ホーム > mixiユーザー(id:65677) > mixiユーザーの日記一覧 > 越後妻有芸術三年祭&松代蝋燭夜

mixiユーザー(id:65677)

2006年06月18日14:21

63 view

越後妻有芸術三年祭&松代蝋燭夜

昨日は、6/16付の日記に書きました「キャンドルナイト at 松代」をきっかけに燃え上がった旅心を埋めに、急遽新潟県十日町市松代に行ってまいりました。


あ、今日は写真が滅茶苦茶多いよ。文章もやたら長いよ。


行きは節約のため高速バス。池袋駅から新潟行きのバスに乗って約3時間、六日町I.C.で降ります。いきなり目の前にそびえ立つ高い建物は「雪国まいたけ」の本社。田園風景、高くても3階建て(横に広いけど)くらいしかない景色の中に、異様な存在感です。たまたま最近「雪国もやし」の案件も扱っていただけに、思わず表敬訪問でもしようかと思っちゃいました(迷惑)。

フォト
雪国まいたけ本社


20分ほど歩いて六日町駅。ここからほくほく線(北越急行)に乗ってまつだい駅へ向かいます。上の左写真は、十日町駅で特急に追い抜かれるとこ。こういうの撮るとてっちゃんと言われ(略。……えぇと1年と8ヶ月ぶりの松代です。まずはシンボル的な「農舞台」へ行って、ちょっと遅い昼食をいただきます。


フォト
農の御膳 1400円

地産地消、というワケではないですが、地元の山菜を中心とした料理の数々です。一昨年も賞味しましたが、こういう施設にしては意外なくらい美味しいです。ちょっと、値は張りますがね。一昨年のラリーでここを借り切ったとき打ち合わせた好みのお姉さんもまだ働いてました(何)。ラリーイベントのことはあまり覚えて無いようでしたが……。


フォト
農舞台には、「教室」と呼ばれる、壁も床も椅子も机も全て黒板になっている部屋があります。壁に再訪の記しを刻んできました。すぐ消されると思うけど。つか、なんかアレな族な人みたいね。


この農舞台の、吹き抜けになっている一階で「松代キャンドルナイト」が開かれるようですが、まだ準備途中のようで、まずは久しぶりの、「越後妻有アートトリエンナーレ」作品を見に、農舞台から、その奥にある松代の山を回ることにします。


十日町市、南魚沼市、津南町と、広大なエリアに点在するトリエンナーレの作品ですが、一昨年のラリーイベントの時は、ほとんどこの松代エリアにあるものから問題を作り、チェックポイントにしました。逆にいうと、他のエリアをほとんど知らないのですが、まぁこの日はリスペクト一昨年、その時見られなかったものも含めて山歩きです。


以下、その内いくつかを写真とともにご紹介。まぁ、アートなんてものは、個々人が見た後の心に何か広がるものがあるかどうかが問題で、小生の好みなど他人様からはどーでも良いこととは思いますが、何かの参考までに。


フォト
『棚田』
農舞台のテラスから眺める、最も好きな作品のひとつ。詩の書かれている部分を透かして川向うの棚田を見ると、詩と合った人形(ひとがた)が点在している、という演出です。けして上手い詩ではないんですが、なんか、土着の心がこもっているんですわ。


フォト
で、棚田側から農舞台を望んだところ。ホント、のどかな風景の中に突如現るアートな感じで、一歩間違えれば失笑かもです。


フォト
『母なる自然のための社』
ここからの眺めは良いです。手前の石部分が子宮、板が立っている部分が産道を表してるんじゃないかな、と、メタファーの分かりやすい作品。


フォト
『フィヒテ(唐檜)』
最も好きな作品のひとつ。林の中に本棚と椅子があって、本を読むことができるのです! ここは手入れが行き届いています。


フォト
赤い、ゲーム「かまいたちの夜」の人型みたいなのが点在していますが……

フォト
『かかしプロジェクト』
この土地に実在の人をモチーフにしているそうです。


フォト
『希望という種子(シュジ)』
4つの石版のひとつ。宮沢賢治「アメニモマケズ」が英訳して書かれていますが、放置されて読めなくなっています……好きな作品のひとつですが、それは宮沢賢治が好きだからかも。


さて。


一昨年、大学の出自ゼミのラリーイベントで、下見と本番とで何度か来たこの土地。実は本番の日の一週間後が、あの新潟中越地震でした。イベントに被らなかったことに安堵するとともに、お世話になった地元の人々の安否が気になりました。そしてその地震は、作品群にも少なからず影響を与えているようで……

フォト
『遊歩道整備計画』
おそらく地震の影響と思われる、板の遊歩道の破損やゆがみが非常に多かったり。

フォト
『棚守る竜神の御座』
今年の第三回に向けて修復をしていたり。

フォト
(作品名不明)
ここ、一昨年は↓な感じだったんです。

フォト

埋められてる……


そんなこんなで、郷愁と新しい発見と変わっていくものとを見ながら3時間も山中をブラブラ歩いて、農舞台に戻ってまいりました。会場は、70人弱くらいの人たちが、イベントサイトに書かれたあれやこれやをしたり、ビールを飲んだり、カレーを食べたりしています。


フォト
会場。この上が農舞台。

しかし今度は逆に時間が遅すぎたか、小イベントはそれぞれ始まっているわ、キャンドル作りは終わりかけているわで、どうにも入り込む余地がない空気。まぁもともと独りだと引っ込み思案になるせいもあるのですが、なんか、ちょっと交わりづらいなぁと感じてしまい、キャンドルナイトだけ見学しようと、始まる時間を聞いて一回辞すことにします。

フォト
キャンドル作り。飲み物のパックの中にキャンドルがあります。


ちなみに小イベントのひとつ、『ジャンベ ワークショップ』の解説「ジャンベは西アフリカの太鼓。このリズムにハマったら抜けだせない?ジャンベ持っていて、もっとうまくなりたい人集まって!」というのを読んで「持ってる人なんかいるのかよっ!」と突っ込んでたのですが、

フォト
いっぱいイターーー!


