ホーム > mixiユーザー(id:2414896) > mixiユーザーの日記一覧 > 『御屋舗番組控(おやしきばんぐみひかえ)』 ―影印・翻刻・注解― 長唄三味線方の三世杵屋勘五郎筆録。

mixiユーザー(id:2414896)

2018年03月14日02:17

23 view

『御屋舗番組控(おやしきばんぐみひかえ)』 ―影印・翻刻・注解― 長唄三味線方の三世杵屋勘五郎筆録。

最新刊『御屋舗番組控』のご案内

国立劇場では歌舞伎を始めとする伝統芸能の調査研究を行い、刊行物として出版しています。国立劇場ロビー売店等にて、ぜひお買い求めください。販売の他、国立劇場伝統芸能情報館の図書閲覧室等でもご覧いただけます。
演芸資料選書12 『御屋舗番組控(おやしきばんぐみひかえ)』 ―影印・翻刻・注解―
長唄三味線方の三世杵屋勘五郎筆録。勘五郎が大名屋敷や料亭に贔屓筋から呼ばれて演奏した際に、催主、場所、曲目、演奏者等を詳細に記録したもの。長唄を中心に、清元節、常磐津節、義太夫節等、延べ7,000曲以上を収録。歌舞伎興行を離れた長唄演奏を記した資料としては、現存する中で最も古いとされ大変貴重。催主には大名、旗本、商人、能楽師等、多様な身分の人物が記載され、時代劇等でお馴染みの遠山金四郎も登場。「武鑑」「吉原細見」「江戸独買物案内」といった邦楽以外のさまざまな文献をもとにした注釈も掲載。邦楽研究者、演奏者にとどまらず、江戸文化研究者にとっても魅力的な内容となっています。
全四冊+別冊。第一冊は税込2,300円。
お買い求めは、国立劇場売店(株式会社 文化堂)へお問い合わせください。
TEL 03-3239-2417 / FAX 03-4496-4474 
www.ntj.jac.go.jp/topics/kokuritsu/29/1172.html
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する