ホーム > mixiユーザー(id:8729247) > mixiユーザーの日記一覧 > こどもが棒状のものをもって歩くのを怖いと思わないのだろうか

mixiユーザー(id:8729247)

2017年02月17日09:20

670 view

こどもが棒状のものをもって歩くのを怖いと思わないのだろうか

数年前のことなのでみなさん忘れているか、知らないのでしょうね。
「わたあめの棒がのどに刺さって死んだ子」がいましたよ。
地域のお祭りか何かでお母さんが世話役をしていて、
こどもはわたあめを食べながらそのへんを走り回っていて、ころんだ。
わたあめの棒の先が折れていて口から出血あったので救急病院へ。
診察したけど口の中には棒が見当たらなかったんだよね。
こどももあまり悪い状態ではなかったし、帰宅して様子を見ることに。
翌日状態が急変して緊急搬送されたけど、死亡。
死後の解剖で、のどにわたあめの棒(割りばし)がおれてつきささり、
すっかり中に入ってしまっていて、脳に達していることがわかった。
割りばしは木なので、CTでは映りにくい。
MRIをとっていたらわかったかもしれないけど、
MRIは経験ある人ならわかると思うが、撮影に時間がかかるしすごくうるさい音がする。
小さい子は睡眠薬で眠らせてからじゃないと撮影できないほどです。
夜中の救急外来でそこまでやるべきだっただろうか?で当然裁判になった。
結果は、確か病院側の責任はない、になったと思う。
このときも「萎縮医療」という言葉がはやった。
自分の専門でない患者を夜中に善意で見て訴訟になるなら、
救急外来なんかしないほうがいい、という考え方。当たり前ですね。
いろんな意味で印象深く、怖いと思った事件だった。

歯ブラシでも同じことが起きる可能性がありますよ。
医者はまあ、訴えられたらそのとき、と思うしかないけど、
お子さんが歯ブラシによる脳損傷で亡くなったら、たとえ訴訟で勝っても帰ってこないです。

■子どもの歯磨き中の事故が多発 のどに刺さり入院も
(朝日新聞デジタル - 02月16日 23:02)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=4436325
55 25

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 09:53
    よく覚えています。裁判結果までは追っていなくて訴えられたところまでしか知りませんでしたが。

    私には子供はいませんが、職場には障害児の小学生から高校生までの子供がいます。
    多動な子供が棒状のものを口にいれながら歩き回ることもあって、転んだら大変なことになる、と即取り上げたことが何度か。
    そばにいて取り上げなかった同僚男性にその綿あめの事故のことを説明したっけ。
    本当に怖いです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 10:01
    日本の建築法では多分規制かかっていないと思いますが、子供の手の届く低い場所にある窓(床から90センチ以下の場所)は子供がぶつかってすぐ割れたら危ないので、割れにくく+割れても鋭利な角が出ない特別な窓を入れるのがこちらでは義務です。
    バルコニーの柵、プールエリアの周りの柵なども子供の頭が入らないような幅にしないといけません。車寄せ、玄関周りのステップ、感電防止のコンセント、こういうのも全部子供が傷つかないようになってます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 10:27
    子どもが箸持って歩き回ったら、本人だけでなく周りも危ない。他の子どもの眼を突くかもしれないし。
    いちいち理由まで言われませんでしたが「口にモノを入れて歩き回らない」「棒状のモノ持って歩き回らない」は親にけっこう言われました。
    いろんな「ながら」が増えて、それ関連の事故も増えてると思う。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 12:24
    この事件を私もよく覚えています。
    確かに病院で脳にまで刺さっていた割りばしを見つけられなかったのはとても残念なことだったのですが、
    見つけていたら何の問題もなく助けることができたのだろうか?(白)とも考えてしまいました。おそらく難しい手術でしょうから。
    このような事故は気を付けていても起きうる可能性はとても高いので、子供たちをどういうことが起きるのかを言い聞かせながら注意しないといけないので大変だと思います。
    そして殺人事件などに巻き込まれて亡くなったのなら加害者に憎しみをぶつけることができますが、このような場合ぶつけるところがないからお医者様へ怒りの矛先が向かうのは仕方がないのでしょうけれど、お医者様からすればたまったものではないと私は感じています。おそらくこの事件に関してはお医者様も手を抜いていたわけではないでしょうから。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 12:32
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8F%E6%9E%97%E5%A4%A7%E7%97%85%E9%99%A2%E5%89%B2%E3%82%8A%E3%81%B0%E3%81%97%E6%AD%BB%E4%BA%8B%E4%BB%B6

