ホーム > mixiユーザー(id:2145604) > mixiユーザーの日記一覧 > 高雄電気鉄道の周辺

mixiユーザー(id:2145604)

2016年10月26日11:51

123 view

高雄電気鉄道の周辺

前回日記で紹介した高雄電気鉄道の計画図を
昭和6年の内務省地理調査所の地図に重ね合わせてみました。
フォト

フォト

平岡・梅ケ畑から嵐山への支線だけでなく本線も田園地域を走る計画だったことが解ります。
謎なのは旧高雄口-現宇多野駅の構造予定
いにしえの京阪丹波口や現阪急淡路のように平面で交差してプラットホームを共有するのか
現状の162号線と嵐電で立体交差をしているような構造を考えていたのか…

よくみると市電の路線図は千本今出川-白梅町の区間が書かれてます。確か開通は昭和30年代
昭和ヒトケタでは西大路線も南から円町までで丸太町へ右折のみ。
2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年10月26日 22:45
    当時の住宅の建て込み具合がわからないのですが、
    福王子から降りてくるとすると、かなりの急勾配になります。
    とすると、現在の道路のように、嵐電をまたぐしかないように思えますが、
    付近の現在の地形からすると、福王子の西側がやや低くなっているので、
    そこを通れば嵐電と同じレベルに降りてくるのも不可能ではなさそうです。
    立体交差にすると、この線形ではそこからまた急勾配。
    電車でもけっこう大変なのでは、と思ってしまいます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年10月27日 10:02
    > mixiユーザー 
    計画図と現在の地形図を併せて眺めていると、
    高雄への電車は嵐電と直交せず鋭角で交わっています。
    また現在、宇多野駅の直北から鳴滝へ急な坂が162号線から西へ伸びてます。

    現宇多野駅でプラットホームを共有して切り通しで鳴滝へ抜け
    162号線の福王子以西を崖下の現在の住宅街を通り御室川と162号線が出会う辺りで
    162号線との併用軌道になる計画だったのかもしれないですね。

    それなら勾配は少なくてすみます。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する