ホーム > mixiユーザー(id:809109) > mixiユーザーの日記一覧 > 「ピストル」、「ガン」 の語源──チェコと女。

mixiユーザー(id:809109)

2007年04月22日12:03

3291 view

「ピストル」、「ガン」 の語源──チェコと女。

  <strong>▲笛のピーシュチャラ。 ▲鉄砲のピーシュチャラ。 ▲ヤン・フスの火刑。</strong>



〓先日、「ピストル」 と 「ガン」 は、どうちがうのか、を探ってみました。まとめるとこうでした。

  <strong>【 米国 】</strong>
   <em>gun</em>  = リボルバー
   <em>pistol</em> = それ以外の拳銃。オートマチック、
        セミオートマチックなど。

  <strong>【 英国連邦 】</strong>
   <em>pistol</em> = すべての拳銃

〓要は、「拳銃を指す gun 」 は米語である、ということです。



  <em>【 「ピストル」 の語源 】</em>

〓調査の副産物として、それぞれの語源がわかりました。ちょいと 「へえぇ」 という語源でした。先に手のウチをあかしてしまいますと、

   <em>「ピストル」 はチェコ語起源</em>

なんです。チェコ語由来の外来語といえば、他には 「ロボット」 くらいしか見当たりませんね。とても珍しい例です。
〓鉄砲の発明がいつだったのか、ということをネットで調べてみると、どうも、各人各様で、ものすごい開きがあります。しかし、鉄砲が実戦で初めて使用されたのは、

   <em>15世紀初頭のフス戦争</em>

である、とされています。<strong>「フス戦争」</strong> というのは、ボヘミア<strong>──プラハを中心とした地方の歴史的名称。現在のチェコの主要部──</strong>の宗教改革者 ヤン・フスの思想を基にした <strong>「改革派のキリスト教徒──フス派」</strong> と、それを異端とし、改革勢力を討伐しようとする <strong>「正統のカトリック教徒+神聖ローマ帝国勢力」</strong> とのあいだで起こった戦争です。
〓ボヘミアの小貴族出身の<strong>ヤン・ジシュカ</strong> Jan Žižka 率いるフス派は、ジシュカの発案になる、さまざまな戦術・兵器を駆使し、無敵を誇りました。
〓そうしたフス派の 「新兵器」 のひとつに、「携帯できる手持ちの火器」──すなわち、鉄砲がありました。その武器をば、ボヘミアでは

   píšťala [ ' ピーシュチャら ]

と呼んでいました。<strong>「ピーシュチャラ」</strong> というのは、そもそも、<strong>「ピーヒャラ、ピーヒャラ」</strong> という<strong>──日本語にとてもよく似ているのが愉快です──</strong>笛の擬声語らしく、チェコ語では、現在、次のような語義があります。

  【 píšťala 】 「ピーシュチャラ」
   (ボヘミアの民族楽器としての)<strong>たて笛</strong>
   (スポーツなどで使う)ホイッスル
   (管楽器の)リード
   (一般に “管” という意味での)パイプ

〓 píšťala 「ピーシュチャラ」 という単語には、形態素として、<strong>pisk-</strong> 「ピーピーという声・音」 があり、その派生語という考え方もできますが、スラヴ語には -jala という接尾辞が見当たらないので、「ピーシュチャラ」 は、独立した擬音と考えてよいように思います。
〓「ピーピー」 という音を pisk- で表すのは、スラヴ語のもともとの性質らしく、

   pištět [ ' ピシュチェット ] <チェコ語・動詞> 金切り声をあげる
   писк pisk [ ' ピースク ] <ロシア語・名詞> ピーピーいう声
   pisk [ ' ピスク ] <ポーランド語・名詞> 金切り声

などが見えます。
〓「フス戦争」 における戦闘は、ヤン・フスが火刑に処された 1415年の4年後、1419年 (室町時代) に始まり、1434年まで断続的に続きました。つまり、

