ホーム > mixiユーザー(id:2760672) > mixiユーザーの日記一覧 > K-01 と FA28-105pz

mixiユーザー(id:2760672)

2017年01月13日09:39

94 view

K-01 と FA28-105pz

 リサイクルショップで FA28-105/4-5.6pz を見つけてしまった。このところ常用している便利ズーム Tamron28-105/4-5.6 とほぼ同スペックだが大きく重い。 Takumar-F 28-80 が意外に良かったので「もしかしたら」と 500円で購入。 

 とにかく重い。0.5kg オーバーは私の感覚では限界に近い。どうもあまり使ってもらえなかったレンズのようで、58mmの綺麗な純正Fキャップが付いて PowerZoom のスイッチも無事だった。K-01 のマウントにも pz対応接点があるのだけど、何故か pz は使えない。どうやらペンタックスにも超音波AFのレンズがあって、現在はそれ用に役割変更されたらしい。

 余談だけど、Kマウントはフランジ面に接点が並んでいてコストを押し上げている。この手の接点の行き着く先はシリアル通信だと思うけど、それまではこの負担を続けなければならない。サードパーティにとっても有り難くない仕様だろう。 Kマウントの未来がどうなるのか知らないが、いつか全く新しいマウントに移行する時は、是非パテントを公開してユニバーサルマウントにして頂きたい。 Linux で動く一眼があったら面白かろう。

 撮ってみるとタムロンそっくりで exif を見ないと見分けが付かない。ボケの傾向も良く似ていてちょっと崩れるようなボケかたをする。FAは普通のレンズ、タムロンは非球面& IF なんだが、この手の高倍率はみな似たような描写になるのだろうか。ただ細かく見ると FA は白いニジミが解像感を削いでいて、タムロンの方がシャープに感じる。逆光に対してはタムロンがフレア、FAはゴーストが出ることが多く、どちらもいまいちだった。

 一番の違いは近接撮影。 K-01 の AF のクセだと思うが、白いニジミの出るレンズはクローズアップで後ピンになる。タムロンなら普通に撮れる花が FA では必ず後ピンになった。マニュアルでなんとかピントを合わせても解像度が出ない。1週間ほど付けっぱなしで色々撮ってみたけど、結局小型で軽量で AF が速いタムロンに替えてまで使うメリットはひとつも無かった。うーむ。
0 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年01月13日 13:12
     最近ジャンク箱で見かけたもの:
    ○ XR Rikenon50/2。うちの m50/1.4 は余り気に入っていないので買ってみようかと思ったけど、何故か値札が付いていなかったのでパス。ジャンク箱だったからせいぜい800円とかかなぁ。ネットの噂ではカリカリに写るらしいが、かと言って 50mm の MF は滅多に使うまい。
    ○ Takumar85-200/4.5。Sマウントのひょろ長いズーム。1964の東京オリンピックに向けて作られたものだと思う。存在は知っていたがもちろん見るのは初めて。驚いたことに自動絞りだった。カビだらけで実用は難しいと思われる。
    ○ PrinzGalaxy400mm/6.3。かなり長さのあるレンズ。光学系は綺麗。ジャンク箱にあったペンタックスに付けて覗いてみた限りではシャープな感じに見えた。これもプラクチカマウントで自動絞り。ただしヘリコイドの回転方向が逆だった。 K-01 に付けると600相当かぁ..としばらく悩んだが、やっぱりやめといた。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年01月15日 12:48
    PrinzGalaxy400/6.3 は検索すると作例も見つかる。結構シャープだ。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する