ホーム > mixiユーザー(id:20653861) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:20653861)

日記一覧

金正男氏の死を思う。
2017年02月18日13:32

報道されているように北朝鮮の金正恩氏の兄金正男氏が殺害されたことに大変ショックを受けた。彼が北朝鮮の実質的外交官だったからだ。北朝鮮にもディズニーランドをの夢を追い、日本に通い詰めていたことはご存じでしょう。日本語も達者で、記者の取材に対し

続きを読む

東京都の「東京都健康安全センター」が東京新宿での土壌汚染をこっそりと発表した。昨年7月25日の測定で、セシウム137が土壌1キロ当たり(乾燥土)で260ベクレル。(これは乾燥させて水分を無くして通常の土より数値は小さくなってる)1平方メート

続きを読む

パキスタンで長さ数キロにわたる地割れが発生した。この地域は3つのプレートが重なり合った日本と同じ地殻構造の場所です。詳しくはこちらを。http://earthreview.net/huge-crack-opens-up-in-pakistan-over-three-plates/今ポールシフトに向けて地殻が大き

続きを読む

650シーベルトの意味とアラスカの漁獲量激減とトリチウム(カレイドスコープより)http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4794.html (A)日本の新聞が、国内向けと海外向け(英語版)では内容が違うということは多くの人が知っている。日本の国民には知ら

続きを読む

このところ身の周りが忙しく、日記を書いてる時間が無くなってしまった。原発事故の放射能被曝による影響が具体的に多発しだしたからである。電話の相談が多くなったが電話で答えられる内容ではない。大手の銀行員を含めて、周りの人の頭が明らかにおかしくな

続きを読む

小沢一郎氏が青龍にお尻を押されて遂に動きだした。本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」小沢一郎代表は、自民党、民進党の各派閥の領袖、公明党の半数を口説いて、「自由党」に吸収しようとしている。 自由党の小沢一郎代表が、水面下で衆院解散・

続きを読む

世界の金融事情については何も知らない者が勝手に評論してそれを皆は信じてる。評論家と言うものは実際の事を何も知らない。勝手な予測でものを話しているのです。世界の金融というものは、その根本からいい加減な陰謀からできており、簡単に崩壊してしまうの

続きを読む

日本には沢山のムー帝国の遺跡が存在してる。最南端に近い石垣島にはさらに多くの遺跡があるのです。その近くの与那国島の海底遺跡は有名です。ピラミッドやら石造階段が海底に広がり、ムー帝国の遺跡であることは否定できない。たくさんのダイバーを魅了して

続きを読む

12000年前から9000年前に繁栄したムー帝国。そこには驚異の石機文明があった。全てのエネルギーは石が持つエネルギーを使った。放射線は人類の生命管理に。反重力は物の移動に使ったのです。その痕跡はないのか。実はそれは世界中にいまだに残ってい

続きを読む

ニニギ、イエスと会う。
2017年02月02日11:43

今から10年くらい前、イエスさんがニニギを訪ねて来られた。懐かしかったのでパグになってしまった。中東が騒がしいので伊勢に引っ越してきたそうな。

続きを読む

二二ギがなぜムー帝国にこだわるのか。それは私の生涯のテーマであり任務だったからです。ニニギは富士の高天原をひらき、人類の生命を司るラジウム石を教わった。そして高天原のルーツムー帝国までも蘇させることを命じられた。そしてそのムー帝国も目の前に

続きを読む

春節(旧正月)をむかえて旧暦の青龍が新年会を行うことになりました。会場は前回好評だった山梨県の石和健康ランド。時間は2月5日(日)午後3時頃から5時ころまで。会場は大広間の「楽楽」宴会の予約ではないので大広間にみんなで席取をして各自好きなも

続きを読む

学説:水をボトルで飲む人を悲惨な結末が待つ(スプートニク)学者らの研究により、ボトル入り飲料水を飲む人々は健康を極度に危険な状態に置いている、ということが分かった。理論の検証のため、1500人のボランティアが集められ、一定期間、組織的にペットボ

続きを読む

東京23区だけで238人 20〜30代の「孤独死」なぜ増えた( 日刊ゲンダイ)http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/198267 「孤独死」といえば、独居老人というイメージが強いが、近年、20〜30代の若者が自宅でひっそり亡くなり、発見されずに放

続きを読む

九州の薩摩半島が龍の頭の姿から、南九州の火山活動はこの龍が関係してるものと思われます。今薩摩半島の南にある火山島の硫黄島が火山活動が活発化して噴火の可能性が出てきた。九州の南の火山は普通の火山とは全く違う。その溶岩の供給源が地球の内臓のマン