    なんとウィキペディアに載ってました。
    「割りばし事件」で検索できちゃいます。
    やっぱり医療界的には大きな事件だったんだな…。
    2000年のことだったんだって。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 12:47
    > mixiユーザー コピペありがとうございます。拝読しました。
    17年前とは感じていませんでした。もっと最近だったような気がしていました。時が流れるのは早いものです。
    喉元過ぎれば熱さを忘れるではありませんが、そうしてすぐに風化してしまうものなのですねたらーっ(汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 15:32
    > mixiユーザー そうなんだ電球

    他のつぶやきじゃ自己責任論のオンパレードだけど、別に特別な事じゃなく、ごくフツーの事をやっていない日本地図国って何なんだろうな〜と、暗澹たる気持ちになりました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 16:24
    > mixiユーザー 

    ごく普通のことっつーか、アメリカはそこまでやって
    もし万が一子供がガラス割ってけがしても「対策はしている」で訴訟にならないってことでしょう。
    日本は実際に事故があって改善される国です。
    (こんにゃくゼリーの容器の形の変化とかね)
    ベストじゃないけどまあ、そういうやりかたの国なんだと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 18:40
    > mixiユーザー 柵の幅などは保険会社が指導してくれて、消費者は従って事故防止しましょうという考え方です。すぐ訴訟になるからなんです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 18:45
    > mixiユーザー 行政と業界の考えが一致しているのもあります。少し高いだけで、火災や事故防止できるのならしましょう、新しいものに変えましょうと。先月自宅コンセントを新調しましたが、埃が穴に決して入らない火事防止タイプにしました。たかが100円高いだけですが、掃除もしやすく、安心しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 19:13
    この事件、よく覚えています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 19:57
    > mixiユーザー 
    センセのご指摘の通り、人命犠牲の上で訴訟になって初めて変わる国なので、訴訟もやむを得ない事なのかな〜とも思います。
    仮に残業続きで夜中にオシメ1枚替えた経験すらない厚生労働省のキャリア官僚が割りばし事件の件で
    閃いたexclamationこれが解決策だ ( ・∀・)つ〃∩ガッテン!ガッテン!ガッテン! となっても、
    割り箸にレントゲンに映る金属棒を入れたら良い的な頓珍漢な政策しか出てこないと思います。。。。今月24日プレミアムなんたらげっそり



