ホーム > mixiユーザー(id:2145604) > mixiユーザーの日記一覧 > 皇族・高級貴族の邸宅発掘

mixiユーザー(id:2145604)

2010年06月08日22:30

281 view

皇族・高級貴族の邸宅発掘

京都新聞ニュース
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100608000099&genre=M2&area=K00
より
「南北60メートルの巨大池跡 皇族・高級貴族の邸宅か」
------------------------------------------------------------------------
京都市中京区丸太町通御前西入ルの発掘調査で8日までに、南北が59メートル以上、東西が41メートル以上もある平安時代の巨大な庭園の池跡が見つかった。所有者は不明だが、研究者は「皇族を含め、相当高い身分の有力者の邸宅跡だったのではないか」と注目している。

 マンションの建設に伴い、日開調査設計コンサルタント(宇治市)が2月から360平方メートルを調査した。平安京の「右京二条二坊八町」で、鎌倉末期に成立した「拾芥抄(しゅうがいしょう)」西京図では、下級官人らの宿所「諸司厨町(しょしくりやまち)」の左衛門町とされていた。

 見つかったのは、池の東側にあたると考えられる部分。調査地の南側で過去に行った発掘で、同じ時期の土層の池跡が見つかっていることから、規模が判明した。邸宅全体は、親王や三位以上の高級貴族が住んだ一町(約120メートル四方)以上あると考えられる。

 池跡は平安前期から後期にかけて3時期あり、1期(前期〜中期)と3期(後期)は小石敷きで、2期(中期)には白砂敷きと、形状を造り替えていた。現在でも地下水がわいている場所があり、池は自然の泉を利用して造ったと考えられる。

 平安京の遺構では、藤原頼通が造営した高陽院(かやいん)(上京、中京区)や上皇らが住んだ冷泉院(れいぜいいん)(中京区)で120メートル以上の池跡が見つかっているが、邸宅自体が4町(250メートル四方)と別格の規模だった。

 2000年に今回の調査地の約700メートル南西で見つかり、伊勢神宮の斎宮となった皇女が住んだ邸宅跡として注目された大規模な池跡は南北40メートル、東西15メートルで、今回は全容が不明な段階でも、その4倍前後とみられる。

 調査は既に終了し、現場は埋め戻している。

■意匠も見事

 京都産業大の鈴木久男教授(歴史考古学)の話 意匠面で斎宮邸や高陽院と比較しても遜色(そんしょく)ない。平安前期からあり、造り替えもしていることなどから、所有者は相当上位の身分の人物と考えて差し支えない。
------------------------------------------------------------------------
我が家から300m程の位置にこの邸宅跡がある。実は拙宅廻り半キロの範囲なんて遺跡がゴロゴロあるが−なにせ大内裏の内−このマンション予定地、ヨメが昨年の秋までパートに行っていた工場跡地あせあせ(飛び散る汗)

春頃に発掘調査をやっていて、この西にあるドラッグストアにヨメと買い物に出かけた際、
ヨメ「ナニかでるのかなぁ」
σ(^^)「かなり西で紙屋川の側だから庶民の家ぐらいとチャウか」
と会話していたとこでした。

0 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年06月08日 22:50
    現説無しに埋め戻されてしまったのにはがっかりです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年06月09日 11:17
     右京に高級貴族の邸宅址なんてわくわくします。誰が住んでいたのでしょうか。埋め戻されてしまったなんてもったいないですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年06月09日 15:56
    〉ヨウダさん
    現説がなかったのは知りませんでした(^^;

    埋め戻しただけでなく、かなり深い基礎を今、掘っています。今日、バスの車窓からなので一瞬で通り過ぎたので詳しくは見られませんでしたが見てきました。ガントリークレーンが入ってマンションの建設が本格的に始まっています。

    誰が住んでいたのか、斎宮邸と併せ気になりますね。妄想説でいいから誰か言い出さないのかな?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年06月09日 16:20
    〉えりかさん
    「右京も二条大路より北は都市空間が存続していて、南北の大路・小路の名称は、その1Kmに限定されていた」なんて妄想説をサイトで唱えているくせに、右京の二条二坊なんて大内裏に近い場所が庶民・下級官吏・舎人の住居としか想像出来なかったことが「素人だから裏付けできない妄想説を言える」と言っていたのに…(^^; もっと想像力を羽ばたかせるべきでしたあせあせ(飛び散る汗)

    確かに「平安京提要」や、そこからの孫引きの地図類には「左衛門町」と記載されています。でも、藻壁門から一直線上80丈も行かない絶好のポジションで反対の東側−左京なら東宮町・高陽院といった場所です。そんな好位置に一町規模の屋敷を構えて300年近く続いた家柄なら限られるから−たぶん藤家か源家−推定は近々にもされるのではないでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年06月10日 12:11
    > ヨウダさん
    今朝、創生館のN先生にお話を伺ったところ…

    現説がなかったのは、調査機関が埋文研などの公機関でなく、民間調査機関だったからではないか とのことを雑談の中でおっしゃってました。

    池跡はマンション基礎の為に、調査区画は破壊されたとのことです。

    斎宮邸の主については、現在3名程に絞り込まれているそうですが、決定打がないので発表出来ないとか… 考古資料館の学芸員のなかには「彼女で決まり!」と主張されている方もおられるとか…
    推定名は教えて貰えませんでした冷や汗

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する