ホーム > mixiユーザー(id:64471675) > mixiユーザーの日記一覧 > 母親の嘘の結末

mixiユーザー(id:64471675)

2017年10月13日02:40

814 view

母親の嘘の結末

30代女性が胃がんになった。



がんは全身に転移しており余命は1年



彼女には中学生の息子がいて



シングルマザーだった。





治療を始める時に



彼女は、僕に


『先生、もし私に何かあっても息子には絶対病気の事を黙っていて下さい。』



そう懇願された。







でもね


僕は否定的だった。



10歳を越えた患者本人や家族には

経験上、絶対告知すべきだと常に思っている。





がんという

患者にとっての巨大な壁には





皆で立ち向かわなくては、


その人の色々な事があって


色々な人と出会った最高の人生が


がんの恐怖に蝕まれ



もがき、苦しみ
悲劇に変わってしまうのを知っているから……









そうは言っても
死ぬことを告げられた10代は






どうなると思います?







まず

泣き叫ぶよ。

病棟に響き渡るほど。



強い子は泣かなくても


全身の毛穴から汗を出して
震えてる子もいた。


相当な恐怖だったんだろう。





でも

どうしようもないんだ。





主治医としての無力感を痛感する。






逆に告知しなかったらどうなると思う?









子供達は必ず大人を信用しなくなるんだ。





徐々に悪くなる体調。


大人達は自分を、騙している



そこから始まる


治療拒否





家族を信用出来ず罵詈雑言。


家族は治療したいけど、本人は全力で拒否。







その溝はとてもとても大きくて





家族関係が崩壊してしまう。


仲良かった家族もバラッバラ




患者本人は家族に殺されると思ってる事もある。






なので、僕は患者本人が10歳を越えていたら


僕が悪者になってでも、ちゃんと説明をする。








たとえ父親と母親が

『あの子は絶対受け止められない。絶対に希望を失わせないで下さい。』

と頼んできても……




必ず本人には説明する。






その先の絶望を僕は知ってるし……



家族の大切さを理解してるから……







では今回の様に
もし患者本人が家族への説明を拒否されたら……





僕は何も出来ないんだ。





患者本人が言わないでと言った事を僕は出来ないから。






そして
息子は母親の実家に引き取られた。





母親はまず、病院で元夫を呼び出した。




そして

自分が死ぬこと。
息子の親権の事を話した。


僕は患者に頼まれ、元夫に病状を説明した。


母親は強かったが、やはり元夫の前では声を出して泣いてしまった。


誰かに頼りたかったのだろう。



人間は皆、弱いから。
彼女だけじゃない。






その後も

時は、誰にでも等しく無情に過ぎていく。





彼女の病状はとても進行していた。





そんな中




最愛の息子がグレてしまった。






息子『お母さんは、辛くても入院すればいいけど。僕は転校になって両親もいないし逃げられない。いいねお母さんは。』




そう吐き捨てた。






息子の辛さは分かるけど



死に際の母親には酷だった。






それから息子は来なくなった。




あと残り少ない時間を1番大切にしている息子に拒絶される日々




想像を絶する苦痛であったと思う。




彼女は僕に言った。




母親『全部先生の言う通りだった。本当に後悔してます。今なら正直に言えたのにな。』




彼女は痩せ細った体で大粒の涙と嗚咽をこぼした。






僕は悔しかった。




家族の最期がこんな姿であって欲しくない。





僕は、本人に告知の了承をとった。



そして
息子に告知




息子『は?え、嘘。そんないきなり言われても知らんですよ。ってか何で黙ってたん?自分の事ばっかり考えやがって……』




僕は悲しい気持ちになったが




それでも彼に説得した。
彼女に会ってほしかったから……






僕は腫瘍内科医




がんの患者さんと家族を
同じ方向に向かせるのも……


がんの治療と同等に大切な事だと思ってるので



何とか納めて説得して、明日来て貰える様に約束した。





しかし無情にも

その夜に彼女は急変してしまった。





僕は息子に急いで連絡した。
話が出来なくてもせめて最期の言葉を言って欲しかった。



世界で1番君を愛してくれた人への最期の言葉。





でなきゃ一生後悔する。










でもね




間に合わなかった。








心拍数がドンドン落ちて


ストン


モニターの数字はずっと0で


心電図波形はAsystole(ピーーの画面)