  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 20:16
    > mixiユーザー アメリカなら綿菓子のビニールカバーに大きな字で綿菓子の中にある割り箸が刺さったり、刺さって死ぬ可能性があります、っていう警告文で対処します。読まない自由はあるけど、売った方は周知努力に努めたからなー、ってことです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 20:22
    > mixiユーザー ∠(*^ー^*)oラジャ!!
    しかし典型的な対処法だね LOL   (初めて使ったぜぃexclamation
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 21:00
    > mixiユーザー 
    オイラは、
    金属棒と真逆でexclamation全く影響がないのに、いたいけな少女がジジィのレントゲン技師の毒牙にげっそり…・っていうのは冗談ですが、
    金属染料を含んでいないのにブラトップやニプレスを付けたまま会社の健康診断さえ受けることが出来ないのは馬鹿げているexclamation
    女性はもっと怒るべきだむかっ(怒り)という日記を複数回書いています。
    常盤薬品とファーストリテイリングに直接確認済み。
    日本じゃ倶利伽羅紋々はMRIは禁止禁止ですが、アメリカじゃ何の問題もないそうです。
    実態を知らないお役人のくだらねぇ作文のために、えらい迷惑だよねあせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 21:24
    2000年ってまだ学生でしたが、その事件は覚えています。
    そして今は3歳6歳がいますが、歯磨きはもちろん、綿菓子、棒キャンディも座って持たせるよう徹底しています。
    そもそも、食べながら飲みながら歩くことに違和感がありますし、子供なんて注意散漫なのでこぼしたりぶつかったり、危ないと思いますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月18日 21:20
    人は意外とあっさり死ぬってことを知らない人が増えたのでしょう。
    死はどこにでもあり、いつ自分がそれに当たっても不思議ではないんですがね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月19日 00:10
    > mixiユーザー 
    診療放射線技師です。冗談だとはおっしゃっていますが、suzan先生の記事は閲覧される方が多いので書きます。
    放射線技師は人の服を脱いでもらう必要のある業種です。若い女性の患者さんの時は女性技師と交代する、密室にならないようにするなど誤解を招かぬよう注意を払っている男性技師も多いです。一人の大馬鹿野郎が逮捕されたのは事実ですが、多くのまともな男性技師は迷惑をこうむっています。

    レントゲン写真に写りこむものは金属染料のみではありません。服のしわや縫い目等も写りこむ場合があります。ニプレスの素材によっては淡い陰影として出てくる可能性はあると思います。胸部レントゲンでは細かい肺紋理や、粒状影等を読むと認識しています、その際はずせるものを外さずに撮影し写りこんだものを異常影と読まれる可能性があります。また逆に余分なしわが異常陰影を隠す可能性もあるかと思います。異常影と判定された場合、精密検査を受けてくださいと通知されます。被検者の服を脱ぐ、ニプレスを外すデメリットと要精検となり病気(肺がん)かもしれないという心理的不安及び診療の費用負担をこうむるデメリットあるいは病変を見逃すデメリットを比べたら、技師としてはなるべく外せるものははずしてもらいたいと思います。検診を受けられる際は無地の薄手のTシャツorタンクトップでこられることをお勧めします。

    また刺青のMRI検査に関しては実際に火傷の事例があったようです。アメリカと日本では刺青をしている人の数も違いますので一概にアメリカでは問題ないから日本でもというのはどうなのだろうと思います。ただ実際に刺青のある方でも相談していただければ、火傷の可能性があることを承知した旨同意書等取った上での検査は可能かと思います(施設によるとは思いますが)。刺青のみでなく、MRIでの事故事例は火傷が多いです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月19日 00:46
    > mixiユーザー 満月こんばんはハイビスカス
    女性が先ずするべき事は、言い訳じゃなく怒る事だと思います。
    女子検診の最大の問題は受診率の低さです。
    やっぱり恥ずかしさが最大の原因だと思いますので女性技師の養成等、出来ることは何でもすべきだと思います。
    会社の検診では女性はレントゲン検診車検診をパスできるはず。
    ブラトップでレントゲン検診車が出来るなら良いことだと思います。
    間接撮影は推奨できないですが…

    MRIもレアケースの事故例を針小棒大にするのは如何なものかと思います。
    問題は医師の説明不足だと思います。
    当然同意書は必要ですが、初めから禁止の方向ではなく、例外的に危険性があるというように説明した方が良いと思います。

