ホーム > mixiユーザー(id:2145604) > mixiユーザーの日記一覧 > なぜ70年代は少女まんがだったのか

mixiユーザー(id:2145604)

2012年12月07日09:56

247 view

なぜ70年代は少女まんがだったのか

》あの時代、「迷宮」は、何故少女まんが志向だったのでしょう?
なんてメールを先日頂いた。また、凄い難問を…(笑)
--------------------------------------------------------------------
『あの時代(70年代後半)は少女まんががまんがの可能性を求めた場合に一番ラジカルであったサブジャンルであったから』としか答えようの無い質問なのです。
--------------------------------------------------------------------
なんて返答を反射的に送ったがチトばかし単純化しすぎたようだ(^^;
そう、別に迷宮には青年まんが志向の高宮成河氏や少年まんが志向の式城京太郎氏もいたし、アニメ志向の高い人も何人もいた。また、それらのジャンルを語りかければ語り返せるだけの読書量を全員が持っていた。でも今の時点で振り返れば「迷宮」≒コミケ準備会/コミケ準備委は確かに少女まんが志向に見える。

『漫画新批評大系』の主筆であった亜庭じゅん氏が基本的に少女まんが志向であったことと、初期コミケの参加者の7〜8割が女性だった故に少女まんが志向に見えるのかも知れないが、マニアの中でもアクティブな人達は72年ぐらいには、既に少女まんがを読んでいた。


70年に亜庭と出合った時は『少女まんがを語れる男』というのはホントに珍しく【名古屋と京都だから、もう2度と遭うことはあるまい】と誤解したこともあり長時間に渡り話し込んだことを思い出す。だか僅か2年後の第1回漫画大会の合宿では男子部屋で僕がいた部屋【公式レポートに僕の本名でレポ記載あり】と『コミックマーケッサト創世記』によると霜月たかなか氏がいた部屋の少なくとも2室で少女まんが談義が行なわれていた。

つまりアクティブなまんがファンは少年まんがや青年まんがへの志向はある程度は保ちつつ少女まんがに目を向けはじめていた。それは24年組の活動と期を同じくしているので、単純に見れば原因を71年の「雪の子」から「11月のギムナジウム」に至る萩尾望都ショックによって増えたのかのように見えるが、そうでもなく「ときめき」を熱く語り「きみどり」や「よし子先生」をパロディと理解して語れる人達であったことは翌年の第2回漫画大会合宿での「男だけで語る少女まんがの会」の盛況ぶりと話題の内容が萩尾望都があまり触れられていなかったことからも判る。また『いちゃもん』から『迷宮』の経歴をもつT氏は忠津陽子FCを立ち上げていたし、漫画大会の実行委員長をやったS氏は一条ゆかりFCを立ち上げていた。

という訳で最初に言った『あの時代(70年代後半)は少女まんががまんがの可能性を求めた場合に一番ラジカルであったサブジャンルであったから』が正鵠なのだろう。そのラジカルさに惹かれてアクティブなまんがファン:当時の表現のマニア層が少女まんがを読み始めたのだろう。
それでナゼ、『少女まんががラジカルであった』のかは、当時も今も検証中の作業なので断定は出来ていない。

でも
1.少女まんがの主要テーマの1つに恋愛【人と人の闘争でなく触れ合い】を選んでしまっていた。
2.派生サブジャンル【現在のBL、レディスなど】がまだ生まれておらず混沌としていた。
この2つが怪しいのだがマダ断定はできていない。

3 11

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2012年12月07日 12:47
    70年代、始めてSFの例会(毎土曜喫茶店に集まっていた)というものに顔を出したら、そこでは少女マンガの話ばっかりだった……。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2012年12月07日 22:05
    > mixiユーザー 
    僅か数年の差なのですが…
    70年にSFファンダムに顔を初めて出した時、同じように話題はまんがの話ばかりでしたが少女まんがの話題は皆無でした。既に少女まんがファンを自認していたσわーい(嬉しい顔)は盛んに水野英子や飛鳥幸子の話題を振ったのですが反応があったのは青柳誠【漫画大会開設者】ぐらいでした。

    その数年間にナニがあったのか?


    それをこれからボチボチと拾うわなくては…と思っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2012年12月07日 23:21
    竹宮恵子とか一条さゆりの話が多かったかな……。
    あ、SFの集まりでしたから、もちろん萩尾望都の話もありましたね。
    橋本治「花咲く乙女たちのキンピラゴボウ」が79年発行か〜意外と遅かったんだな……。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2012年12月08日 05:04
    藤本由香里さんの「私の居場所はどこにあるの?」や、石田美紀さんの「密やかな教育」なんかを読むとね、「何だ、そういうことか」という気がして、真剣に考えていたことが阿保らしくなってくるわけですよ。1970年から2000年まではね、フォークロックの世界は10年ごとにものすごく変わっている。学生運動、高度経済成長、バブルの崩壊をもろに反映しています。女性まんが(BL、レディスへの流れ)も時代を映し出してきたのかどうか?。いずれにしても、Gomiさんが検証中といったあたりがキモであることは間違いありません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2012年12月08日 10:53
    > mixiユーザー 
    少女まんがジャンルが時代を映してきたか と問われたなら
    米澤嘉博氏あたりなら「YES」と答えそうなことを『戦後少女マンガ史』で書いてますが、「No」の感じが匂います。