彼は、病室に着くと泣き叫んだ。





ただひたすら


お母さん、お母さん



そう叫んでいた。





彼はこの十字架を一生背負っていく。





僕の仕事は腫瘍内科医。





がんの患者が亡くなる瞬間を最高にプロデュースするのが僕の仕事




それは、家族を失った人に前を向かせるために……



最高にハッピーな人生の最期の瞬間のお手伝い。





分かってたんだけど


やっぱり


辛かった。
悔しかった。




でもね。
何とか




僕『君もお母さんも悪くないんだよ。』




その一言だけ伝えて、僕は病室を出た。



彼の人生が前を向けたらいいな。



やっぱり若い人のがんは感情移入すると辛い。

そう言い訳して、こっそり泣いた。





僕は涙腺が緩いから、まだ腫瘍内科医としてはまだまだ未熟だけど。




毎日の様に僕は出会い別れる。


僕の出会った患者の90%は死んでいく。




でもいいの




僕はこの仕事に誇りを持っている。



そして




僕は告知するよ。



相手が未成年でも、辛くても



家族が一つになれるなら、僕は悪者で構わない。








■今もトラウマ!?「あなたは橋の下から拾ってきた子どもなのよ」
(ママスタジアム - 10月12日 20:52)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=176&from=diary&id=4809966
53 15

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年10月13日 06:58
    なんだか私のことを言われてるようでビックリしました
    私が13歳の時に母が38歳で乳がんで亡くなりました

    母は入退院を繰り返していたので体調悪いんだろうなと思っていたけど、母が乳がんということを誰も私に教えてくれなかった

    ある日の授業中に突然担任に呼び出されて、「お母さんが危篤だそうだからすぐに帰りなさい」と言われて、訳もわからずに帰宅して祖父母と病院に行ったらもうすでに亡くなっていました

    何が起きたのかわからなかったから涙も出なくて…
    シンママだったので、喪主は私だったけどお通夜でもお葬式でも一度も泣かなかった

    周りからは「諭吉ちゃんは強い子だね」と言われたけど、亡くなったという実感がなくて泣けなかっただけ

    大人を信用できなくなるって凄くわかる気がします
    私の場合は他にも要因はあったけど1番信用できないのは親だったかもしれない

    アノニさんみたいな主治医だったら良かったなぁと思いました

    事実を知っていたら、もっとお見舞いに行って母との時間を大事にしようって思えたとおもうから

    グレる気持ちも凄くわかる笑

    そんな訳で私は母の分まで長生きします\(^o^)/
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年10月13日 07:13
    つらいお仕事ですね涙

    アノニさんのようなお医者さんに最期を看取ってもらえたら、幸せなことです。
    亡くなったお母さんのご冥福と息子さんの将来が明るいことを祈ります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年10月13日 10:56
    「告知しなかったら、子供たちは必ず大人を信用しなくなる」・・・・・現場で、数多のケースを経験してこその言葉が身に沁みました
    そんな患者さんにとっては、たった一人の専門的に頼れるアノニさんこそ、御身大切に過ごされますように((。´・ω・)。´_ _))ペコリ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年10月13日 11:04
    泣いています
    心からおつかれさまです
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年10月13日 19:54
    告知の重さと大きさ。毎回その現場に立つ仕事に頭が下がります。
    治療だけではないのだと改めて思いました。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年10月13日 22:25
    がんの患者さんと家族を 
    同じ方向に向かせるのも…… 
    がんの治療と同等に大切な事

    もし私だったら、
    担当の先生がこんな風に想ってくださって、
    こっそり泣いてくださったら、嬉しいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年10月14日 02:28
    ちょいとわたくし、目から鱗です。
    専門の方の話は聞いとくべきですね。
    それにしてもプロフや過去の日記を拝見したのですが
    忙しいにも関わらずきちんとコメントへレスポンスをされててすごいなぁと思いました。
    後半は若干関係ない内容ですね、すみません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年10月14日 06:18
    私は自分の告知聞きたくないっておもっていたけど
    聞かなきゃいけないんですね…聞くべきなんだ
    そう思いました
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年10月14日 09:13
    告知って大変ですよね。