   <u><em>1419〜1434年</em></u>

のあいだに、píšťala 「ピーシュチャラ」 という兵器とコトバとが生まれたことになります。
〓「ピーシュチャラ」 というのは、のちの銃に似ず、細長い 「笛のような」 形をしていました。“ほぼ真っ直ぐな” 木製の細長い銃把 (じゅうは) の先に鉄製の銃身がついていて、弾は筒先からこめるようになっています。小型の火器で、ふだんは、脇の下に携帯したそうです。
〓その形が、「ボヘミアの縦笛=ピーシュチャラ」 に似ていることから、

   <em>「縦笛」 「ピーシュチャラ」
</em>


と呼び習わされたようです。

〓ヨーロッパで、最初に、このコトバを採り入れたのはフランス語と思われます。

   <em>pistole</em> [ ピス ' トる ] 1544年
   <em>pistolet</em> [ ピスト ' れ ] 1534年

〓 pistolet のほうが初出が早いですが、これは、pistole に指小辞 -et が付いたもので、おそらく、この火器の 「小ささ」 が衝撃的であったことを示すのでしょう。現代フランス語の pistole には、「銃」 の意味がありませんが、1544年に初めて現れたときには、「銃」 の意味で使われています。
〓このフランス語が、のちに、ドイツ語に <strong>Pistole</strong> [ ピス ' トーれ ] として入りました。しばしば、この順番は、

   <strong>チェコ語 → ドイツ語 → フランス語</strong>

のように言われます。確かに、地理的にはこのほうが近いです。しかし、チェコ語の発音は、西欧人からしてみれば、

   <strong>[ ' p i : ∫ t∫ a l a ]</strong>

のごとき音です。ドイツ語という言語は、

  [ ∫ ] 音、[ t∫ ] 音を持ち、
  通常、単語のアクセントは
  語頭に来る


ので、これを [ ピス ' トーれ ] で写すのは、かなり不自然です。そこへいくと、フランス語は、

  [ t∫ ] 音を持たず、
  アクセントは語末に固定


という特徴を持っているので、[ ピス ' トーれ ] というぐあいに 「口蓋化音の直音化」<strong>──「シュ」→「ス」 のような変化──</strong>が起こっているほうが自然なのです。
〓また、フランス語の pistole(t) の語源を、イタリアの地名 <strong>Pistoia</strong> 「ピストイア」 に比する説がありますが、Pistoia の本来の語形──つまり、ラテン語形は、

   Pistoria [ ピス ' トーリア ]
     古典ラテン語名 Pistorium [ ピース ' トーリウム ]

であり、まだまだラテン語に権威のあった 16世紀に、フランス人が、

   rl を取り違える

というのは、まず、ありえないことでしょう。コチラの説は、よくある 「地口による民間語源説」 と言えます。
〓英語に入ったのは、フランス語に登場してほどない 1570年ごろです。

   pistol [ ' ピストる ] 英語。1570年ごろ初出

〓つまりですね、英語の pistol の語源はですね、

   「ピストル」
        = チェコ語の 「ピ〜ヒャラ」


ということなんです。



  <em>【 「ガン」 の語源 】</em>

〓 gun は、先日書きましたように、「投石機」 というのが原義です。語源は未詳とされていますが、もっとも有力な説は、

   <strong>女性の名前である</strong>

というものです。「なんじゃ、そりゃ?」 と思うでしょ。ごもっともごもっとも。

〓1330年に書かれたウインザー城の軍備リストの中に、次の1項目があるそうです。

  Una magna balista de cornu
      quae vocatur Domina Gunilda.

