応が遅れてる!クロスドミネーターを最初に使ったのは不味かったか・・!?)
ダンク「墓地に送られた『錬装融合』の効果発動!」

錬装融合 通常魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札・フィールドから、 「メタルフォーゼ」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、 その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合に発動できる。 墓地のこのカードをデッキに加えてシャッフルする。 その後、自分はデッキから1枚ドローする。

ダンク?「このカードをデッキに戻し、一枚ドローする!」

 錬装融合→デッキ
 ダンク 手札一枚→二枚

ハサギ(またコストでカードが・・!
 だがもう墓地に使えそうなカードはない筈・・!)
ダンク?「ち、こいつ使うしかねえじゃねえか・・(小声)」
ハサギ「?」
ダンク?「ここから一気に行くぞ、二体の星8融合モンスターでオーバーレイネットワークを構築!」
ハサギ「エクシーズだと!?」
ダンク(星8モンスターが多いからエクシーズを投入しといて良かった・・!)
「エクシーズ召喚!ランク8!
 『スプリガンズ・シップ エクスプローラー』!!」

スプリガンズ・シップ エクスプローラー 炎 ランク8
レベル8モンスター×2体以上 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手のモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる。 このカードのX素材を任意の数だけ取り除き、 その数だけ、指定したゾーン及びその前・後・隣のゾーン(モンスターゾーン・魔法&罠ゾーン)に存在するカードの中から、 相手のカードを選んで破壊する。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。 このカードをエンドフェイズまで除外する。
ATK1600/DFE2500

 フィールドに巨大な鉄の船が出現する。巨大な大砲が魔弾モンスターを狙っている。

ハサギ「す、スプリガンズ・・!?」
ダンク?「『スプリガンズ・シップ エクスプローラー』はエクシーズ素材を任意の数だけ取り除き、その数だけ相手モンスターを破壊する。まあ複数のカードを破壊するならそのカードの隣のカードしか破壊出来ないが・・『ワイルド』と『スター』、お前達は隣接しているな!」
ハサギ「!」

 □ ザ □ ス ワ

ダンク?「『エクスプローラー』の効果発動!
 エクシーズ素材を2つ取り除き、『スター』と『ワイルド』を破壊する!!
 構え〜筒!!」

 二体のモンスター達に狙いを定め、大砲を撃ち込む。二体のモンスターに着弾し、爆発と共に二体のモンスターが吹き飛・・ばなかった。

魔弾の射手 ワイルド→無事
魔弾の射手 スター→無事

ダンク?「む・・!」
ハサギ「まだだ、『魔弾デビルズ・ディール』発動・・!」

魔弾 デビルズ・ディール 永続罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 自分フィールドの「魔弾」モンスターは効果では破壊されない。
(2):このカードが相手の効果で墓地へ送られた場合に発動できる。 自分のデッキ・墓地から「魔弾−デビルズ・ディール」以外の「魔弾」カード1枚を選んで手札に加える。

ハサギ「こいつは魔弾モンスターから効果破壊を防ぐ魔弾・・!
 俺のモンスターは破壊されない。これで戦闘破壊でしか魔弾モンスターを倒せなくなった!さらに『ザ・キッド』の背後で発動した事で効果を発動!
『魔弾ダンシングニードル』を捨て、二枚ドローだ!」

ドローカード
・オネスト
・魔弾クロスドミネーター
 

ハサギ(このターン『クロスドミネーター』は使ってしまったが・・これで奴は戦闘で倒す事も出来ない!)
ダンク?「・・戦闘で倒すしか方法がない?さあて、それはどうかな」
ハサギ「何?」
ダンク?「驚けよ、この世界で初めてこいつを使う事になるんだからな。
 魔法カード発動、『魂札(バー・カード)〜禁忌召喚術〜』」
ハサギ「な、なにいいいっ!二枚目のバー・カードだと・・!?」
ダンク?「こいつも無効に出来ないぜ、なんせ自ら禁忌に触れる、『覚悟』のカード何だからな・・」

魂札(バー・カード)〜禁忌召喚術〜通常魔法
除外ゾーンの『召喚師アレイスター』をデッキに戻し、エクストラデッキの『召喚獣カード』を『召喚獣エリュシオン』以外全て墓地に送り、このカードを発動する。このカードの発動と効果を無効に出来ない。
 エクストラデッキから『召喚獣エリュシオン』を召喚条件を無視して特殊召喚出来る。

