ホーム > mixiユーザー(id:58987127) > mixiユーザーの日記一覧 > 息子に殺される程度の母親だったのでしょう

mixiユーザー(id:58987127)

2018年01月13日11:14

267 view

息子に殺される程度の母親だったのでしょう

母親殺害容疑で25歳男を逮捕
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=4941119

母親を擁護する意見を書いている人たちは、発達心理学というものを勉強した方がいい。

通常、親からまともな愛情と教育を受けた子が、刃物で親を殺傷することはない。つまり、容疑者の男は、まともな愛情と教育を受けていない可能性が極めて高いことになる。

そうであるならば、今回の事件はこのような人間を育ててしまった母親にもいくらか責任があるわけであり、単純に被害者の立場とは言えないことになる。

殺人を犯してしまった息子には被害者としての側面もあり、逆に殺された母親には加害者としての側面があることを考慮しなくてはならない事件だと私は思う。
5 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月13日 11:27
    私は血縁者から30年間虐待されてきました。
    息子も虐待されてきました。
    なので、母親を殺してしてまう彼の気持ちがわかりますね。
    だからこそ、私は息子に出来るだけの愛情を注いでいるつもりです。
    中々難しい問題な様に感じますが、親が子供が辛い時に辛かったねと、抱き締めて、悲しい時も、抱き締めて、出来る事が増える度にありったけの笑顔で褒める、そして、貧しくても、笑の絶えない食卓であれば、きっと健やかに子供は育つはず...

    私が血縁者にされたかったことです。
    それを私は思春期の息子にしています。
    流石に抱き締めることは、よっぽどでは無い限り無いですがね...苦笑
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月13日 13:50
    > mixiユーザー 

    親が子に注ぐ愛情が、子供の人格形成、ひいては子供の一生を左右するという事実が体系化され、学問として世に出回ってから20年以上経ちました。しかし、いまだにこうしたものを勉強しようとせずに、問題行動や犯罪を起こした者だけを非難の対象とする考えが蔓延っています。当然、この類の人間は、自分の子に正しい愛情を注ぐことができず、子育てを失敗させる可能性が高いことは言うまでもありません。

    表にあらわれた結果だけに目を奪われ、その背後に存在する原因を見極めようとしない人間が多数を占めている以上、こうした現状は今後も改善されることはないのでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月13日 13:52
    > mixiユーザー 

    こんにちは。
    サイコパス等の例外を除き、まともに育てられた人間が親を刃物で殺すことはまずないと思います。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する