   [ ' ウーナ ' マーグナ バー ' りスタ デー ' コルヌー
      クワイ ウォ ' カートゥル ' ドミナ グ ' ニるダ ]
<strong>   「レディー・グニルド」 と呼ばれるコーンウォル製の
   巨大投石機 1機</strong>


〓これはラテン語です。ヨーロッパにおいては、公式記録が 「ラテン語で書かれるものだった」 ということが、よくわかります。
〓「グニルド」 というのは、ゲルマン人の中のノルド系 (北欧系) の女子名です。当時の英語では、

   <em>Gonnylde, Gonnilde</em> 「ゴニルド」

などと言っていたようです。古ノルド語 (古期北欧語) では、

   <em>Gunnhild-r</em> [ グンヒるドル ] グンヒルドル

といい、Gunilda 「グニルダ」 は、それをラテン語化したものです。
〓 Gunnhild-r の由来は、およそ、女性の名前とは思えないものです。

   gunn-r, guð-r  [ グヌル、グずル ] 戦い
    +
   hild-r  [ ヒるドル ] 戦い
    ↓
   Gunnhildr  [ グンヒるドル ] <strong>戦い+戦い</strong>

〓14世紀のイングランドでは、語末の変化語尾 -r は消滅し、語中の -h- は脱落して、

   ゴニルド <strong>← グンヒルドル</strong>

となっていたわけです。語源は 「戦い+戦い」 ですが、当時のイングランド人や、支配階級の 「フランス語化したノルマン人」 が、「古ノルド語の原義を覚えていた」 とは考えづらく、むしろ、

  強大な兵器に
  「女性の名前を付ける」 という
  倒錯したコトバ遊び


と考えるほうがよいでしょう。
〓同じような例は、兵器の愛称にしばしば見られます。

   <em>Brown Bess</em> [ ブ ' ラウン ' ベス ] 英語 「茶色のベス」
     18〜19世紀に英軍が使用したマスケット銃
   <em>Dicke Bertha</em> [ 'ディッケ 'ベルタ ] 独語 「太っちょベルタ」
     第一次大戦でドイツ軍が使用した榴弾砲
   <em>Катюша</em> Katjusha [ カ ' チューしゃ ] 露語 「カチューシャ」
     第二次大戦でソ連軍が使用したロケット砲
     ※語源はコチラ↓
      http://mixi.jp/view_diary.pl?id=54312538&owner_id=809109

〓ところで、gun という単語は、中期英語では、

   <em>gonne, gunne</em> [ ' ゴン、' グン ]

で現れ、どうやら、これは Gonnilde, Gunilda の略である、と考えられています。
〓 Gunnhild の系統の女子名は、現在でも、北欧やドイツに見られますが、面白いことに、こうした名前の女性の愛称も、Gun に似た語形なんです。

   <em>Gun</em> [ ' グン ] スウェーデン、デンマーク
   <em>Gunn</em> [ ' グン ] スウェーデン、デンマーク、ノルウェー
   <em>Gunna</em> [ ' グナ ] スウェーデン、デンマーク、ノルウェー
   <em>Gunne</em> [ ' グネ ] デンマーク、ノルウェー

〓まあ、そんなことで、最初に 「巨大投石機」 に付けられた名前が 「グニルド」 で、その愛称 「グン」 が、そののち、「大砲」→「火縄銃」→「ピストル」 というぐあいに受け継がれていったことになります。
0 17

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年04月22日 14:14
    まさかgunの語源がGunildaとは・・・!!
    もとの意味が忘れられていたとはいえ、絶妙のネーミングですね。

    北欧神話の神槍グングニルの語源も、このgun-でしょうか?

