ホーム > mixiユーザー(id:4521611) > mixiユーザーの日記一覧 > 『 朝露のぼくの命よ今日に在れ 』TAO交心st0601

mixiユーザー(id:4521611)

2015年06月08日18:13

271 view

『 朝露のぼくの命よ今日に在れ 』TAO交心st0601

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ TAO交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




フォト





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

俳句ブログランキング

★ ありがとうございます。






★ TAO交心st0601

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

朝露のぼくの命よ今日に在れ


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 芽人さん、
 深遠な交心をありがとうございます。
 ひとつ一つ共鳴共振します。
 そうでしょうね、そうでしょうね・・・



 光を分析するとその光が何十億年前の光か読み込めるそうですね。星誕生時の光が識別できるそうです。粒子とも波動とも計り知れない光の中に宇宙誕生の情報だって秘めているというのですから光というのは摩訶不思議です。
 ぼくの掌に100億年前の光が載っている。10万年前の光も載っている。電波も脳波も載っている。不思議なことですけれど、この宇宙の全ての今ここがぼくの掌に載っている。そう思えば、この卑小な自分が神のように広大無辺なものにも思えてきます。
 そしてその卑小なぼくには自分の体の一部分だって創造できない。ならば広大無辺な神もこの宇宙を設計することはできないでしょう。ぼくと同じくらい神も無力のようです。
 にもかかわらず、この宇宙もぼくという命も何かある法則通りに創られ、この地球は地球であり、太陽は太陽なのです。60兆個の細胞でできているぼくはぼくであり、ぼくの一つの細胞からはぼくというクローン人間しか作られない。ぼくの遺伝子からはガストさんのクローンは作れないのです。目に見えない微小な一個の遺伝子の中にぼくという宇宙を作りだす設計が仕組まれているのですね。
 全ての物は仕組まれていて、その設計通りに存在し、流転する。
 何者かによって設計されたのでしょうけれど、その何者かも初めの設計をもう変更することはできないようです。
 日本国憲法は改変することができるけれど、宇宙の法則は改変できない。
 改変できないけれど、宇宙の全貌はまだ解明されていないのです。
 その宇宙の法則の全貌を解明できる能力を持っているのはこの地球上では人間だけのようです。
 別の天体には別の宇宙の法則を解明する能力を持った何者かが存在するのでしょう。人間より遙かに高度な能力を獲得していてこの地球にも往来しているのかもしれません・・・
 人間の思考能力というのは何処まで開発されるのでしょうね。
 思考能力が磨製石器を作り、稲作を考え出し、蒸気船を造り、核兵器を作りだし、ナノの世界を開拓しています。その内宇宙遊泳するような存在が出現するのかもしれません・・・
 夢観る力は夢を実現する力にもなっていくのでしょうね。
 念ずれば花開く。
 花開けばそれが神の仕業なのでしょう。
 サムシンググレイトの仕業が花なら、ぼくという花を咲かせるぼくもサムシンググレイトの一つと云えるのかもしれません。

 夢観る力は夢の花を咲かせる。
 胡蝶の夢でも、楽しく、大きな夢の花を咲かせましょう。



 良寛歌0942 あわ雪の中にたちたる三千大千世界またその中にあわ雪ぞふる



 朝露のぼくの命よ今日に在れ   旅仁


 明日のぼくは明日は在りや



 ぼくの夢見たことありや揚羽蝶   旅仁


 今のぼくこそ揚羽蝶の夢



 お休みなさい、好い夢を



★★★ めぐり逢い良寛さんzt0301『 夏の夜は心に星を抱きませ 』st05 への交心です。 ★★★
 



 > 良寛歌0595 いにしへを思へば夢か現かも夜はしぐれの雨を聴きつつ



 今ここの良寛さんは、時雨の夜、雨の音を聞いています。
 雨の音を聞く時の流れの中に居て、心は過ぎ去った在りし日のことを回想しています。


 ・・・あの日々はもう今となっては夢のようなものなのか・・・あの日々が充実した実の世界で、ぼんやり雨の音を聞いている今は夢のようなものなのか、・・・
 いずれにしても夢となって消えていくものだろうけれど、今ここのこの時雨の音が誘う心はゆったりしみじみ寛いで、みちおうち、ここが浄土なのだろうね・・・



 >良寛歌1172 蚤虱ねをたてて鳴く虫ならばわがふところは武蔵野の原
 >良寛歌1173 蚤虱わがふところに鳴くならば聞く人ごとに武蔵野といふ
 >良寛歌0000 蚤虱音に鳴く秋の虫ならばわがふところは武蔵野の原



 蚤や虱がぼくの懐の中で、声をだして鳴いているよ。その声が聞こえてくるとぼくの胸は武蔵野の原になるんだよ。きみにも聞こえてくるかい・・・
 その泣き声が秋の虫に聞こえてきたら、きみにもぼくの胸が武蔵野の原に見えてくるだろう・・・
 念じれば、ぼくらは何処の世界にでもいることができるんだよ。
 余命のひととき、好きな所を逍遙して、しみじみいのちの自然を分かち合おうじゃないか・・・



 > 蚤虱馬のばりこくまくらもと   芭蕉





 今ここを共に泣かんか蚤虱   旅仁


 この同じ時きみと分かたん



 短夜を良寛交え語らんか   旅仁


 古人の時空手繰り寄せけん





フォト






★ めぐり逢い良寛さんst0802

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

今ここを共に泣かんか蚤虱

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

俳句ブログランキング

★ ありがとうございます。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ めぐり逢い良寛さんzw1402『 天に辛夷空っぽになる心かな 』sw14 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 青のくさみ交心sx2901『 花燃ゆるただわれ夢中時燃ゆる 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する