ホーム > mixiユーザー(id:8729247) > mixiユーザーの日記一覧 > 高齢出産の怖さ

mixiユーザー(id:8729247)

2017年02月15日17:17

853 view

高齢出産の怖さ

妊娠しにいのが40過ぎ、流産率は7割ですが流産しないで継続しても、
今度は妊娠そのものがカラダにかなりの負担となります。
妊娠しているうちに血圧がじわじわ上がってくる、あちこちむくんでくる、
腎機能が悪化してくる、肝機能も悪化してくる、
急性膵炎の可能性も低くはないし、そうこうしているうちに
腹の赤ん坊の成長がどうも思わしくない。
帝王切開してとりあえず妊娠終了させて母体への負担をとって、とやってみても
分娩後の出血が止まりにくく貧血がいつまでも治らず視力障害だの糖尿病だの
もう大変。

これがこじれにこじれた高齢出産です。
全部の症状がいっぺんに出るわけじゃないけど、
40以下の妊婦さんの産後とは経過がまるで違います。
主治医はさぞかし神経使って診察していることでしょう。

声優・金田朋子、高齢出産への不安抱えながら…明るいブログに「勇気もらった」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=14&from=diary&id=4433618
54 12

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月15日 17:35
    無理に妊娠したんじゃなく、自然懐妊じゃケチは付けられないっす。
    全力で安産を願うのみですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月15日 17:40
    ニュースから来ました。
    まさに私です…。2度とも超早産になり、子供達にはかわいそうなことをしました。
    高齢出産はハイリスクとは言うけれど、そのハイリスクの中身があまり紹介されないので、このように具体的に書いていただけるのは大事だと思います。私も自分がそうなるまで何がハイリスクなのかよくわかりませんでした。
    有名人の高齢妊娠出産のニュースは、高齢でも大丈夫だというイメージを植え付けるので、リスクもきちんと伝えて欲しいですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月15日 19:57
    > mixiユーザー 無事にお産なさったからこそ書けるコメントですね。よかったですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月16日 00:52
    高齢であっても妊娠したからには、無事に出産する為に、
    歯医者さんと歯科衛生士さんを便利に使って、摂取する糖質を控えめにして乗り切って欲しいものです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月16日 08:59
    > mixiユーザー 

    先日読んだ医学記事に
    「胎盤に感染したと考えられる細菌DNAを調べたところ口腔内細菌が高確率に見つかった」そうです。
    つまり歯周病の妊婦さんを放置すると胎盤に感染して流産早産や胎児成長不良の原因になる可能性ある、ってことです。
    口腔内衛生が早産を防ぐ、って前から言われていたんですが全くそのとおりと証明されたわけですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 08:54
    > mixiユーザー 

    はい。医科と歯科の力を併せて、お母さんとお腹の赤ちゃんを守っていけたら良いですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 15:20
    ニュースから
    ちゃんと歯科検診と歯磨きしてたけど、
    38歳で中毒症で早産。産後も貧血治らず、
    2人目は諦めました。
    出産は早くしないと駄目です…
    子育ても付かれて大変だよ〜
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 15:31
    > mixiユーザー 

    中毒症の本当に原因ははっきりとはわかっていません。
    一般論として「1か月1キロ、10か月10キロ以内」の体重増加範囲を守ると起きにくくなりますが、
    経験的には何らかの体質で妊娠するたびに何を注意しても必ず中毒症になる方がいます。
    そういう方々は残念ながら次回妊娠では前回中毒症発症よりも早い時期に、もっと重症で発症します。
    ご存じのとおり妊娠中毒症は、場合によっては母子同時に命の危険がある疾患なので、
    中毒症を繰り返す妊婦さんには妊娠はやめたほうがいいとアドバイスしなくてはならないことがあります。
    命がけで妊娠して万が一命を失ったら、上のお子さんは母親を失うことになりますから。

    ちなみに中毒症の患者さんが早産するのは一種の防衛反応です。
    妊娠中毒症は妊娠そのものが原因で分娩が一種の治療なので、
    カラダが分娩の方向で反応してしまいます。
    病気の原因を排除しようとする働きそのものです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 18:20
    > mixiユーザー 
    体重は気を付けていたんですけどね。
    でも大学病院で生みましたが、同年代の中毒症いたし、
    やはり同年代で、40歳で妊娠、菌で高熱を出して脳のない子供を産んだ人もいました。
    高齢妊娠のリスクをアナウンスしないと、皆、夢を見るので困ります。
    我が家は不妊治療を夫が渋って高齢になりましたが、
    出産は「若いうちに早く!」と、焦らせないと。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 19:16
    > mixiユーザー 

    無脳児は明らかな先天性疾患で頭蓋骨の形成不全です。
    菌の感染では起きません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月19日 01:15
    > mixiユーザー 
    その方は、生食品の感染で高熱、菌が胎児の脳に〜のパターンです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月19日 10:00
    > mixiユーザー 

    あなたさまは医療者ではないだろうと思いますのでしつこく書いても仕方ないんですが、
    自分のブログは下手に読者が多いのでもう一度書きます。
    胎児の脳に感染が起きることは確かにありますが、
    「脳のない子」は生まれません。
    脳の機能がなくあってもなくても同じ、状態にはなるかも知れませんが。
    「脳がない」とは実際に目の上から切り取ったように頭の上半分がない状態を指し、
    「無脳児」と呼びますが、実際には頭蓋骨の形成不全です。
    脳は柔らかい組織なので頭蓋骨ができないと生まれるまでに子宮内で崩れてなくなってしまいます。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する