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年04月22日 17:39
    名前の起源を辿っていく時間旅行は、オモシロいですね。

    よくアメリカで、台風に人名みたいな名前が付いているのは、
    どういったワケでしょう? 宜しかったら教えてください。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年04月23日 00:59
    〓榴安石さん、Gungnir について、ザッと探りを入れてみましたが、ハッキリしないですね。
    〓古ノルド語が、どういう性格の言語なのか、もう少しハッキリわかるといいんですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年04月23日 01:18
    〓hana-co さん、台風に名前を付け始めたのは、スペイン人のようです。アメリカ大陸に進出したスペイン人は、初めて 「台風」 にデッくわして驚いたんでしょう。最初は、「台風」 に襲われた日の 「聖人」 の名前で呼んでいたそうです。
    〓教会暦では、すべての日が、その日に亡くなった聖人の記念日になっています。

    〓近代的な意味で 「台風」 に名前を付け始めたのは、英国の気象学者 Clement Lindley Wragge クレメント・リンドリー・ラギー (1852〜1922) という人です。
    〓19世紀末から、彼は、女性の名前、気に入らない政治家の名前、歴史上の人物の名前、神話の登場人物の名前などを付けていたそうです。
    〓女性の名前に絞られるようになったのは、第二次大戦中からで、それとても、何か規則があるわけではなく、行き当たりばったりで命名されていたそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年04月23日 09:11
    台風の女性名が、アルファベット順になったのは、いつからだったかな、と考えています。

    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=412228666&owner_id=3472200に紹介させていただきました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年04月23日 09:26
    グニルダは北欧の女性名の伝統的なものだったんですね。

    フィンランドが舞台の『牧場の少女カトリ』に、物知りお婆さんの「グニラお婆さん」が登場します。
    グニラという名前はどういう印象を他人に与えるのか、知りたいところです。
    (グノーシス主義とからんで、智慧という意味にからむのでしょうか)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年04月23日 09:39
    前のコメントは的外れのようでした。

    GunnrもHildrも古エッダにおけるワルキューレの名前ですね。
    抽象概念の擬人化なのでしょうが、原義を知りたいところです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年04月23日 09:49
    〓tropical cyclone に、アルファベット順の女性名をつけるようになったのは 1953年からで、米国の National Hurricane Center という機関が命名していたそうです。

    〓性差別であるという指摘を受けて、男性の名前も採用するようになったのが、1979年とのこと。

    〓もともと、すべての名詞が文法上の性を持っているのが、インド=ヨーロッパ語の特徴ですが、英語は、きわめて特殊な変化を起こし、これを失ってしまいました。

    〓現代でも、化石的に、船を女性として扱うことがありますが、古期英語で scip (スキップ=船。→ ship) は中性であり、女性として扱うのは、言語に由来するものではなく、「船=母」 というような、後世の 「イメージ」 が生んだものだろうと思います。

    〓hurricane は、スペイン人が、カリブ海の先住民タイノ人から教わった言葉で、スペイン語では、

       Huracán ウラカン

    と男性名詞です。もし、ハリケーンに名前を付ける習慣を生んだのがスペイン人だったら、男性の名前のほうが適切だと考えたかもしれません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年04月23日 11:58
    〓鼎元亨さん、すみません。行き違いで気づきませんでした。

    〓フィンランド人の洗礼名は、ほとんどが、スウェーデン語から入っています。ただし、フィンランド語は、音のつながり方に、かなりの 「しばり」 があり、一見してわからないような変形を遂げていることがあります。

    〓古ノルド語の Gunnhildr に由来するフィンランドの女性名には、

       Gunhild, Gunilla, Gunnel

    があります。これらは、そのままスウェーデンにも存在する語形です。

    〓 Katri は、Catherine に相当するフィンランド語形のひとつです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年04月24日 19:14
    何だか,とっても面白いお話し・・・
    ピストルもガンも・・・元々は可愛いモノなんですね・・・

    にれのやさんのお話を読んでいると,いつも私の考えがあらぬ方に行ってしまいコメントができなくなります。

    今回も頭に浮かんだのは
    「犯行は,バールのような物を使って」と言う言葉・・・
    何でもかんでもバールのような物にまとめられている・・・
    日本では,ピストルもガンも鉄砲も「銃のような物」で一括りされそう・・・と。

