ホーム > mixiユーザー(id:2145604) > mixiユーザーの日記一覧 > 京都MM・コミックマーケットの源流展 リンク追記

mixiユーザー(id:2145604)

2009年05月28日14:50

167 view

京都MM・コミックマーケットの源流展 リンク追記

今、京都マンガミュージアムで開催中の「コミックマーケットの源流」展は必見!
http://kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009052800070&genre=M1&area=K1C

霜月氏の資料を展示しているので「創世記」で言及していたファンジン‐あえて同人誌とは呼びたくない‐やプログラムなどが展示されています。霜月氏の本では語られていなかったSFファンダムへの言及もあり、博物館学芸員の独自視点も窺えます。

8月半ばまでの開催とか…とりあえず駆け足訪問の報告。
0 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年05月28日 16:32
    ありゃあ、始まってましたか。
    行かねば。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年05月28日 22:15
    > GYAさん

    どうせパスを持っているでしょうから(笑)何度でもどうぞわーい(嬉しい顔)

    しかし懐かしいファンジンがイロイロと展示されています。思わず気分はタイムスリップ手(チョキ)
    「週間月光仮面」はなかったですが「きみどりの星☆」はありました。写真では判りづらいですがチャンゼロの表紙がデカデカと拡大されてエントランスとなっています。漫金超なども展示‐ひょっとして閲覧可能だったかも…‐

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年05月28日 22:35
    いや、パスは持ってないけどね。
    学会の関西部会に出席したら、たまに招待券がもらえる(笑)。

    『週刊月光仮面』は、さいしょ限定30部、最大でも100部だった。
    手渡しか直送が原則だったので、面識のなかった霜月氏は持ってないはず。
    持ち主はぜんぶ、通し番号といっしょに控えてある(笑)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年05月30日 10:03
    > mixiユーザー

    昨日の朝に再訪しました。−実はこちらが無料パス所持(笑)
    よくよく見ると「黄昏通信」も目立たない個所に展示してありました。
    文庫版ではなく、ブロンズ社版のやつでした。ヨネヤンの「戦後少女マンガ史」は文庫版でしたが…

    あ、コーイチロー氏のファンジンは「きみどりの星☆」ではなく「マーチフール」の方でした(^^)ゞ

    −捜してみて下さい−

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する