ホーム > mixiユーザー(id:64413619) > mixiユーザーの日記一覧 > 父の言葉

mixiユーザー(id:64413619)

2018年04月15日23:21

430 view

父の言葉

「731部隊」隊員らの実名開示
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=5072114


このニュースが掲載されてすぐ89歳の老父に読んで聞かせました。
父は、昭和18年に自ら志願して14歳で特年兵として海軍に入隊してます。

父の父である祖父は、息子であった父が軍需工場に行く事が無いようにとお寺に弟子入りするように手続きをしていたそうです。親ならば、我が息子の事を思いそうした祖父の行動も正しかったと私は思います。

今の中学生の年齢である当時14歳の父は、佐藤紅緑の「あゝ玉杯に花うけて」を読んで、自分が進むべき道は兵隊だと思い、役場から書類もらって来て、父親の印鑑を勝手に押して親には内緒で書類を出し、試験に合格してから、両親に話して、ずいぶん怒られたそうですが、最後に祖父が、生きて帰って来い、とそれだけ言って出征の時は紋付羽織袴で見送りに来てくれたそうです。

海軍に入隊し、航空隊の通信隊の隊員として従事した父が今でも忘れないのは、マリアナ諸島から送られてきた電文で、「只今より総攻撃をかける、援軍を送れ」だそうです。

通信文ですから、本来なら暗号文で送られてくるのが、もう暗号ではなくそのままの平文と呼ばれる状態のまま送られてきて、どれほど、その状況が厳しいものかは手に取るほど分かったそうです。

父はその時苦しくて悲しくて空しくて、何とも言葉に出せない状況で応答が出来なかったそうです。ただただ涙を流していたら、上官から、軍人男子たるもの人前で泣くでない、前線で闘っている者たちの事を思えば内地におるものが泣いてはならぬ、応答せぬか、と言われたそうです、しかし、その上官も帽子を深くかぶって顔を隠してたけど、泣いてたそうです。

当時の日本軍には送れる援軍も無く、なす術一つ無い状況で、父は自分が現地で戦ってる人達を見捨ててしまったような気持になったそうです。なんでもない単なる蟻のような一兵である自分が電文を受けておきながら、上官に伝えるだけで、何もできない自分が腹立たしくもあり、悔しくもあり、情けなかったそうです。ただその時の救いは、上官が、電文をきちんと受け取った、それだけでよい。と言われた事だそうです。それでも大きな大事な物を置いてきてしまったような気持がしていたそうです。

その後、終戦になり帰郷し、地元の印刷屋で働いていた時、警察予備隊としての自衛隊の前身が出来た事を聞いて、戦争中の大きな大事な置いて来たものを取りに行かねばと、警察予備隊に志願して入隊したそうです。

戦争に出征する時は、父親に怒られて、今度、警察予備隊に入る時は、母親からせっかく助かった命をお前はなんと思っとるのか、と、ずいぶん叱られたそうです。

今の父に言わせれば、置いてきた大事な物は取り戻せてはいない、大した出世は出来なかったけど、自衛隊で働けた事は良かったと思う。ただ、14歳で入隊した一番年下の自分でも89歳、今回の部隊の人達は、防疫隊員だったからたぶん自分達より年上の人達だから、もう鬼籍に入った人が殆どだろうけど、その方々も生きてた間、現場で救えなかった多くの命を思いやって生きてたと思うし、また、森村誠一さんの小説が出た頃、きっと、違う、違うって心の中で叫びながら過ごされてたと思う。そうした人々も戦争被害者であることを忘れてはいけないと。

そんな実名が出たら悲しいねぇと言って今夜は寝ました。
50 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年04月16日 00:18
    平成のインパール作戦の現場はいかに...
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年04月16日 01:01
    この日記を拡散したいのですが、よろしいでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年04月16日 11:10

    731部隊のニュースにさし当たって
    お父様から聞いた話と言うよりも
    かねてから様々な体験談を聞いてきたとお見受けします…
    是非、後世に語り継いでいけるようにして下さい
    (既にこの日記もその一つですが(笑))

    ワシは、訳あって祖父母と暮らした時間が長かったから
    戦争体験は数々聞かされて育ったけど
    時間と共に殆ど忘れてしまいました…
    記録しておけば良かったと後悔しています
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年04月16日 16:01
    私の大叔父もレイテで艦長とともに沈みました。母方の祖母はその話をしていた時に涙を流しました。他の大叔父も特攻隊に行き生き残って戦後の日本の為に尽くしました。そういう祖父母世代を踏みにじる行為に憤りを感じます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年04月16日 16:26
    ウチの父方の祖父は工兵として南方にいって、捕虜になって帰ってきました。
    それでも国への恨み言は一切言わなかった。
    決してこういう人たちをゴキブリ扱いしたらアカンのです。実名晒しなんて何考えてるのでしょうか。
    どうかお父様によろしくお伝えください。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年04月16日 16:39
    初めまして!マイミクさんの日記拡散から来ました!
    私の父は生きていたら今年で100歳、海軍航空兵として偵察機に乗りシナ事変に参戦しました!
    お父様の貴重な体験とご意見、とても参考になりました!

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年04月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

最近の日記

もっと見る