ホーム > mixiユーザー(id:2760672) > mixiユーザーの日記一覧 > ホークアイとデュアフレックス

mixiユーザー(id:2760672)

2015年10月18日18:53

768 view

ホークアイとデュアフレックス

 なんかいろんなものが出て来て面白い。1980年頃に井の頭公園付近で撮ったプリントが出て来たのでスキャンしてみた。裏面には左から順に、Brownie Hawkeye ER 29/3/'82、DuaflexII ER 17/1/'82、D、のメモがある。

 Hawkeye と Duaflex は 620 を使うコダックの超簡単 6x6 カメラ。前者はカンテラ風、後者は二眼レフ風。素性はネットで調べて頂くとして、要はボックスカメラでもこれくらいは写りますよと言いたくて引っ張り出して来た。 ER はエクタクロームのことで、つまり露出調節機構の無いカメラにリバーサルを入れて撮っている。ピーカンにはピーカンらしい、夕刻には夕刻らしい写真が撮れる。画角とピントと露出が固定なら、その条件に合う被写体を探せばいいのだ。昨今のデジカメのように何時でも何でも綺麗に撮れたら面白くないのである。ちなみに記憶が定かでないが、エクタ64で撮ってダイレクトプリントしたものと思う。

 で、D とメモ書きのあるのは私の知る範囲内で最低のカメラ、Kodak Disc Camera である。あろうことか当時知人に薦めて買わせてしまったのが未だに悔やまれる。なんで光線漏れしてんだよコラ。写っているのは井の頭線、井の頭公園駅。渋谷行きホーム端から吉祥寺行き電車を望むの図。のんびりしていいところでした。

 LUBITEL のポジも出て来たけど、これは綺麗に写ってるだけで何の面白みもないので今回はスルー。せっかくピント合わせの機構があるのに近距離でアテにならないのが寂しい。

 いわゆる豆カメラは引き伸ばし必須なので、その分ピントや露出がシビアになる。だから実際には初心者とか子ども向きではないと感じる。その点ブローニーはフィルムが大きいのでコンタクト(ベタ:等倍焼き付け)でも充分鑑賞出来るし、リバーサルをルーペで覗いた時の美しさは格別である。 135 はデジタルに置き換わるだろうが、ブローニーは何らかの形で生き残ってくれると嬉しいなぁ。
0 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月30日 10:18
     ブローニーはフジのダイレクトプリント、ディスクカメラはさくら100年プリントなんだけど、微妙に黄色がかぶってます。シャープネスかけず、シャドウとハイライト調整してリサイズのみ。

     ちなみにリバーサルはフィルムのラチチュード以前にダイレクトプリントのラチチュードが問題で、だからこの作例はブローニーフィルムの実力の数分の一も出ていないです。ポジフィルムをルーペで覗くと綺麗でっせ。

     ホークアイ関連を検索していたら、「フード外し」で遊んでいる人を見つけました。周辺部が盛大に流れてます。
    http://www.lomography.jp/magazine/117487-flipping-over-the-brownie-hawkeye-advanced-lomographic-techniques-with-americas-favorite-camera
     逆に絞りを自作して高感度フィルムを使うのもアリかもですね。

     勘違い判明しました。ディスクカメラで撮ったと思っていた女性の後ろ姿の写真は、DONKEY mini 110 にネガを入れて撮ったものでした。光線漏れも致し方ない...
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年04月01日 14:36
     ネットで F15、1/40 と言う情報を見つけた。だとすると ASA64 のフィルムを選択したのは正解のようだ。いつかまたフィルムを入れてみたいカメラのひとつではあるが、このドンガラにデジカメを入れたらそれもなんだか面白そうだと思ってみたり。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する