……無料レンタルのようですw


トリエンナーレのパンフレットに乗っていた日帰り温泉で、山歩きの汗を流そうと、一回十日町まで戻って「越後妻有交流感キナーレ」へ。中庭に広く正方形の池、コンクリート打ちっぱなしの初期モダン建築風の外観、と、施設利用者にも土地にもあっていない施設ですが、ともあれちょっと休憩。


夜もとっぷり暮れたころにふたたびまつだい、農舞台へ。いやー、キャンドルナイト、キャンドルの明かりだけですごすのk……


フォト

あれ、農舞台(会場の二階部分)が明るいよ?(キャンドルの向こうの明かりが、漏れている二階の明かり……)


会場となった一回はキャンドルの明かりだけなのですが、二階が煌々と明かりがついていて、いわゆる「キャンドルナイト」で想像するものとは、ちょっとばかし趣きが違うようです。でもまぁ、これはこれ、お祭りというか、イベントとしてはこれでいいのかもしれません。


フォト
キャンドルの向こうで振り回されている「ポイ」

フォト
キャンドルアップ。かなりキレイ。

↑ちなみに、キャンドル写真はどれもシャッタースピード1秒&三脚なし(手持ち)なんで、手振れのひどさはご勘弁。


まぁ、小規模ながら立ち並ぶキャンドルはやはりキレイですし、その中に響くジャンベの響きはとても幻惑的でした。なんか、イベントのほうは「参加」というより「見学」になってしまいましたが、山中のアート見学も含めて、久しぶりの(といってもひと月半ぶりくらいか?)旅は、なかなかに満足いくものでした。


帰りの新幹線は爆睡。



+-+-+-+-+-+
一年前の日記
●深酒ウィーク
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=22100240&owner_id=65677
グルメネタ。新宿高層ビル群でお気に入りのお店でごわす。
0 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2006年06月18日 14:22
    うぅ、推敲する暇がないのでまとまりなくてごめんなさいorz
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2006年06月18日 15:21
    おつかれさまです!いきたかったー!
    でも行かなくて良かったかもしれないとも思ったりw
    絶対トモサクくんの足ひっぱってたw
    誰かと行くのも一人旅も、どちらも違った楽しみがあると思いますが、思い出の地に一人で行くというのはなんとも感慨深くていいですね。
    きずあともまた、歴史です。
    文章も写真もたっぷりで余は満足です。
    行ったつもりで楽しみました^−^

    …で。トモサクくんが一人だと引っ込み思案とか…冗談ですよね?(´_ゝ`)引っ込み思案は黒板に字なんか書けねぇよ!!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2006年06月18日 17:56
    つぅか、なげー。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2006年06月18日 21:28

    つぅか、きれー♡

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2006年06月18日 23:56
    すげ〜。
    個人的に興味津々です。
    場所も内容も,飯も・・・。
    「農の御膳」はとくにおいしそうですね。

    ミドリいっぱいなのがステキ。
    しかもきれいですしね〜。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2006年06月19日 00:36
    >ユニコ殿
    どもども。行ければ良かったねー。
    連れがいれば、また別の方法で楽しみますので、
    その辺はお気になさらずで良いのだけどねw
    まぁ、小生は基本的に独り旅しかしませんが、
    前はみんなor誰かと行ったところに、今度は独りで行く、
    というのは、いろんな意味で心に響くモノがあります。
    冗長且つ構成がグダグダな旅記ですが、
    お楽しみいただけていれば幸いでございますです。
    引っ込み思案は、本気で言ってますよーwwww
    対人関係で弱いですwいや、ホントだってば!wwww

    >みぇ殿
    最初に警告したじゃん!

    >みわちゃん。。殿
    綺麗ですよねー。お喜びいただければ幸いなり。

    >からす殿
    このトリエンナーレ自体は、
    どうやら今年(第三回)で最後になるのではないかとのこと。
    まぁ、今まで設置されているものや農舞台なんかは、
    ある程度は恒久的に残るんだと思いますが……
    よろしければ、ご来場くださいませ。
    緑もいっぱいですが、虫もいっぱいでしたw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2006年07月10日 01:41
    妻有トリエンナーレは恐ろしく広範囲に渉って開催されてるのですね…。
    今まであまり知らなかったのですが、今回は好きなアーティストさんが出展されるというこのなので行ってみようかなと計画中です。
    やはり、短期間滞在の場合は地域を絞ってがお勧めでしょうか?

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2006年07月11日 08:14
    >marimba-bomb殿
    えぇ、ホントそうなのですよ……>恐ろしく広範囲
    車があって、見たいものの場所がある程度事前に固まっていれば、
    短期滞在でも広範囲を巡れると思います。
    ぶらり当て所なく見るならエリアは絞るべきですが……
    そもそも車がないと、ホント、行動範囲が限られます。
    車でないと行けない(行きづらい)作品も多々ありますので。。。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する