ホーム > mixiユーザー(id:22927931) > mixiユーザーの日記一覧 > セブン・イレブンCMソング

mixiユーザー(id:22927931)

2017年09月12日14:07

192 view

セブン・イレブンCMソング

セブン・イレブンのCMでお馴染みの

「デイ・ドリーム・ビリーバー」






私が知っている「RCサクセション」といえば、

ダイナミックでナイーブな曲が多いというイメージが強いのですが、初期のRCはフォークグループで活動してます。

もともとは、中学生の同級生で「ザ・クローバー(The Clover)」を結成して解散後(The Remainders of the Clover succession(「クローバー〜からの継続」の意)」の省略形から「RCサクセション」になりましたが、ザ・クローバーの頃の「初心を忘れずに・・・」という意味合いも強かったようですね。





RCの後期、ヘルメットを被った活動家風のスタイルの忌野清志郎さんとよく似た別バンド「ザ・タイマーズ」で活動していた頃、母親の死をきっかけに今までお母さんと思っていたのは実は育ての親で、本当のお母さんは既に亡くなっている事を知ります。


そしてその頃作られたのが、「セブンイレブン」で使われている「デイ・ドリーム・ビリーバー」なのですね。





「デイドリーム」(原題: "Daydream Believer")アメリカのアイドルグループ・モンキーズが1967年にリリースしたシングルをカバーした曲で、(忌野清四郎さんに良く似た)→「ZERRY」さん名義による日本語詞となっています。






この曲は、彼が母だと思っていた育ての母と死別した際、彼が今まで母と思っていたのは母の姉「継母」であり、実母は彼が3歳の時に亡くなっていたことを知らされ二人の母の死と向き合いながら1度も会う事が出来なかった「実母への思い」が込められたのが「デイ・ドリーム・ビリーバー」なのですね。

♪ でもそれは 遠い遠い思い出
日がくれて テーブルにすわっても
Ah 今は彼女 写真の中で
やさしい目で 僕に微笑む

ずっと夢を見て 幸せだったな
僕は Day Dream Believer そんで
彼女はクイーン♪


TVのセブン-イレブンのいCMでこの曲を良く耳にしますが、純粋で美しい曲にウルッとなってしまいます。


随分前からこの曲が使われてすっかり定着してますが、セブン-イレブン(セブン&アイ・ホールディングス)によれば、「デイ・ドリーム・ビリーバーを継続している理由」として、

 * 時代の流行に左右されない曲であることと共に多くのお客様からの評価が高いこと。

 * 社内での評価が高いこと

この曲が1989年に発売されて28年近くたちますが、ぎゅっと心を鷲掴みにされる感覚は変わらず、それは、清志郎さんの声がいつも新鮮な響きを保っていることもあるのでしょうね。


声がいつも新鮮さを保っている=セブン-イレブンの理想としてる経営にピッタリなんだと思います。るんるん

この曲を耳にするとついつい、近くのセブン‐イレブンに立ち寄りたくなつてしまいます。うれしい顔


後期の曲はその歌声と共に社会を代弁してくれてましたね。


彼がもし生きていたら・・・今の日本をどのように歌ってくれたんだろう。

ふと思った今日この頃でした。



10 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年09月12日 22:28
    ついつい口ずさんでしまう曲です♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年09月12日 22:32
    セブン-イレブンといえばこの曲ですねるんるん 生歌聴きたかったな〜むふっ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年09月12日 22:46
    おれ、清志郎が唄うこの曲大好きなんだわ♫ アッコちゃんと歌った「ひとつだけ」もイイよね♫ あの 見た目よりもあったかい感じがスッゴい伝わってくるっw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年09月15日 15:20
    1989年10月13日にフジテレビの「ヒットスタジオR&N」で、この曲を歌う前に「FM○京罵倒ソング」を歌ってからの〜「デイ・ドリーム・ビリーバー」の流れ・・・清志郎さんならではのセンスですね!るんるん 周りは「また清志郎が何か始めたぞ。」って感じだったみたいですが・・・むふっ「ひとつだけ」のアッコちゃんバージョン今度聴いてみますねムード
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月23日 11:00
    > mixiユーザー この時代の清志郎さんの曲は社会風刺の曲が多かったですね。今は上の方々のご機嫌を損ねるような歌はすぐ規制がかかってしまいます。たらーっ(汗)なので、ポップで受け入れやすい曲が多く素敵な曲も沢山出てきて楽しませて貰ってますが、その反面「認めて欲しい」系、依存的なフレーズが支持されるんだと思います。そういった背景も今の日本の音楽シーンがつまらないの感じさせる事が多くなっている一因かもしれませんね。。日本の音楽の黄金時代は言論の自由も認められて、ミュージシャンがミュージシャンらしく活躍することの出来た良い時代だったのかもしれませんね。ほっとした顔これから活躍される若手のミュージシャン達に今の音楽シーンをどんどん開拓していって貰いたいものです・・・クローバーぴかぴか(新しい)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月23日 11:35
    > mixiユーザー 音楽の背景にビジネス・ある種類の利害関係がチラホラ見え隠れしてしまうと、その曲の持っている説得力・信憑性も薄く感じられてしまいますね。またその曲を歌っている歌手の皆さんも、歌っている内容と実際の人物像・日頃の心の在り方とあまりにも違い過ぎて「歌に歌わされている」感が出てしまうと、皆さんの心まで届かなくなってしまいますね。もうやだ〜(悲しい顔)自分の内側からこみあげてくる感情をそのまま歌にして曲にしてこそ、多くの人々の魂を揺さぶり起こすことが出来るのだと思います。そして・・・音楽は「リベラル」であって貰いたいものなのです。クローバー

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する