ホーム > mixiユーザー(id:2760672) > mixiユーザーの日記一覧 > BELL14作例ーコンタクト

mixiユーザー(id:2760672)

2015年11月05日15:24

212 view

BELL14作例ーコンタクト

 出てきました。 BELL 14 で撮った写真のコンタクト。5本撮ったうちの最後のフィルムで、この2コマ目が先日アップした写真。コンタクトだから焼き付け条件は全部一緒のはずなのに、最後のコマだけ露出不足の露光不足に見えるのはなぜだろう。

 ちなみにフィルムは10枚撮りで、このあと室内撮影にトライして失敗した白抜きのコマが続きます。コンタクトではその部分は無くなっているのだけれど、ネガをみると蛍光灯だけうっすら写っているのが笑える。
0 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年11月21日 22:07
     最後のコマの露出について考えている。 BELL 14 をフィルム側から見ると、シャッター部品の付けられているアルミだかブリキだかの板がむき出しになっている。これ以上の内面反射を望むなら鏡面にでもしないとダメだろうと言うくらいに内面反射が酷いはず。

     問題の6コマめは野球帽をかぶり猫を持った弟が写っている。太陽はほぼ真上なので、普通なら帽子の影で顔は黒く潰れるはず。ところが後ろにある白い板のために軽い逆光になり、暗箱内で反射した光が暗部に回り込んで、締まりのない、つまり露出不足の露光不足のような黒になってしまったのではないだろうか。そう思って見ると、全体にフレアがかかっているようにも見える。

     基本的に国産のちゃんとした一眼レフばかり使っていたので、暗箱内の反射防止がしっかりしていないカメラがどのような写りになるのかの経験が少ない。以上の想像が当たっているのかどうか、暗箱内に反射防止を施して試写してみたいが、残念ながらそれは叶いそうもない。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する