    少女まんがの多くは恋愛至上主義で(笑)世間なんかどうでもいい彼氏さえ私を向いてくれるなら ですから…わーい(嬉しい顔)
    かえって政治を問う問題作品なんて柱で謳われるのは薄っぺらいのが大半です(除:樹村あせあせ(飛び散る汗))

    まぁ、70年代後半ぐらいからはファッションは最新鋭を身につけていましたが【その頃は婦人服アパレル在籍ウインク
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2012年12月08日 17:58
    異議なし !!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2012年12月08日 18:15
    > mixiユーザー 
    いや『意義なし』です…
    って四十数年前のネタウインク
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2012年12月10日 13:58
     いや、意義はあると思います。(^^ゞ

     そうしてあとに残ったわたしと彼は
     くり返し
     くり返し
     わたしたちと
     わたしたちの
     青春について
     かたることとなった

          (樹村みのり「贈り物})
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年02月26日 16:22
    突然、すみません
    まだ、頭の中でまとまっていませんが…、

    1、強すぎた大御所達の影と、密かに忍び寄ってきた斜陽
    手塚/三つ目、BJ、位か?、ライオンブックス系の短編に傑作多し
    石森/特撮ドラマの企画者
    藤子/完全に短編作家に+学年誌
    横山/バビル2世、時の行者、中国史の人
    松本/男おいどん以降は黒ベタと雰囲気の人+青年誌のちょいH系

    2、劇画系の台頭=少年漫画とSF漫画の掲載ページ数減

    3、ギャグ漫画の比重が大きい
    山上たつひこ、江口寿史、田村信、コンタロウ、鴨川つばめ
    とかこの時代ギャグの傑作多し、

    4、女性誌に比べて遥かに多い少年誌と青年誌
    月刊誌中心の少女漫画
    週刊誌中心の少年誌と青年誌

    5、時代の波
    大御所の影響(アシスタント系ではなく)を受けた女性漫画家の台頭

    そんなこんなで、マンネリに飽きた人が少女漫画の目新しさに飛びついたのでは?

    追加
    以外と大きい
    少コミの山本順也と集英社系の鈴木光明の功績

    特に鈴木さんは手塚画の到達点と思う位の画描きなのに
    歴史に埋もれてしまったけど
    育てた漫画家が立派に後を継いだと思います

    乱文ですみません




  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年02月26日 21:16
    > mixiユーザー 
    既読かもしれませんが、マイミクのヤンさんのWebBBSに同様の文を投稿しています。まぁ、SNSとWebBBSではマルチポストとはならないだろうと(笑)
    そこでのレスに対する僕の再レスを再掲しておきます。なにかpicoQさんのレスへの回答に近いものがある気がします。
    ======================================
    極論・暴論を言わせてもらえれば…

    70年代に「少女まんが」はジャンルとして成立した。それまでは「子供漫画の女の子向きのもの」でしかなかった。それは虫コミックスやサンコミックスが男の子向き、女の子向き両者ごちゃ混ぜでラインナップされていることでも判るかと…(^^;

    事実、60年代の半ばでは水野英子・西谷祥子の2人以外には面白いまんがは皆無に等しかった。風穴を開けたのは「いわゆる」新人賞作家たちだった。

    逆に少年まんがは、この70年代は見事に沈滞していた。映画スチールのコピペかハッタリの見開き1コマにすぎないSFと不良同士の殴り合いか野球が延々と連載されていた(笑)
    また可能性を垣間見せた青年まんがもSEXにしか興味のない種馬男しかいなくなった。

    この「新たになにかを生み出そうとしている」ジャンルの魅力がますます多くの志望者を集めコミケ開始の原動力ともなった。

    というのは図式的過ぎるかな?
    ======================================
    http://6166.webspace.ne.jp/rental/icon_tree_bbs/bbs.php?bbs_id=6166&mode=r&no=2833
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年02月27日 00:48
    Gomi様
    ヤンさんのWebBBSは観ていませんでした

    実は体系的に漫画を観ていなかったので
    深く考えずにその場のノリでコメントしました
    少年漫画への考察は見事に同じですね
    実際、70年代のギャグ漫画作家以外で直ぐに思い浮かぶのは
    諸星大二郎、星野之宣位です

    確かに僕の記憶でも、忠津以前の記憶に残るのは
    水野、西谷両氏以外ですとトキワ荘絡みの大御所達を除くと
    鈴原研一郎や望月あきら、楳図かずお(違った意味で記憶に残った)と言った男性作家ですね


    ヤンさんのサイト、拝見しました
    また1つ、見識が広がった感じです
    ありがとうございます

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!