mixiユーザー(id:10063995)

2017年06月02日07:34

134 view

大賞用特別小説『担うモノ達』

ーこの物語は、ある大賞に応募するために書いた話のプロローグです。まだ幾つか設定を調整中なので、出せるのは六月後半になりそうですが・・感想や気づいた事などあればコメントお願いしますー





『担うモノ達』

ープロローグ『ドワとリラ』ー





「逮捕します」

 久しぶりに聞こえたその声は、感情が抜け落ちた冷たい声でした。
 僕は何もかも分からないままあちこちを飛び回り、逃げようとしてまだ足が改造の途中だった事に気付いてつまづいてしまい、そのまま高い所から落ちて全身を強く打って、暗闇の中に意識が落ちていきます。
 消え行く意識の中で、二人の声が聞こえてきました。
 一人はさっき聞こえた感情の無い声。
 もう一人は、僕がずっとずっと聞きたかった声だった。

「ウォルスター・クレイン。
 貴方には、謀反を企んだ疑いがあります。
 出来れば抵抗せずに同行してくれるとありがたいですがね」
「分かりました。貴方に従いましょう。
 さよならだ、ドワ」

 それきり。それきり僕は何も聞こえなくなり、何も見えなくなりました。
 嫌だな、何も知らないまま消えるのは、嫌だ。
 僕はそう思いながら、全ての感覚を失っていった。



 次に僕が目を覚ました時、僕は家の外に出ていて瓦礫の山のてっぺんにいました。体を動かしたいけど両手が壊れている上に足は無いままです。
 空は厚い雲が青空を遮り、激しい雨が降り注いでいました。
 顔で辺りを見回そうとして、僕の目の前に女の子の諺人形(フェーブ・ドール)が立っている事に気付きました。
 紫と白の短い髪は泥で汚れ、着ている服も汚れていたりあちこちが破けていたけれど、かわいらしい顔と緋色の目はまっすぐこちらを向いていました。
 女の子は僕の近くにしゃがみ、落ち着いた口調で話しかけてきます。

「良かった、貴方はまだ生きていたのね。
 瓦礫の山の中で見つけた時は驚いたわよ」
「君が、助け、てくれ、たの?
 どう、もありが、とう」

 声を出そうとして、片言な言葉が出てきた事に驚きました。どうやら声帯が壊れかけているようで上手く喋れなくなっているようです。
 女の子は少し怪訝な顔をした後、ああ、と何か納得したように話しかけてきました。

「声帯も壊れてるのね。これは直すのに時間がかかるかも。
 ジーニア、ちょっとこっち来て。
 幸運人形(フェーブ・プーぺ)がいるの!」
「はーい、分かったよリラ」

 女の子の人形・・リラの声に呼ばれてきたのは、白髪のポニーテールの女の子人形ですね。
 恐らく彼女がジーニアでしょうか。
 ジーニアは琥珀色の目で僕を見て、リラとは対照的に薄い笑みを浮かべながらこちらを見ています。
 少し恥ずかしいです。

「へぇ、あちこち壊れてるけど顔はイケメンじゃん、リラはナンパが上手いね」
「茶化さないで、奴等が近いのよ」
「はいはい、そこの君、ちょっと我慢してね」

 そう言うが早いが、僕はジーニアの背中におぶられました。
 ポニーテールの髪が顔に当たり、くすぐったいので僕は顔を下に向けます。
 ジーニアの洋服は背中が開いている為背中が丸見えだったが、そこには文字が刻まれていので、僕は思わずそれを読み上げてしまいました。

「一羽、のつば、燕がは、は、春を、もたらすのでは、ない?」
「あ、アタシの背中に書いてある諺(プロフェルブ)に気付いたの?
 はは、恥ずかしいね」
「恥ず、かしい?」
「君、後で名前を教えてよ」
「ジーニア急いで」 

 ジーニアはリラに「ごめんごめん」と軽く謝罪してから走りかけていきます。
 僕は壊れた両手でジーニアに必死にしがみつき、何処か知らない場所から知らない場所へ流されていく、木の葉のような気分だなと思いました。



 しばらくジーニアとリラは走り続けていました。
 道を何十回も左右に曲がり、それと同じくらい建物や大きな物・・馬車や樽や倒れた人の後ろに逃げて、迫ってくる何かをやり過ごしていた。
 僕はそれが何なのか聞きたいけれど、走ってる途中の二人はすごく真剣で、しょっちゅうあたりを見回しているからとても呑気に話しかける事は出来ませんでした。
 そうこうしている内に半壊したビルを見つけた二人が入り、埃だらけの部屋の奥にある、小さな木製の扉に飛び込みました。
 あまりに勢いよく走り続けていたので二人は転んでしまい、僕は放り投げられコロコロと転がり、呆気にとられていた青髪の男の人形の前で止まってしまいました。
 男の人形の緑色の目と僕の目はばっちりあい、何かを言わなくちゃという気持ちになったけど何も言えなくなった。多分向こうも同じ気持ちなのか何も言えないまま僕の壊れた体を見て、立ち上がった二人に目線が動いていきます。

