ホーム > mixiユーザー(id:2760672) > mixiユーザーの日記一覧 > 更にA35デートルクス

mixiユーザー(id:2760672)

2016年01月24日15:56

362 view

更にA35デートルクス

 写真左下。キャノネットジュニアのドナー用に買った新顔デートルクス。結局ハーフミラーは QL17 のものを使ったので、このカメラは無傷で手元に残ることになった。ファインダーとレンズは綺麗、軍艦部に軽いアタリ(おぉ金属!)、ストロボの電池室は腐食が激しく修復が必要だ。試しに本体側電池室に LR44 を2つ入れてみたが反応がない。このまま飾っておくのも悪くない。キャノネットと同じテイストのブラックボディがかっこいい。

 ネットで調べる。いわゆるピッカリコニカのフォロワーはマニアが相手にしてなかろうと思ったら、最後の金属外装世代ということでそこそこ愛好家がいるようだ。ジュニアの作例はあまり見かけないのにデートルクスのは結構ある。シャープなのに逆光に強く濃いめの発色。いいんでないかい。以前借りて使ったオートボーイもこんな感じだったし、初期キャノネットの45ミリの作例も悪くは見えない。なんのことはない、40/1.7 だけが私の嫌いなタイプ? 単純に内面反射が多いだけだったりして。

 デザインはまさにキャノネット。ストロボとデート機構を入れて GIII とウリふたつとは恐れ入ったが、レンズ開放F値のほか距離計基線長とパララックス自動補正、それに低速シャッター、シャッター優先EE、マニュアル露出が犠牲になった。ジュニアは写真小僧向け、キャノネットは凝り性のお父さん用、そしてデートルクスはファミリー向けと言ったところか。シャッタースピード下限 60 は随分思い切ったものだし、あとで分かったことだがシャッター(兼絞り?)開口部は潰れた菱形で、これはもう写真を趣味とする人のために作られたカメラではない。時代を感じる。

 とは言え、作例を見てしまうとなんとか再生してみたくなる。再度本体の電池室を覗く。厚み方向は金属バネの調整で大丈夫だが、 お、電池室横に接点を発見。 1.35Vの回路用かな。アルミホイルをてきとーに丸めてマイナス側の電池の脇に突っ込むと、露出計の針が振れてシャッターが切れた。横接点は2つあるが、もしかして片方はデート写し込み用かな。ちなみに日付の YEAR は 89 までだった。

 ファインダー内には絞値が指針で示されるが、シャッタースピードは分からない。ネットによると 1/60-1/320 のプログラムらしい。シャッター音はコンパクトらしからぬ「ジャコ!」。巻き上げ時もたまに「ジャコ!」。油が切れかかってるかも知らん。ヘリコイドもグリス切れっぽい。ストロボの電池室もそのうちなんとかして、いつかフィルムを通してみたいなぁ。
0 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月25日 22:16
     ファインダーが青いのは二重像を際立たせるため? レリーズボタンは QL17 と同じ位置だが感触がとても良く使い易い。裏蓋を開けるとシャッターの羽根が直接見える。ビハインドシャッターだ。この状態でシャッターを切ってみると、結構早いうちから絞りが絞られ始めるのが分かる。ひどい形...。暗箱内に植毛紙がいくつか貼られている。随分手間のかかることをしたものだ。前オーナーの仕事なのか、キャノンの良心なのかは分からない。裏蓋のリリースレバーは本体ではなく裏蓋側にある。光線漏れの持病があるらしいのでしっかりしたモルトで補強しないと。

     実はこのカメラ、48ミリのスカイライトが付いて324円だった。ハーフミラーとフィルタでこの値段は安いぞー、と思って買ったら本体まで生きていた次第。ただこいつを実用にするには下限 1/60-F2.8 はちと厳しい。少しでもこの値を割り込むとレリーズがロックされてしまう。夕景を撮るのにストロボは役立たない。バルブもマニュアルも無いから撮影を断念することになる。やはりこれはファミリー用だ。

     ついでに QL17GIII を引っ張り出して、レンズを後ろから覗いてみた。レンズエレメントの外周部がえらく派手に光っている。フィルム側から見えるいくつもの部品のエッジがみんなピカピカだ。これでフレアが出ないはずがない。随分もったいないことをしたものだ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月26日 15:26
     デートスイッチをオンにすると、レリーズボタンを押し込んだ時にファインダー下部に日付が表示されることに気が付いた。凝った仕掛けを作ったものだ。なんだか面白いので DMY にそれぞれ 1,3,5 を設定してみた。綺麗に一直線に並ばないところに愛嬌がある。

     ストロボ接点にアルミホイルをかませて電池を入れてみたが、スイッチを入れてもチャージ音がしない。 CATS システムの動作を見たかったのだが、ポップアップさせただけでは動作しないらしい。電気抵抗を利用しているのかなぁ。ちなみにカメラ本体電池室のプラス側電池の脇にもアルミホイルを入れて通電させてみたが、これは何の役に立っているのか分からなかった。ここにプラス接点を設ける意味が分からん。もしかしたら接点ではなく、単に部品が見えているだけなのかも知れない。

     ヘリコイドがかなり厳しくなってきた。キコキコ言う。実用が危ぶまれるくらいのぎこちなさ。もしかしてプラ製? シリコンオイル1滴で治りそうだが、バラしてそこまで至り着く自信も無い。いろいろ総合的に見るに、やはりいつかバラされて、ハーフミラーとレンズを取り出されてしまう運命かも知れない。

     ヤフオクでマイクロフォーサーズのボディを落札しそうになってギリギリで思い止まった。コンパクトカメラのレンズで遊ぶなら APS-C の大きさは欲しい。ペンタックスの K-01 が面白そうだと思っているのだが、どうもタマ数が少ないようだ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月30日 13:15
     ファインダー内の日付表示は、デートスイッチが入っていて、フィルムが巻き上げ済みで、60/2.8 よりも明るい時に、レリーズボタンを押し込むと表示される。そしてシャッターを切ると消える。撮影可能のインジケータを兼ねているのかも知れないが、デートスイッチを切っている時は何も表示されないし、目の位置が少しでもずれると見えなくなる。なんだか微妙。

     ヘリコイドをなんとかすべく、ピントリングの隙間からシリコンスプレイを吹き込んでみたら、少し滑らかになった。いつかバラすつもりのカメラだからやったことで、良い子は真似してはいけません。幸いレンズが曇ったりすることは無かった。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月31日 22:43
     ヘリコイドまた渋くなった。実用は諦めよう。

     今日ジャンクショップにオリンパス35DCがあったので裏から覗いてみたら、反射防止がしっかりしていて感心した。 GIII は 35DC より後の発売なんだが、G2 をほぼそのまま引き継いだから仕方ないのかなぁ。デートルクスはそのへん改良されている感じはある。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年03月20日 22:20
     夕暮れの雲が綺麗だったのでいたずらにこのカメラを空に向けてみたら、光量不足でシャッターがロックされた。いくらなんでもこらあかん、って訳で実用を諦めてバラしてしまった。

     レンズボードを外したあと表の銘版を止めているリングが外れなかったので仕方なく裏側から破壊。ヘリコイドを生かすかどうか悩んだが、結局バラバラにしてレンズブロックだけを取り出した。ちょっと後悔。鏡胴をそのまま使った方が便利で格好良かったと思う。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年04月05日 13:09
     1980年の「日本カメラショーカタログ」が押し入れから出て来た。キャノンのページにオートボーイ初代、A35デートルクス、QL17GIII が並んでいた。この3台が並売されていた時期があるとは思わなかった。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する