    叔母を乳ガンでなくしましたが、告知もですが大きな病院から緩和ケアに移るときにひどくトラブりました。
    「もう試せる治療法がないので緩和ケアの病院に移ってください」
    「緩和ケアの病院では基本治療はしません。
    できないから緩和ケアに行くんです。」
    っと言われました。
    叔母は絶望してご飯も食べなくなってある意味納得していたけど、家族の私たちは納得できなくて「叔母の目の前で死ぬのを待つばかりというようなことをいうのはやめてほしい」となきながら頼みました。
    先生は取り合ってくれず看護婦さんに伝えただけですが。

    でも転院した先の担当医はとてもいい人で、最初からこちらに来ておけばよかったと後悔しました。
    名医と言われるのは腕もですが、告知や心のケアが上手な人なんだろうなってそのとき思いました。
    叔母はその病院で希望を取り戻し、残された日々をできるだけ楽しく明るく過ごせたと思っています。

    あのにさんのいつも患者さんの立場にたった考え方、とてもいいと思います。
    患者さんがなくなるのは辛いことだと思いますが、ずっと今の気持ちをなくさないでくださいね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年10月15日 17:41
    自分だったら根性なしなので周りの人にすぐ話しちゃうと思います。根性なしだけど知りたくないとは思いません。

    出会った人の90%が亡くなる。。辛いですね。
    でも泣いてくれるアノニさん好きだなあ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年10月15日 23:20
    辛いですね。私もそういう場合なら絶対告知してほしい。
    でも母親の気持ちも分かる気がします。
    最期まで息子の日常を見てみたかったのかなとか。泣いてばかりの顔を想像するとそれはそれで辛かったんでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年10月15日 23:40
    アノニ先生こんばんは
    どうか聞いていただけますか個人的なお話を、、、
    わたくし、ご近所の、子同級生母から最近、実は初期乳癌であると告げられ、7月に判明、9月手術予定が10月、11月と後ろ倒している話を偶然会ったゴミ捨て場で聞き、
    でも元気にしてるから、また近々お茶しよーねーといつもどおりな様子で明るく言われて、私が戸惑ってしまっているところでありました。
    同級生12歳。下の子8歳。

    それ以上の話はまだよくわかりませんが、思いを馳せ勝手に苦しくなりこちらにお邪魔してしまった次第です。
    ご近所、という立場なりの寄り添い方を模索しているところです。
    先生の貴重なお話、ありがとうございます。
    読むことも過酷な気持ちになりましたが、しっかりと受け止め、ただ、聞く、聞き入る、相手が話したい時に、という存在になれたらなと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年10月16日 21:48
    私は弱虫なので患者さんが亡くなるのは耐えられないと思います
    来月から異動でどうなるか心配ですが頑張ります
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年10月21日 23:44
    皆様
    コメントありがとうございます。
    皆さんも大変な思いされてるとと思います。
    こちらに関しては思いが深いので、あえて返信せず、私個人の感覚でただ発信させて頂くのみの形で対応させて下さい。
    申し訳ありません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年10月22日 18:27
    毎回貴方の日記を読ませて頂いて、全部の先生が貴方のような「主治医」だったらと、心から思っています。

    妹は「再生不良性貧血」でした。 危篤になった時に面白そうに見に来た研修医
    母が膵癌で予後が悪いのにも関わらず切った外科医
    私が子宮に異形成を持っているのを知った時に「子宮を取ればいいんだから」と言い放った産婦人科医

    この三人だけは未だ心の中で許していません。

    「驚き・反発・諦め・受け入れ」の4つが癌患者にあると聞いています。

    患者に寄り添い最期まで向き合う貴方を尊敬します。

    返信は勿論要らないです。

    ご自愛下さいませ。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年10月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031