「リラ、ジーニア!
 こいつは一体なんだ!」
「ヤグルマ、そいつも幸運人形(フェーブ・プーぺ)よ」

 リラは扉を閉めてからヤグルマと呼ばれた男性の質問に答えます。ジーニアの方はというと部屋の奥にいる他の人形達に声をかけているようです。
 どうやらこの部屋はとても広く、そして人形達が沢山集まっています。

「おーい、キンセン?キンセンはいるー?」
「ここだよ、彼を直して欲しいんだね?
 準備するから少し待ってて・・」
「まてまてまて、何勝手にそいつを直そうとしてるんだ!」

 黄色い短髪の女の子の人形、キンセンが机に布を敷こうとした所でヤグルマが止めに入る。何故か僕の腕を無理矢理引っ張り、リラとジーニアを睨み付けた。

「二人とも、俺は『資材を調達』するよう頼んだ筈だが?」
「ええ、でも瓦礫山で彼が倒れているのをリラが見つけたの。
 保護の為彼を連れてきたのよ」
「資材調達をすっぽかしてか!
 いいか、ここには物が少ないんだぞ!
 そんな時にこんな奴に新しい物を使う余裕は無いんだ!」
「見つけてしまったものはしょうがないじゃない、彼を見殺しには出来ないわ」
「俺達は見殺しにしてもいいのか!
 この・・」
「最後に、わら、うものは最も、大きな声で笑う!」

 僕は思わず声をあげてしまった。
 でも、なんで僕がその言葉を言ったのか分からない。
 だけどその言葉がこの空気を変えたのは確かだった。
 皆の目が僕に向けられたからだ。
 そして最初に僕の言葉に反応したのは、リラだ。

「な、なんで貴方は、私の諺(プロフェルブ)を知ってるの・・?」
「わから、ない。
 僕、会わなきゃいけ、いけない、クレ、インに、会わなきゃ」
「クレイン?今クレインと言ったのか!」

 ヤグルマがこちらに向けて睨み付けてきます。
 だがその目を僕が見ると、不思議な事に有る言葉が出てくるんだ。
 僕はそれを、自分でも知らない内に声に出してしまった。

「一スー、は、い、ち、スー」
「な、貴様!?
 何故俺の諺を知っているんだ!?」
「わ、わか、ら、ない。
 け、どぼくに、はみえ、るの」
「そんな、バカな・・!」

 僕に詰め寄り、暫く睨み付けるヤグルマたったが、いきなり僕を殴りかかってきた。
 僕は避ける事ができず顔面に一撃を喰らい、床に倒れてしまう。
 リラ達が僕に駆け寄ってくる。遠くでジーニアとヤグルマの声が聞こえてくる。
 ごめんね、騒がせるつもりはなかったんだ。
 それを言えない自分が、少し腹立たしいです。

「ちょっとあんた、大丈夫!?」
「ヤグルマ、あんた何をしてんのさ!
 怪我人形をなぐるなんて!」
「うるさい!
 俺は、俺がリーダーだ!
 俺を無視する貴様らが悪いんだ!」
「ドワ、大丈夫!?」

 僕は、心配してくるリラの顔を見た。
 泥と雨の中で走ってくれた彼女の顔は、何故か「美しい」と感じた。
 その時、また僕はある言葉が頭の中に出てきた。
 最初はそれを言うのを躊躇ったけど、リラの心配する顔じゃなくて、違う顔を見たかったのでそれを口にした。

「ーー行ける所まで行き、然るべき場所で、唄え」
「え?」

 リラがハッと何かに気づいたような顔で僕を見る。さっきまで声を出すのが辛かったのに、僕はこの言葉だけはしっかり言えるのだ。
 何故か分からない。分からないけど僕は言わなきゃいけない。この言葉を何処かの誰かに伝えなきゃいけないんだ。

「行ける所まで行き、然るべき場所で唄え。
 ファーストメモリー0001、再生(リスタート)」

 僕がそういうと同時に、ぼくの目が輝き出す。そして僕の口が勝手に動きだし、僕じゃない声が出てきた。

『テステス、テステス。本日は晴天なり。
 よし、聞こえるかな。
 やあ、始めまして!』

 いきなり聞こえた声に、ヤグルマもジーニアも思わず振り返る。けど僕の輝いた目がそちらをよく見させてくれなかった。

 僕の輝いた目の先には映像が壁に映し出されていたからだ。
 映像の中では小さな部屋と短い茶髪の男性が映っている。その映像を見て最初に叫んだのはヤグルマた。

「ウォルスター・クレイン・・!」
『僕の名前は、ウォルスター・クレイン。
 しがない人形職人さ。
 最近仕事が忙しくなってね、この人形・・名前はドワと言うんだけど、彼に記録装置を付けて世界中を旅して貰う事にしたんだ。
 後で回収して、旅を楽しんだ気分に浸るためにね』

