ホーム > mixiユーザー(id:2760672) > mixiユーザーの日記一覧 > 日々草

mixiユーザー(id:2760672)

2016年07月13日11:12

95 view

日々草

 植木鉢を眺めていたら、日々草が花を開こうとしているのに気がついた。手持ちのレンズの最短をいろいろ試したけど、1センチくらいのつぼみを画面いっぱいにするのは容易じゃない。結局 m50/1.4+ヘリコイド接写リング最長でこの大きさ。撮影倍率で言うと等倍越えてるかも。

 そも現役時代はネオパン400を800に増感してスナップばかりしていたから、「こんなもの」は被写体たりえなかった。いやもちろんちゃんと撮ればモノクロだって奇麗なはずだけどね。 K-01 になって、被写体が限られる(子供とか撮りにくいし..)中で、やっぱり目につくのは花。カラー(当たり前だ)で撮るとなかなか奇麗なグラデーションが出る。

 花のアップは撮ってみると難しい。ピントはどこに合わせたらいいのか、露出はどうしたらいいのか、ライティング、絞り、焦点距離、バック、カメラホールド、etc、etc... 考えなきゃならないことが山ほどあって、知らないことばかり。実は m50/1.4 は近距離で二線ボケが出るレンズなのだけど、この倍率ならその心配も無さそう。それも勉強になったことのひとつ。

 ちなみにこの日々草は、5−6年前に買ったものが種を落として、毎年勝手に咲いているもの。我が家では雑草に準ずる扱いを受けている。
2 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月13日 11:18
     そう言えば APS-C サイズでの「撮影倍率」ってどう表すんだろう。文字通り撮像面での大きさを表すなら35mmと同じだけど、(鑑賞サイズを同じにすると)被写体は 1.5倍の大きさになる。はて。 APS-C で等倍で写したものは「35mm換算1.5倍」??
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月13日 11:50
     手ぶれ補正をどうしたらいいのか。この写真は焦点距離入力で100mmを選択した。そのうちいろいろテストしてみよう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月13日 16:37
     開花後の写真追加。丈夫でよく増えたくさん咲くのが取り柄の何の変哲もない花でし。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月15日 22:33
     ヘリコイド接写リングを実戦で使ったのが初めてであることに気がついた。このリングは開放測光に対応しておらず実絞りで使うのだが、例えば F8 くらいまで絞ったのでは一眼レフのファインダーはお手上げだ。それが!なんと!液晶ファインダーはいくら絞っても暗くならない!! いにしえのツールが初めて日の目を見た。これはリバースリングも同様。このつぼみの写真は F8 か F11 くらいに絞っているが、拡大機能のお陰でピントも困らなかった。ミラーレス様々だ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月15日 23:14
     カスタムメニューで SR を常時オンに出来るのを見つけた。望遠やマクロで威力を発揮するかも。これも液晶ファインダーならでは。

     そう言えば、撮像素子ぶるぶるタイプの手ブレ補正って、一眼レフの AF に不利じゃないかと思うのだ。だって AFセンサーはブレ補正されない不安定な映像を使って測距する訳でしょ。

     逆に液晶ファインダーの場合は、例えば AF アダプタ+ヘリコイド接写リングなんてーのが実用になる可能性がある。コントラストAFは光束が F8 だろうが F16 だろうが関係ない(と思う)。試してみたいが、AFアダプタはちょっと手に入りにくいようだ。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する