mixiユーザー(id:10063995)

2017年07月21日20:03

92 view

キャラ紹介 ニバリ・フランケンその

ニバリ・フランケン キャラ紹介その

フォト



 一言で彼女の存在を語るならば、怪獣の姿をした人間である。

 ニバリ・フランケン。
 身長4メートル。体重1t 。
 能力『何でも食べる事が出来る能力』。 
 性格は優しく、のんびりした口調で話す。
 一人称は決まっておらず、その時の気分でころころ変わるが真面目な時は『ニバリ』と呼ぶ。

 カスキュアペットの一員であるが人間を憎む事が出来ず、仲間からは疎まれている。
 しかしダンスだけは僅かに心を許しており、他人には聞かない質問をぶつけていた。
 見かけによらず考えは鋭い方で、その質問になんなく答えるだけでなく相手側の気持ちに立って考えたり(自己中だらけの角有るキャラにしては珍しく)かなり空気を読んだ発言をしている。
 好きな食べ物は石炭。
 これは食べると好きな人を思い出すかららしい。
 ただし上司からは『食べ過ぎ注意』と石炭を三袋までしか食べる事を許されていない。
 作中ではボリボリ石炭食べてるので守ってはいないようだが。
 また、子ども好きでユーが手術前と聞いた時は何とか励まそうと躍起になっていた(ほぼすべて空回りしたが)。
 巨体に似合わない、良くも悪くも人間らしいキャラクター。

フォト



 しかしその過去は凄惨の一言に尽きる。
 サーカスで育てられていたがゴミバコ扱いされ、ゴミを食べて生かされていただけではなく薬漬けで死んだ仲間を食べさせられていた。
 更に自分の片手片足をくじ引きで食べてしまい、お粗末な義手と義足で暮らしていた。
 ニバリは最後まで気付かなかったが、そのまま行けば達磨にされる所だった。
 あまりの凄惨さにあのアイに『なんで人を憎まないんだよ』と言わしめた程。

 しかしニバリは誰も逆らえなかった団長を殴り、セキタを養子に連れていこうとする男とそれに付いていくセキタを見て、始めて『サーカスの外側を見てみたい』という欲求に駆られる。

 しかしニバリはサーカスごと警察に捕まり、麻薬使用で逮捕されてしまう。
 獄中からニバリを出したのはとある研究機関で、彼女の『能力』を最大限利用してサイボーグを作ろうとしていた。
 彼女自身片手片足を失い薬漬けで長く生きられない体だったのでそれを断る事は出来なかった。
 サイボーグ化した体になったニバリは読み書きや道徳が分からなかった為それらを勉強しながら過ごしていたが、ある日団長が刑務所で殺されたという凶報を受ける。
 その時抱いた虚しさから、人を憎む事が出来なくなってしまった。
 
 かくして、今のニバリ・フランケンが生まれた訳である。

フォト


 
4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年07月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031