ホーム > mixiユーザー(id:4317914) > mixiユーザーの日記一覧 > コミックマーケット初訪問!(長文注意) (1/3)

mixiユーザー(id:4317914)

2017年01月03日14:35

44 view

コミックマーケット初訪問!(長文注意) (1/3)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

フォト

 平成28年(2016年)12月31日(土)、は、略称「コミケ」こと「コミックマーケット」解説)に初めて行って来ました。コミケは年2回、夏(8月)と冬(12月)とに行われ、開催回数は91回目ですので、「略称『c91』こと『コミックマーケット91』」の回になります。結論から先に申せば、同人誌スペースの会場で池島炭鉱の写真集を販売しているサークル参加者の方がおられ、そのような出展者がおられることを事前に予測していなかった炭鉱マニアにとっては、「おお!」というサプライズ的な大感動でした。その一事だけでも行って良かったと思うのですが、そこは最後に立ち寄ったブースですので順番としては最後にして、最初に回った企業スペースから記録に残しておきます。

 コミケとは、世界最大規模の同人誌即売会であり、企業参加者が出店する企業スペースもあります。GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えりのテレビアニメ版で、伊丹耀司があれ程執着していたイベントです。この作品については、後述します。

 コミケ初参加の超初心者の私が申すのは図々しいですが、私の身の回りではコミケを知らない方も散見されるため、コミケに詳しくない方のために会場も伝えれば、東京お台場東京臨海副都心(愛称:レインボータウン))にある東京国際展示場(愛称:東京ビッグサイト)です。

フォト



1.会場の住所
(1) 東展示棟:東京都江東区有明3-10-1
(2) 西展示棟:東京都江東区有明3-11-1
2.交通・アクセス
(1) 東京臨海高速鉄道りんかい線国際展示場駅から徒歩
(2) ゆりかもめ国際展示場正門駅から徒歩
(3) 水上バス・東京都観光汽船有明客船ターミナルから徒歩
(4) 水上バス・東京水辺ライン有明客船ターミナルから徒歩

 まず、行ってみての最初の所感は、入場する際に入場料を支払うと思っていましたが入るだけならば無料だったため、主催者が会場代等に支払うコストに鑑(かんが)みれば、同人誌スペースの情報が満載有料カタログを買っておかなかったことを、申し訳ないと思って反省したことです。は企業スペース狙いだったため無料の企業スペースカタログを配布完了前に入手し損ねた時点で有料のカタログは買わなかったのですが、自分が楽しむためにも主催者のコスト負担に協力する必要があったのではないかと、後悔した訳です。

 今回のコミケでは、名古屋徳川園解説,  地図)も出展していたので、元名古屋市民としては訪れたかったのですが、探すことに失敗して辿(たど)り着けませんでした(涙)。

 冒頭で述べた「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」は、私のお気に入りのラノベ(ライトノベル)の中の一つで、アルファポリスから出ているものですが、残念ながら、私のニーズに合う商品を展示するブースは見つけられませんでした。

【動画配信】→ 【ニコニコチャンネル・アニメ】GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

【動画配信】→ 【ShowTime】GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

フォト

 写真はKADOKAWAのブースです。KADOKAWAのブースでは、ブレイブウィッチーズや、Re:ゼロから始める異世界生活等の関連商品が売られていました。

【動画配信】→ 【ニコニコチャンネル・アニメ】ブレイブウィッチーズ

【動画配信】→ 【ShowTime】ブレイブウィッチーズ

【動画配信】→ 【ニコニコチャンネル・アニメ】Re:ゼロから始める異世界生活

【動画配信】→ 【ShowTime】Re:ゼロから始める異世界生活

 お気に入りのアニメ・ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンは原作はKADOKAWAの電撃文庫から刊行されているラノベで、放送終了した直後なのですが、KADOKAWAのブースには関連商品がありませんでした。私が最も好きなラノベは魔法科高校の劣等生であり、KADOKAWAの電撃文庫から刊行されているのですが、恐らくは過年度に放送終了した作品だからであろうと推測する理由のため、KADOKAWAのブースには関連商品がありませんでした。他のブースにはありましたので、後述します。同様に、過年度に放送終了したためと推測可能な理由で関連商品が無かった、私が大好きな電撃文庫の過年度の作品の中の1つは、灼眼のシャナです。

【動画配信】→ 【ニコニコチャンネル・アニメ】ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

【動画配信】→ 【ShowTime】ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

【動画配信】→ 【ニコニコチャンネル・アニメ】灼眼のシャナ

【動画配信】→ 【ニコニコチャンネル・アニメ】灼眼のシャナII

【動画配信】→ 【ニコニコチャンネル・アニメ】灼眼のシャナIII -FINAL-

【動画配信】→ 【ニコニコチャンネル・アニメ】劇場版 灼眼のシャナ

【動画配信】→ 【ShowTime】灼眼のシャナ

【動画配信】→ 【ShowTime】灼眼のシャナII

【動画配信】→ 【ShowTime】灼眼のシャナSP「恋と温泉の校外学習!」

【動画配信】→ 【ShowTime】灼眼のシャナS

フォト

フォト

 上の写真は、ANIPLEX((株)アニプレックス)のブースです。私が最も好きなラノベ「魔法科高校の劣等生」は、上述したとおりKADOKAWAのブースにはありませんでしたが、アニプレックスのブースに展示がありました。私は、平成29年(2017年)初夏に公開予定の、劇場版「魔法科高校の劣等生」前売券セットを買いました。

【動画配信】→ 【ニコニコチャンネル・アニメ】魔法科高校の劣等生

【動画配信】→ 【ShowTime】 魔法科高校の劣等生

 アニプレックスのブースでは、「はいふり」こと「ハイスクール・フリート」の展示も行われていました。この作品はアニメ聖地巡礼による地域観光産業振興の見地からは神奈川県横須賀市が舞台になっていますので、神奈川県民のはしくれとしても、地域産業振興を研究テーマとする経営学徒としても、私にとっては大好きな作品です。

【動画配信】→ 【ニコニコチャンネル・アニメ】ハイスクール・フリート


→ 次の日記

→ 当日記のブログ版

2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する