ホーム > mixiユーザー(id:2145604) > mixiユーザーの日記一覧 > 第二カトレア荘−知られざるまんが梁山泊

mixiユーザー(id:2145604)

2013年03月06日10:09

527 view

第二カトレア荘−知られざるまんが梁山泊

ネットサーフィンして見つけたブログ
http://blog.goo.ne.jp/hitorimushi-babeltower/e/752651e08f80f5d4c1ac151b80bfe0a1
に北海道新聞のコラムに忠津陽子氏と大和和紀氏が共同生活を送ったハナシが載っていたと掲載。

当の新聞記事を読んでみると
--------------------------------------------------------------------
大阪万博の2年前の1968年5月。札幌駅から同じ列車に乗り込み、二人の若い女性が東京をめざした。
後に源氏物語を漫画にした「あさきゆめみし」をはじめ、幾多のヒット作を生んだ大和和紀―札幌市出身、東京都在住―。もう一人は「美人はいかが?」などの作品で少女漫画におけるラブコメディーを確立した忠津陽子―同―。二人は漫画家になるという大きな夢を抱いていた。
大和は札幌の短大在学中に、忠津は専門学校時代のほぼ同時期にデビュー。互いに別の東京の大手出版社から誘いを受け、一緒に上京することになった。パソコンもフアックスもない時代、上京は漫画家になる早道だった。
大和と忠津は中野区の鷺宮の2階建てアパート「第二カトレア荘」に落ち着いた。2階の隣同士で家賃は9500円。風呂なし台所付きの4畳半だった。

漫画づけの日々が始まった。土地勘がなく、頼る人も少ない東京暮らし。毎日交互に部屋を訪ねては机を並べ向かい合って仕事をした。その部屋の主が食事当番になった。
掲載誌は大和が「週刊少女フレンド」、忠津が「週刊、別冊マーガレット」。朝から夜まで描き続けた。
編集者の要求は過酷とも言えた。締め切り間際になっても原稿が仕上がらない。『助けて、朝までに間に合わない』。夜中に何度互いの部屋のドアをたたいて起こし、人物や背景を描くのを手伝ってもらったことか。夏場、銭湯に行けない日が続くと、小さなビニールプールを台所に広げ、汗を流した。
大和は「絵が下手な自分にとって編集者が渡す仕事はけいこ。私は決してつぶれない」と言い聞かせた。忠津は「次の仕事は来るのか。何ページもらえるのだろうか」と期待もし、不安にもなった。
共同生活を送る中で、大和は「忠津さんは絵が本当に上手。カメラのような描写力を備えた目をもっている」と気づき、一方の忠津は「大和さんは食事を作りながらでも、ストーリーを考えられる稀有な才能の人」とうらやんだ。

2年後、二人は「第二カトレア荘」を巣立った。大和は「はいからさんが通る」「ヨコハマ物語」などを世に出し、さらに発行部数が計1700万部を数え、受験生のバイブルとまで呼ばれた「あさきゆめみし」の大ヒットを重ねた。
デビューから40年以上、第一線を走り続ける大和は今、戦国時代の女性、小野於通の生涯を描いた「イシュタルの娘」を漫画雑誌に連載中。古文書を読み、文献を調べ、信長の時代から江戸初期までを生きた「芸術家であり、フィクサー(黒幕)の一面をもつ於通」に挑む。
女性向けの漫画雑誌としては珍しい戦国ものに、なぜあえて挑戦するのか。「わたしは北海道出身。フロンティアスピリッツ(開拓者魂)があるのかしら」と大和。
「イシュタルの娘」の単行本第1巻の重版が決まったと知った日、大和は笑顔を浮かべた。「作品は読者との真剣勝負です。だから、重版は心底うれしい」
忠津もその後、「ハロー!王子さま」「結婚の条件」など多数のヒット作を世に送った。現役を退いたが、4年前には復刻版「美人はいかが?」が出版され、多くのファンがあの時代に思いをめぐらせた。
二人の出発点ともいえる「第二カトレア荘」は、すでに取り壊され、今はマンションが立つ。

(敬称略)
--------------------------------------------------------------------
知りたかったことの7割は載っている。
・1968〜1970年という期間
・中野区鷺宮という地名どころか「第2カトレア荘」とのアパート名
・漫画を書くことの奮闘記

