ホーム > mixiユーザー(id:5031387) > mixiユーザーの日記一覧 > 会いたくても会うことができないあなたへ(再掲)

mixiユーザー(id:5031387)

2018年07月11日09:42

481 view

会いたくても会うことができないあなたへ(再掲)

2年前に年齢制限でドナー登録を卒業するまで年2回届いていた
骨髄バンクの機関紙に掲載されたレシピエントのお話。

***************************

 夏もそろそろ終わりの気配となり、また秋が来ますね。この空が、大地が、
あなたのいる所まで続いていることを思うといても立ってもいられない気持ちに
なります。
 お元気でいらっしゃいますか?

 2008年初夏に突然、余命1年を告げられた私は、その現実に頭が真っ白に
なりました。正常な血液がほとんど造られていない骨髄異形成症候群という
難病でした。
 「なぜ私が?毎日のランニングが日課で、健康を疑うことなく、体力には
絶対の自信があったのに!」絶望が底を打った時、生きることだけを考えて、
どんなにつらくとも病気と闘う決心が固まりました。
  治療法はただ一つ、骨髄移植でした。

 骨髄移植は、白血球の型が一致したドナーから血液のもととなる細胞を
いただかなくてはなりません。兄弟姉妹で合わなければ、他人と一致するのは
気の遠くなるような確率です。

 骨髄バンクで、当時30万人の登録ドナーの中で、一致したのは4人。
その中であなただけが提供のための確認検査を受けてくださいました。

 毎日祈るしかありませんでした。入院中の病室に、あなたと家族の最終同意を
いただいたというFAXを持って主治医がかけつけてくれた時「私は生きられる」と
泣き崩れました。その時のことを思い出すと今でも涙が出ます。
 あなたとこの世の全てにお礼が言いたい気持ちでした。

 移植の当日、あなたの元へ主治医が取りに行ってくれた骨髄液は、
点滴バックから一滴一滴落ちてくるたびに、私に命をふきこんでくれました。
体中が温かくなりました。

 あなたのおかげであれから6年たった今も元気でいます。私は奇跡的にあなたに
助けていただきましたが、病院にはドナーが見つからず病気と闘っている仲間が
います。
  仲間のためにも一人でも多くの人に骨髄バンクに登録していただけるよう、
骨髄バンクの説明員として活動しています。
幸せなことに毎日忙しく過ごしております。

 こうして日常を送っていて、もしかして、どこかであなたとすれ違うかも
しれませんね。
その時、あなたと同じ血が流れている私は、何かピピッと感じるものがある
のでしょうか。
そんな瞬間に出会えたらうれしいです。助けてくださってありがとうございます。

 いつもあなたと、ご家族の健康と幸せを心から願っています。

****************************

見知らぬ恩人に一生感謝していくのでしょう。

掲載されていた機関紙は下記URLで見ることが出来ます。
 骨髄バンクNEWS vol.45 5ページ目
 http://www.jmdp.or.jp/documents/file/07_about_us/banknews/vol45.pdf

吉井怜、骨髄移植から17年経過「感謝しかない」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=8&from=diary&id=5195053
33 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月11日 21:52
    初めまして、話題の日記より参りました。

    私の妹は30年以上前に亡くなりました。
    病名は再生不良性貧血です。
    私とは合わず当時血随バンクすら無く
    一時しのぎの新薬での治療でした。

    軽く体の一部をぶつけただけで内出血

    15年以上も病院内での生活
    青春も無く27でこの世を去りました。

    他の方のドナーにもなれない私ですが

    多くの方の命の繋ぎを妹の分までありがたく思います。

    ドナーの皆様ありがとうございます。

    失礼致しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月11日 23:29
    > mixiユーザー 

    コメントありがとうございます。
    お辛い過去を思い出させてしまい申し訳ありません。

    この手記を書かれた方のように、誰にでも
    いつ降って掛かるかわからない病なのだと思います。

    自分や自分の身内がそんな不幸に見舞われた時、
    親族間で救いきれるとは限りません。

    誰かの救いを求める可能性があるならば、
    自分も誰かの助けになっていたいと思うものです。

    金も知恵も出す事は出来ませんが、唯一財産である健康だけは維持し、
    条件の許す限り献血だけでも続けていこうと思っています。

    献血会場でいただいた冊子にこんなレシピエントのお話がありました。

    ******************************

     「『助ける』じゃなく『助け合う』気持ちを」

     2年前急性骨髄性白血病を発症した自分は、抗がん剤治療とたくさんの
     輸血によって「普通の生活」を取り戻すことができました。
     その後、ぜひ恩返しがしたいと思って献血バスを訪ねたのですが、
     そこで初めて 「輸血を受けた人はもう献血が出来ない」という事実を知り…
     もっともっと献血しておけば よかったと心から思いました。
     社会というのは一方通行の「助ける」じゃなく、「助け合い」の輪で
     成り立っています。
     恩を返したいと思っても、それができなくなるときもある。
     「いつか」じゃなくて、「いま」じゃないと 間に合わないこともある
     ということを、ほんの少しだけ心に留めて置いてもらえたらなと思います。

    *******************************

    自分自身、いつ誰の助けを必要とするかわからないから
    今出来ることはやれる限りやっておきたい。

    一人でも多くの患者さんが救われてほしいと願っています。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する