    何でもかんでも禁止exclamationハダカexclamation ×2はないんじゃないかな

    おやすみなさい眠い(睡眠)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月19日 09:14
    > mixiユーザー 業界(医学の世界・病院の世界です)で放射線検査においてのセクハラやセクハラと疑われないようにするガイドラインが必要でしょう。もしガイドラインがまだないのであれば、それは業界の怠慢ですから男性の放射線技師たちからプレッシャーをかけて是正していくべきですよね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月19日 10:13
    調べてみたらパットの厚みと肩紐のプラスティックのアジャスターでブラパットはダメみたいです<m(__)m> _|¬|○ 挫折(♀) 
    一番いいのは黒無地の肌着だそうです。(ま〜染めてない生成(きなり)の生地が良いに決まっていますが透けますげっそり
    皴や縫い目レース生地もダメだとかexclamation & question
    またヒートテックは良いそうです。
    と言う事はexclamation電球
    皴にならない生地で植物染料のシームレス肌着を開発すれば良い訳だ。
    ワコールに働きかけようぜぃわーい(嬉しい顔)   ( ・∀・)つ〃∩ ガッテン! ガッテン! ガッテン!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月19日 10:34
    おっぱい程度で女性は怒るべきってなるなら、子宮頸がん検診の御開帳はどうすんねん。
    思春期の娘じゃあるまいし、命とどっちが大切かって思います。
    それに男性技師が対応したとして1日に何人も「患部」「診察対象」として診てるのだから、よほど好みのタイプでなければ、どうでもいいと思いますよ。

    男性技師だからって理由だけで、「私のおっぱいを邪な目で診てるわ!」って思うなら、先に頭の先生に診てもらえとさえ思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月19日 10:45
    > mixiユーザー 
    言い訳は「冗談」の件かかってますかね?犯罪行為を行った技師に対しての怒りはまともな技師(男性も女性も)はみなもっていると思いますよ。

    現在放射線技師になるための大学だと10年くらい前で男女比は1:1くらいではなかったかなという印象です(学生に聞いた感じ)。現在はちょっとわかりませんが、乳房撮影など女性のニーズは高いので女性技師は増えていますよ。ただ確かに全体ではまだ男性技師の方が多いですね。技師は雇われる側なので採用側で妊娠出産等でのリタイアを嫌って男性を選ぶところもまだあるのかな?検診車にのってる女性技師の比率とかどのくらいなんだろう?ちょっとそのあたりはわかりません。まあ女性技師配置で問題解決っちゃ解決だとは思いますけどね。じっさい乳房撮影は圧倒的に女性技師の方が多いですし。

    ちょっと素朴な疑問なんですが、現在検診車だと「無地の薄手のTシャツorタンクトップ」OKなところの方が多く「はだか」の方が少ないと思うのですが、それではだめなんですかね?ブラトップで気になるのはちょうど肺野に「布の重なり」などがこないかな?というところですが。
    そして検診車だけでなく現在ではレントゲン室でも脱いでもらう必要のある時は検査着などに着替えてもらうところの方が多いと思います。

    まぁ、確かに刺青に関しては手術や予防接種のように「刺青部分に火傷を起こす可能性があります」の同意書をとってで問題はないように思いますね。

    >まいち☆ぷる姉さん
    セクハラのガイドラインだとどんな感じなんだろう?ここからここは接触するとセクハラですみたいな感じになるんですかね?
    確かに誤解を受けやすい、与えやすい業種なのでそういった明確なものがあった方が技師側もいいかもしれません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月19日 11:11
    > mixiユーザー 
    ∠(*^ー^*)oラジャ!!
    仕方ないとは思いますが、たまに検査風景を実習生に見せる先生がいるんだよね〜
    必要な事とはいえ、天を呪いたくなるよね〜(笑)
    (今リハビリに通っていますが民生委員さんや県の職員、国語等の無関係な教科の教育実習生なんかが毎日物見遊山に来ますむかっ(怒り)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月19日 13:19
    費用かさむけど、必ず複数の人間が室内にいるようにするしかないんじゃ?

    空港の荷物取り扱い係が、手袋して指紋つかないようにしてるのと一緒よね。悪さする極少数の為に、皆が超面倒なルティーンになっちゃう。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する