あと議論がこのアパートであったのか、と
集った仲間が(河あきら先生の)他にいたのか
が記事中にあったなら…

まぁ、漫画論は交わさずには過ごせなかったのではないか… とも想像できる。
理由は多々あるが、二人とも売れっ子と言っても月60枚ぐらいで時間はある程度はあったハズ…
しかも、大泉サロンのメンバーと同じく議論好きで有名な団塊世代に両者とも属している。
まあ増山氏のようなイデオローグがいなかったからテクニック論に走ったかも知れないが、時代はCOM真っ盛り!記事のような青春漫画奮闘記だけではなかったハズ。

実は、吾妻ひでお氏から「札幌での北海道ぐらこんで忠津陽子に酷評された」なんてエピソードを聴いたことがあって、鋭いまんが観もあるんだと感じたことがある。まあ、そうでなければトッププロにはなれないか(笑)

トキワ荘や大泉サロンと並んで語るべき梁山泊かも知れない>第2カトレア荘


#忠津陽子氏と大和和紀氏の絵が見わけらると豪語していたが、手伝った部分が此れだ!とは流石に指摘は出来ないぞ…あせあせ(飛び散る汗)
2 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年03月06日 10:53
    しきりにおしゃべりしながらお仕事されていたでしょうね。
    大和先生は若木書房の「銀河」にも参加されてたから、そっちの仲間が来ることもあったかも。
    議論めいたおしゃべりも当然あったかと。
    大泉の皆様は「私たちで新しい少女漫画を創り出すのよ!」という意識が強かったと思いますが、そこまではどうなのかな?
    聞いてみなけりゃわかりませんが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年03月06日 11:41
    > mixiユーザー 
    いや、大泉の皆さんが変えなければと思っていた少女マンガそのものが忠津-大和まんがではなかったか?と…

    で、当のお二人はというと当時を思い返すと水野-西谷ラインではあったが新鮮であり洒落ていました。
    どこか(笑)で言いましたが『少女マンガの絵は一時、忠津-大和風の絵で埋め尽くされた』のは、その新鮮さが当時プロ予備軍の諸氏の画風を変えさせたのではないかと…


    若木『銀河』はハイレベルでしたね。鷹羽さんが夭折さえしなければ「新しい少女漫画」はあそこから生まれたかも涙
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年03月06日 16:54
    よく言われる「24年組」ですが
    その概念の対極にある忠津さんも24年生まれなんですよね(一条ゆかりさんも)。

    作劇方法が異なるだけ。
    竹宮、萩尾さんは書きたいドラマを漫画にした感じ。
    忠津さんは可愛い女の子を描いたら、勝手に動き出してドラマを紡いだ。
    ただ、それが出来るのは忠津さんの画力があればこそだし、
    少女漫画画の最高点に登って行ったんだと。

    ただ、68〜70年の二人と70〜73年の大泉サロンの。この二年の差は大きい
    もし、忠津、大和さんの上京が2年遅かったら、変わっていたかも。

    この記事を読むと、メッセージにも書きましたが
    忠津さんの画に大和さんが似ていった気がします
    2人とも元は石森画だと思うが。

    しかし、ビニールプールで汗を流したって…
    赤塚、石森の流しの水浴びを思い出した。


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年03月06日 18:14
    > picoQさん
    この記事中の漫画制作青春潭は(多分あせあせ(飛び散る汗))膨大なインタビュー記録の中の奮闘記部分だけをピックアップされた感じが強い気がします。

    トキワ荘潭も広まっていた頃ですから洒落でやったエピソード臭いですね>ビニールプール風呂ウインク


    それで、二人の絵が似ている理由ですが、やはりお互いの仕事を手伝ったのが強い気がします。その絵は石森と言うよりも、水野-西谷の直系と思っていましたし、高校時代の絵を見ても石森の影響はトキワ荘同期の水野、『ミュータントサブ』代筆の西谷を介しての影響かと…あせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年03月07日 14:29
    確かに!
    西谷祥子さんの画は、忠津さんが活躍した頃と同じ頃のイメージ(70年代)が強いですが、
    『レモンとサクランボ』を引き出して観たら(30年ぶり位)、納得ですね。

    水野英子さんはリアルタイムの思い出が無いので…
    時期的な相互関係が??
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年03月07日 18:08
    > picoQさん
    西谷祥子氏の絵について、後年に山本鈴美香氏が取り入れた頃の絵ではなく『ふたごの天使』から『ジルとMr.ライオン』か『我ら劣等生』の頃までの絵 と書き込み忘れてたなぁと思っていましたら、その様に取って頂けた様子ですね。安心しましたわーい(嬉しい顔)

    水野英子氏については、一度系統的に読まれることを強くお勧めします。少女まんがをジャンルとして確立させたのは、忠津陽子氏を始めとして戦後生まれの作家による。が最近の持論です。それまでは子供漫画の女の子向き しか無かったウインク

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!