ホーム > mixiユーザー(id:5252059) > mixiユーザーの日記一覧 > 最低のカスゴミ

mixiユーザー(id:5252059)

2018年07月13日09:31

448 view

最低のカスゴミ

安倍ちゃんが遅いだの、パフォーマンスだのと言ってる連中は、これどう?


■フジ「Mr.サンデー」取材班が助けを求める人を撮影し続け見殺し 溺死寸前で叫ぶも無視
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1973244.html

・ミヤネ屋でも司会をする宮根誠司氏の番組
物議をかもしているのは、2018年7月8日(日)22:00から放送されたフジテレビの生放送番組「Mr.サンデー」。この番組は「ミヤネ屋」などのワイドショーでも有名な宮根誠司氏(55歳)が司会進行を勤める番組。その放送のなかで、あまりにも残虐すぎるシーンが放送されたのだ。

・じょじょに沈み続ける自動車
豪雨により発生した洪水に流される自動車に、ひとりの年配男性が乗車しいた。じょじょに沈み続ける状態で、このままだと溺死は確実。そこにひとりの男性が現れ、「窓開けて!」「窓開けて外に出ないと危ない!」と叫びながら自動車に駆け寄り、ドアを開けようとするものの、水圧により一人の力では開けられない。

・非人道的な見殺し行為
ひとりでは空けられないことを理解した男性は「誰かー!」と、取材班のほうを向いて叫ぶものの、カメラマンを含む取材班全員が無視。たんたんと沈んでゆく自動車を撮影し続けるだけだった。

この件に関して、多くの視聴者がブチギレ激怒。インターネット上でも非人道的な見殺し行為として強いバッシングの声があがっている。

・日本中から怒りの声
このあたりは流れが穏やかで、沈みゆく自動車から救出さえ出来れば、年配男性の命は助かる状況。近くにいた取材班も、助けに行くことは容易に可能だったといわれている。

取材班は「衝撃的な映像」を撮ることを優先し、人命は二の次であることがわかる映像だけに、日本中から怒りの声が噴出している。皆さんは、この出来事をどのように考えるだろうか。
http://buzz-plus.com/article/2018/07/10/miyane-mr-sunday-news/



■愛着の家「つぶすしか」=先行き見えず、岡山・真備の住民不安−西日本豪雨
(時事通信社 - 07月13日 06:00)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=5198198
7 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月13日 09:39
    本当にマスゴミですね・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月13日 11:01
    ミヤネ屋はもう撤退したほうがいいと思うよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月13日 13:24
    話題の日記からきました。
    実際の映像を見ましたが、車の窓から年配の男性を救出できていますね。
    助かって本当によかったと思います。

    年配男性が自分の親族ならどうしたのか、
    それでも取材をしている人は手助けしなかったか、というのはなかなか難しい問です。
    もし親族がいるような土地なら親族が心配で取材など行く状況ではなかったでしょう。
    実際問題としては、
    救助しているこの男性も胸のあたりまで水がきていて、
    このお方も流される危険性が大きかったと思います。
    結果的にはふたりとも無事でしたが、車が流される水流ですので、
    かなり危険な状況でした。
    こういう状況では、救助のプロがきちんと命綱をつけて組織的にやるのでない限り、
    シロウトさんは手出しをしないのが原則ではないかと思われます。
    もし救助したほうが流されたら、何にもなりません。

    じゃあ見殺しにしろっていうのか?
    …その通りです。
    わたくしは東日本大震災で一番たくさんの人間が亡くなった土地に住んでいますが、
    目の前で流されて沈んでいく人たちを助けようとして飛び込んで流されたという方々が
    たくさんいます。


    大きな災害のときは、自分が助かるのが大事なのです。
    「自分の安全を保ちながら確実に相手を救助できる」の出ない限り
    自分以外の命を助けることは不可能なのです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月13日 15:17
    横から失礼します。
    私もあのTVを見ました。救助された方もした方も助かって結果的には良かったですが、二次災害になるのではと思いました。救助された老人は、なぜいつまでも(のんきに)車に乗っていたのでしょうか。自分はあそこまで車が浸水する前に降りようと思わせる映像でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月13日 16:40
    他の方が書かれている素人判断で助けに入ることによる二次災害云々というのももちろんですが、報道には報道ができること、報道にしかできないことというのがあります。
    人の命が危機に晒されている状況に直面してカメラを回し続けることに心が痛まない人間はおそらくいません。でも、彼らにとってはそれが「災害の中で果たすべき役割、職務」であることも考慮すべきではないかと考えます。
    感情的に「職務を投げ出し人命救助」というのは美しいですが、みんながそれをやると社会システムは麻痺します。戦場カメラマンがカメラをほっぽり出して銃を手に取り敵と戦うことは「正しい」ことではありません。
    感情的な炎上に安易に油を注ぐのではなく、こういう時こそ俯瞰的な視野と冷静な判断が必要だと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月13日 21:07
     原則は、「安全(人命)は全てに優先する」だと思います。
     報道の自由・使命はもちろんありますが、人命救助より優先されるとは思えません。
     その番組も見ていないので軽々には言えませんが、二次被害の可能性や救助の可能性等、ケースバイケースではないでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月13日 21:26
    私個人は、助けないとかあり得ない!などとは言ってません。彼らはなぜ、この状況で被災地に行くのか。報道ヘリで声が聞こえず救助できなかった事例も数多あるし、落ち着いてない状況でいくと、要救助者が増えて邪魔になる可能性も高いのに、毎回、行く。あの映像を求めている視聴者って多いの?冠水道路に突っ込んだ軽が浮かんでいるのは途中でカメラ外してましたが
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月13日 22:22
    画像初めて見させて頂きました。 若い男性のお陰で助かって良かったですが
    マスゴミはいい絵が欲しいが為に人命救助は致しません。 日本人なんてタヒねば良いのにとしか考えて居ないのでしょう。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する