ホーム > mixiユーザー(id:514527) > mixiユーザーの日記一覧 > 確信犯に肩を持つ者たちが話をややこしくさせている

mixiユーザー(id:514527)

2018年10月10日11:45

125 view

確信犯に肩を持つ者たちが話をややこしくさせている

高校は現時点において義務教育には含まれず、また学区のような区割り制度もない。なのでどのような校則なのであるかを事前に調べてから受験をすることができる。ところが元生徒なる者は「すでに定められていた校則」を無視した確信犯であると共に、自身の行為に対しての責任を認めず異議を唱えたというとんでもない人物である。

このような人物の声は本来は打ち捨てられて終わりであるが、校則破りの確信犯を擁護しようとする「不穏分子」の登場によって話がややこしくなってしまってる。


■「黒染め訴訟」が波紋=時代遅れ校則を廃止−大阪の府立高校
(時事通信社 - 10月10日 05:30)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=5324384
1 7

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年10月10日 19:52
    まあ、細かい文句はありますが、高校も、なんなら大学もあまり意味はないのだ。
    とりあえず、生徒は型にはめておかないと、以後の段階で面倒くさいわけだ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年10月10日 19:57
    たとえば、完全変態さんのような、ろくな学歴のない人が、一応生存しているのはいいとして、国家の基本的なシステムにまで言及して、snsなどで文句を言っているのは、たいへん迷惑なことなのだ。
    一般市民は野球とか相撲とかの結果とか、芸能人のゴシップでも追っていればよいのだ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年10月10日 21:51
    ニュースより失礼します。親の金で訴訟起こしてでも髪を茶色にしたいのですね。成人が18に引き下げられる事ですし、一人前になって大人の庇護から外れてから思う存分やれば、誰にも注意されないですよ。寧ろ早く一人前になって一緒に税金払って欲しいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年10月11日 12:03
    学歴偏重、敷いては肩書重視は日本社会の特徴のひとつですが、高学歴であっても馬鹿が馬鹿であることに変わりせん。ただ最近では何でもかんでも「個性として主張」したがる傾向があるので、馬鹿も個性のひとつとして見做せるかもしれません。「馬鹿は死ななきゃ治らない」との言葉があるようにその人の一生についてまわり、他の人を失笑させることになるので、馬鹿にも生存権はあると言えるでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年10月11日 20:11
    それがですね、偏差値40くらいの中学生は行ける高校と言ったらブラック校則のある底辺高校しかないんですわ。喫煙に暴力、風俗でバイト、退学者年間二桁、やはり規則は厳しくしないとね。なんせ猿山ですから。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年10月11日 21:22
    会社もそうですね。バカ会社ほど、指示通り動くのが基本。厳しくやらないとどうにもならないところがある。こういう環境でのやりがいは、ベルトコンベア作業の仕事をいかに効率良くこなすか、などという刑務所の労役と同じ。
    いくらかよい会社だと自分の裁量とかもきくので、自由さと、それなりの高度なやりがいのようなものもありますが、でもまあ、結局は雇われ人。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年10月12日 01:10
    ああ、そうなのですか。刑務所体験者ならではのお話ですね。

    ただ私が聞いた話では、社会に出て役立つ技術を身につけるための労役が主体とのことでした。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する