    ロシア語のお話しでは
    そう言えば最近「鼻濁音」の使い方,学校で教えているんだろうか・・・と思い

    「デジャヴ」 か 「デジャヴュ」かのお話しでは
    ファストフード,フィナンシャルプランナーにはなぜならないんだろうかと・・・


    楽しく読ませていただいているんですが,的はずれでごめんなさい。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年04月25日 06:34
    〓いちびりさん、『バールのようなもの』 っていう落語がありますよ。清水義範 (よしのり) さんが短編小説に書いた 『バールのようなもの』 を、立川志の輔 師匠 (ガッテンの司会のヒトです) が落語に仕立てたんですが、これがものすごく面白い。

    〓今、調べてみたら CD にはなっていないようです。運が良ければ、どこかで聴けるかもしれないですね。

    〓日本語の鼻濁音というのは、もともと関東方言の発音だろうと思います。たまたま、江戸、明治と、日本の首都が関東にあったので標準語に採り入れられました。

    〓しかし、九州などには、「ジ」 と 「ヂ」、「ズ」 と 「ヅ」 を区別する方言なども、(標準語教育によって風前のともしびですが) あります。

    〓言語学的には、どっちが上、どっちが優秀、ということもありません。上下を決めるのは、「役人と御用学者」 です。

    〓 financial の発音は、米国では、[ ファ ' ナンシャる ] が主流のようですね。([ f ∂ ' n æ n ∫ ł ])

    〓「ファーストフード」 は面白い例ですね。英語の不得意な日本人の多くは、first は知ってても、fast は学校を出たと同時に忘れてる、というところでしょうか。
    〓「ファーストフード」 の店の前で、客に意識調査をしたら、面白いかもしれないですね。「“ファースト” ってどういう意味かしってますか?」。
    〓あんがい、「主食」 の意味だと思ってたりして……
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年04月25日 09:15
    ありがとうございます。


    清水義則さんのご本の方は手に入りそうですね・・。今度読んでみます。
    志の輔 師匠の落語,機会が有れば是非 拝聴したいです。

    前回のコメント
    フィナンシャルの方が一般的になってしまったおかしな言い方と思っていたのに
    (どっちかというとファイナンシャルの方が良いのではと思っていたんですが)
    ご指導いただき ありがとうございます。
    [ ファ ' ナンシャる ] と,どこかで使ってみたいです。

    今は少なくなりましたが,和歌山県人は
    「ざぜぞ」の発音ができないんです。「だでど」になります。
    「善三郎」に振り仮名を「でんだぶろう」とご本人が記載されます。
    昔,送金事務をしていたことがあり電信振り込みの場合どうするか
    本当に悩んでしまいました。
    万歳は番台とか・・・
    以前何かの雑誌で「和歌山県人用の変換ソフトがある」という嘘かホントか解らない投稿を目にしたことがあります。

    「だ」と「ら」の発音もごちゃ混ぜです。
    かだら・・・からだのことです。

    テレビの普及のおかげで,こういう笑い話は少なくなりましたが
    それはそれで寂しい気もしております。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年04月25日 10:24
    〓いちびりさん、面白いハナシありがとうございます。

    〓和歌山の方言、というのは、あまり話題にならないんですが、面白い特徴ですね。福岡方言が、ダ行音をラ行音にする、というのは、よく聞きます。

    〓なぜ、「ザ行音」 が 「ダ行音」 になってしまったんだろう。不思議ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年04月25日 12:12
    台風関連をhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=414170177&owner_id=3472200に紹介させていただきましたが、私の調べたのと食い違いが生じたようです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年04月25日 13:13
    〓アタシのは、ザッと調べただけですから、必ずしも信頼性はありません。それと、日本語のページは利用していません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年04月27日 05:59
    縦笛とピストル!  「ヒャリ〜コ・ヒャラレロ♪」
    あっ! 笛吹き童子は横笛なんで関係ないですよね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年04月27日 06:39
    〓なんとなくね、江戸時代の仕込み杖を思い出すんですよ。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する