 全員の目は、映像の先の人物に集められていく。キンセンが小さく「彼は、最初期の人形なんだ」と呟いたのが聞こえた。
 僕は何もかも分からない。
 だけど僕はどうやら、沢山の秘密を抱えているようだ。
 僕はそれを全て見つけ、知らなきゃいけない。そうしなきゃいけない気がするんだ。
 目の前の女の子の人形の為にも。
 なんで、そんな事考えたのか、僕はまだ分からないけど。

 

本編へ、続く・・。



1 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月02日 21:45
    >逃げようとしてまだ足が改造の途中に気付いて……
     →改造の途中だった事に気付いて とかかと。
    その後の読点の後の改行は仕様ですか?

    >貴方には謀反を企んだ疑いがあります。
     →貴方には、うーん。には。うーん。

    >僕の顔の近くに女の子の諺人形(フェーブ・ドール)が目の前に立っている事に気付きました
     『顔の近くに』『目の前に立っている事に』同じような意味な気がします。
     →目の前に女の子の諺人形(フェーブ・ドール)が立っている事に気付きました 
    とかでもいいのかな、と。

    >どうやら声帯にダメージが入り上手く喋れなくなっているようです。
    >うまくしゃべれないことに
     →ダメージを受けて……うーん。入りでも……うーん。
     →『上手く喋れなく』『うまくしゃべれないことに』漢字と、かな表記が混じってます。

    >何処か知らない場所から知らない場所へ流されていく、木の葉のような気分
    →何か気になったけど何が気になったのか忘れました←おい

    >ビルを見つけた二人がビルに入り、埃だらけのビルの奥にある、小さな木製の扉に飛び込んだ。
     →ビルビルビル。

    >「まてまてまて、何かってにそいつを
     →読みにくかったです。勝手には漢字ではダメなのですか?

    >だけどその言葉は、この空気を間違いなく変えたのは確かだった。
     『その言葉は』『変えたのは』 は、の重複。
     →だけど間違いなくその言葉が、この空気を変えたのは確かだった。とかかなぁ

    >「ドワ!大丈夫、ドワ!?」
    名前はいつ教えたんですか?

    しがない人形職人さ。と、僕はまだ分からないけどさ。って。
    ウォルスターの口調うつってるww
    キャラの目の色と名前で印象づけられてる。
    どんな世界なんだろう。なにがあったんだろう。諺が鍵になってるのが新鮮。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月03日 09:20
    >不意に僕を殴り飛ばしてしまう。
     →〜してしまう。は、そのつもりはないのにやってしまった、ってことだから、やったのはヤグルマだから、僕目線の語りではヤグルマの気持ちは見えないのでは?

    >彼に記録装置を付けて他の人に旅に出させる事にしたんだ。
     →彼に、他の人に旅に、ににに。彼と他の人はここの場合同義かと。旅へ、でもよいかと。

    最初の方は『でした。』『いきます。』『ました。』とか丁寧な語尾が多いけど、直後の文で『だった。』『いった。』『だろう。』って混在して書いてあって、途中から後者に統一されてる。ちぐはぐな印象をあたえるためですか?

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月03日 13:33
    > mixiユーザー コメントありがとうございます。訂正、指摘ありがとうございます。修正しました。
     
     諺は昔の人が考えた簡略化された小説。
     『雉も鳴かずば撃たれまい』は『余計な事を言うな』、『井の中の蛙』は『狭い世界観、広い世界を知らない』と一つ一つに個性や色がある小さな物語。
     自分が大賞に訴えたいのは『表現の自由を失わせて欲しくない』なので、一番自由な表現が出来るコトワザで書いてみたいなーと思いこの話ができました。
     まだまだ稚拙な部分が多いですが頑張っていきたいと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月03日 19:28
    大賞に出す小説ですか!
    それは凄いですね!
    世界観とかいろいろプロローグなのではっきりとは分かりませんが
    人形が活躍するお話のようですね
    鍵は諺ですか、着眼が良いですね
    諺、短い言葉にその背景とか気持ちとかいろんなものが込められていますね
    とても大変そうですが頑張って下さい
    微力ながら応援してます!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月04日 15:52
    > mixiユーザー コメントありがとうございます。一ヶ月以内に書き上げねばいけないのでいつもよりおおめに設定を考えてます。
     昔学校で好きな授業が諺だったからけっこう印象に残ってるの多いです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年06月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930