 召喚師アレイスター→デッキ
 召喚獣ブルガトリオ→墓地
 召喚獣メガラニカ→墓地
 召喚獣メルカバー→墓地
 召喚獣ライディーン→墓地
 
ダンク?「術式解放、『禁忌邂逅』。
 触れてはならぬ神よ、かの地から舞い降りて愚者に狂気なる絶対的知識を知らしめよ。
 『召喚獣エリュシオン』、降臨!!」

召喚獣エリュシオン 光 星10
天使族・融合/効果
「召喚獣」モンスター+エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター このカードは上記のカードを融合素材にした融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 このカードの属性は「闇」「地」「水」「炎」「風」としても扱う。 (2):1ターンに1度、自分のフィールド・墓地の「召喚獣」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスター及びそのモンスターと同じ属性を持つ相手フィールドのモンスターを全て除外する。 この効果は相手ターンでも発動できる。
ATK3200/DFE4000

 夜中なのに、昼間のように世界が輝く。
 何故なら太陽のごとき輝くモンスター、『エリュシオン』がフィールドに舞い降りたからだ。

ハサギ「え『エリュシオン』・・!
 ギリシャ神話に登場する、死後の楽園と同じ名を冠する、こいつが来たのか・・」
ダンク?「召喚獣エリュシオンの効果発動。
 墓地の『召喚獣アウゴエイデス』を除外し、」

召喚獣アウゴエイデス→除外

ダンク?「『アウゴエイデス』と同じ光属性の相手モンスターを全て除外する」
ハサギ「な、に・・!?
 『魔弾』モンスターは全て光属性!
 『デビルズ・ディール』じゃ除外は防げな・・!」

魔弾の射手モンスター フィールドから除外

ハサギ「お、俺の魔弾モンスターが・・全滅、めつめつ・・」
ダンク?「ラストバトルだ、ハサギ。
 『スプリガンズ・シップエクスプローラー』、『召喚獣エリュシオン』の二体で攻撃」

 ハサギLP3400−1600=1800

ハサギ「く、くそ・・」

 ハサギLP1800−3200=−1400

ハサギ LOSE!!

ハサギ「クソオオオオ!!」

 バリバリバリバリっ!!


 デュエルが終了し、凄まじい電撃を受けて・・ハサギは倒れなかった。
 全身からバリバリと電気を流しながら、それでも意地だけで立っている。

ハサギ「ぐ、ぐ・・」
アウゴエイデス「ほう、あれだけの電撃を受けてまだ立てるのか。
 あれ他の人が受けたら気絶は間違いないだろうに・・」
ハサギ「だ、ま、れ・・!
 よくも、相棒に傷を付けたな・・許さ、ない・・!」

 ハサギはバチバチと電撃を鳴らしながら、一歩ずつ近づこうとする。
 アウゴエイデスは半分呆れつつも、逃げようとはしなかった。

アウゴエイデス「ふん、
 そっちから仕掛けた勝負だろうに何を勝手な事を・・だが、その根性だけは気に入った」
ハサギ「許さ、ない・・逮捕、して・・!」
アウゴエイデス「そんな根性マンにサービスだ。このカードをやろう」

 アウゴエイデスは二枚のカードをハサギに見せる。枠だけ見ればデュエルカードなのだが、ハサギの頭を困惑させたのはその内容だ。

・アウゴエイデスが渡したカード
 魂札(バー・カード) ? ?
 ???

 魂札(バー・カード) ? ?
 ???

ハサギ「ば、バー、カード・・???」
アウゴエイデス「お前達で大切に使うが良い。・・いずれこの世界を守れるほどに、強くなるんだぞ・・」

 その言葉を最後に、ハサギの意識が途切れた。


続く


1 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月23日 11:33
    ダンク?勝利!
    カッコ良かったですね。
    魂札、ドロー4枚で妨害不可、なんと言うチートカード!
    でも、勝負をつけられなかったら負けとかなり危険なカードですね。
    使うのに相当勇気がいります。
    絶対に勝てる!ってなかなか思えないので自分には使えないカードです
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月23日 21:02
    > mixiユーザー コメントありがとうございます。魂札は四枚も引ける代わりに使ったターンで決着を付けなければ負けるカードです。正直自分でも何度も使いたいカードではありません。
     それを使えたダンク?にとってはそれだけハサギが強敵だったということです。次回、少しだけ背景が変化するので楽しみにしてお待ち下さい。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年01月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31