ホーム > mixiユーザー(id:2760672) > mixiユーザーの日記一覧 > K-01 とシグマ70-210UCII

mixiユーザー(id:2760672)

2016年06月13日09:18

146 view

K-01 とシグマ70-210UCII

 FA70-200 を見つける前にジャンク箱で拾ったミノルタマウントのAFレンズ。フィルム時代のキットに使われたものだそうで、コンパクトが自慢の 70-210/4-5.6。 Kマウント化出来ないかとバラしているうちにあられもない姿になったが、リコーのズームのマウント部分を合体させたらすんなり無限遠が出た。ちなみにPレンズのマウントには独自接点があってペンタの AF マウントで悪さをするらしいので、爪楊枝と接着剤で穴を塞いでいる。

 K-01 に付いているのがそのシグマのレンズ。フードのように見えているのはレンズの筒部分で、ここを持って直進ズームとして使うことが出来る。本来のピントリングはカムが見えている辺りにあり、絞り環がある辺りに回転式のズームリングがついていた。見えている絞り環は飾りで基本は絞り開放。マウント側から棒を突っ込んでレバーを動かせば絞ることも出来る半固定実絞り仕様。

 マウントとの接合はエポキシ接着剤を使った。接着面がかなり小さいのでどうかと思ったが、いやー、エポキシ強力だわ。この接着剤を知ったのは写真部現役時代で、レンズリアキャップ同士をくっつけると便利だという話を聞いて試したのが最初。今もやってる人がいるようだ。どっかの質問サイトで「そんな危ないもの人に勧めるな」って怒ってる人がいたけど、キャップの接着面を力づくで剥がそうと思ったらその前にどこか他が壊れると思う。数十年前に作った両面リアキャップは今も現役で、経年変化にも強い。

 開放同士で FA70-200/4-5.6 と撮り比べてみたが、解像度もコントラストももうひとつ。良く言えば軟調、悪く言えばシャキっとしない。光学系は綺麗だしボケも悪くないので、もしかしたらポートレート向きかも知れない。雨の桜がしっとり写っている。ちなみに右に並べたのが先日入手した FA70-200。前玉のカビが酷いのでせめてフードを探してあげたいなぁ。
0 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年06月13日 13:55
     3枚目追加。 FA28-70 と勝負出来そうなくらいのフワフワぶり。前ボケはうるさかった。初夏は青や紫系の花が多いような気がする。

     雨上がりの公園を10分ほどぶらぶらしてみたが、UCII の大きさだと抵抗が少ないことに気がついた。 FA70-200 はちと大き過ぎる。試しに歩き回ってるハトを追ってみたが、MF 開放ではどうもならん。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年06月15日 13:12
     ちなみに3枚目は左手前の花にピントが合っているように見えるが、実際は左の花にピントの芯は無く、中央の花にはしっかりとピントの芯がある。拡大して行くと左の花はボケけて行き、中央の花は細かいところが見えてくる。

     ソフトレンズはピントの位置が難しい。 K-01 の AF は左の花を「合焦」と判断するし、MF時の液晶でもそのように見えるが、本当のピントはそこから僅かに手前に調節したところにある。ワンタッチで MF に切り替えられる機構がないとソフトは使えない。

     鑑賞サイズの問題もある。この程度のサイズでは左の花がシャープに見えるが、拡大すると逆転する。さらに最適なソフトの量(?)も鑑賞サイズで大きく変わる。デジタルでソフトレンズを使っている人たちはそのへんをどう考えているのだろう。

     ちなみに開放近距離だからこうして収差を楽しめるが、普通の距離だとただの「もひとつシャキっとしない」レンズに成り下がる。ただこのコンパクトさは私には結構魅力だ。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する