ホーム > mixiユーザー(id:5062723) > mixiユーザーの日記一覧 > Youtubeで人生を学ぶ

mixiユーザー(id:5062723)

2018年01月14日11:21

35 view

Youtubeで人生を学ぶ

サパから戻ってしばらくして毎年恒例の風邪がやってきた。熱はないと思うが喉が腫れ、頭がクソ痛く、ひたすらだるい。こんなときに活躍してくれるヒートテックがハウスキーパーの洗濯後消失し防寒に苦戦。返せよ、クソ。

毎日仕事を定時で上がって風呂も入らず9時に寝て、翌朝風呂に入って出勤というのがここ数日のパターン。そんな訳で週末は自宅待機。相方は両親が喧嘩し母親が家出しており実家に帰省中。

正直なところ飽きてきているユーチューブにお世話になっているところ。あまりにもバラエティやら民法番組のアーカイブが退屈すぎて昔のNHK特集のユーラシアの歴史モノを見ている。

現在のアフガニスタンにある古代ギリシャの都市の遺跡にまつわる話でそこから出土したギリシャの格言の碑文。

子供の時は礼儀正しくしなさい
青年になったら情熱をおさえなさい
大人になったら公平な人になりなさい
老人になったらよい助言者になりなさい
死ぬ時に悔いることのないようにしなさい

こんなにシンプルで心に響いた言葉は久しぶりだ。自分を含め昨今の人間の生き様がなんとこれに当てはまらないことか。

子供の時は礼儀正しくしなさい→ベトナムではスーパーで走り回るガキがぶつかってきても逆に睨まれる。こちらも倍睨み返してるが。

青年になったら情熱をおさえなさい→これは感情的になるな、自己中心的になるな、ということだと解釈しておく。情熱そのものは悪いものではない。

大人になったら公平な人になりなさい→ベトナムでは金儲けしか頭になく欲望丸出しで政府に媚びてます。

老人になったらよい助言者になりなさい→日本の独居老人にこんな要求は酷でしょう。反面教師にしかならん。

死ぬ時に悔いることのないようにしなさい→先端科学は美容整形な遺伝子の研究など不老不死にむかってまっしぐら。死ぬことが最大の恐怖だということをおくびにも隠そうとしない。

今の世界は科学の進歩のせいなのかむしろこの紀元前の格言と反対に本能のまま欲望のまま、自己欲求最優先になってしまった。自分ももちろんそういう部分はあるが、俺はその昔論語を読み、人に対してむやみに無礼でいることはない。相手が先にしかけてこなければ。イギリスでは赤の他人に対する最低限のマナーも学んだし、仕事もなるべく公平にしてきたつもり。露骨な好き嫌いは部下には見せてないし、多少なりとも厳格と思われてもいた、はず。

それでもなお、この古代人の格言が心に刺さるのである。痛いほど刺さるのである。でもどうも今の社会ではこの言葉は誰も見向きしないものになってしまったように見受けられる。

俺は死を受け入れよう。その時が来るまで後悔のないようにまっとうに生きようと改めて思ったのでした。Youtubeたまにはえらい。NHKもっとえらい。ギリシャ人、すごい。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する