続きを読む

連日報道される芸能人の死亡。死因は明らかに放射能被曝によるもの。ニニギへの相談も本人は分かってないようだが全て被曝による致命的な病気だ。以前はセシウムによる心臓発作が多かったが、最近は血管の癌のようなものの静脈瘤などが多い。それと白血病のリ

続きを読む

皆さんからの要望が多く、今年も浜松でラジウム石健康法茶話会を開催することになりました。詳細は以下の通り。『浜松会場』2月19日(日) 浜松市立勤労青少年ホーム アイミティ浜松 第2集会室  13時〜17時  13時00分開演 (会場は12時

続きを読む

熊本大地震から始まった九州の地殻変動。そのまま阿蘇山噴火と思いきや桜島まで活動が活発に。遂には元旦から薩摩硫黄島で火山性地震が強まって今年になってから警戒レベルが2に引き上げられた。この硫黄島の過去を知ってますか。縄文時代に大噴火をして縄文

続きを読む

先だって京都大学の山中教授がノーベル賞受賞に当たり、IPS細胞の再生医療で特許を取得しようとした守口教授が本来のノーベル賞候補だったものを、因縁をつけてバッシングを与えて特許を取り消させたことがあった。これはノーベル賞はEUへの資金援助とい

続きを読む

1月8日にラジウム石健康法茶話会の新年会を駿河健康ランドで行ったのですが、好評につき第二弾として今度は山梨県の「石和健康ランド」で1月15日に行うことにしました。前回同様に参加は自由、どなたでも参加できます。各自フロントで日帰り入浴(205

続きを読む

今接近中の惑星ニビルは、古代文明のシュメール文明を書かれた粘土板に登場する実在の惑星です。そのシュメール文明についてはこちらをご覧ください。http://tocana.jp/2016/12/post_11854_entry.html内容は。オックスフォード大学の教授が「古代宇宙飛行士説

続きを読む

チャイナロマンインターナショナル蠅気鵑らすごい商品が発売された。ラジウム治療の究極と言えそうだ。北投石セラミックプレートをふんだんに使って直接患部に当たるようなサポーターが開発されました。サポーターは腹巻、腕、膝用と多種にわたり適用できま

続きを読む

ニニギも先日で68歳になった。死ぬ前に一度は訪れなければならない島がある。日本最南端の島「波照間島」です。先の正月には海水浴客で賑わったという。日本で唯一1年中海水浴ができる島なのです。ハワイよりは常夏です。そんな楽園の島にニニギ遂に行くこ

続きを読む

オバマ氏逮捕の準備が進んでいる。もしオバマ氏逮捕となると戦争責任を追及されて死刑は確実。そうなる前にオバマ氏最後の力で「戒厳令」を出す可能性が大きい。トランプ氏大統領就任前の20日前までが怪しい。来週は激動の週になる可能性。アメリカに戒厳令

続きを読む

1月8日(日)の三連休の真ん中の日に「ラジウム石健康法茶話会新年会」を静岡県の興津にある日帰り温泉&ホテルで宿泊もできる「駿河健康ランド」の大広間で行うことになりました。集合時間は夜19時頃。各自自由参加で大広間にニニギとたっこまん氏ポケッ

続きを読む

皆さまあけましておめでとうございます。新年早々ですが激動の2017年がやってきました。年の初めに当たり、今年のニニギとしての私見を書いておきます。これは天からの伝言ではなく私の私見であることをはじめにお断りしておきます。2016年は人類史上

続きを読む

推定年齢12000歳の巨人が冷凍睡眠状態で発見される…イランの洞窟https://www.youtube.com/watch?v=R1SGyUSMLW0 イランの洞窟で、推定年齢12000歳の巨人が発見された。巨人は仮死状態だが、生きているという。巨人の身体はガラス製の容器の中に収められていた

続きを読む

病気を治す方法は自然治癒力に頼るしかない。自然治癒力とは「自然界の放射線で自ら治す力」です。人間の生命は自然放射線によってすべて管理されている。それは地球の生命は地球の持つ自然放射線によって生まれたからなのです。放射線がたんぱく質を分解する

続きを読む

甲状腺障害の問い合わせが殺到してきましたのでその対策方法を日記にまとめておきます。重要なことですので保存しておいてください。ここにきて甲状腺の病気が急増してきました。これは急になったのではなく以前からのう胞などで日本人の半分がすでに甲状腺の

続きを読む

フォトンベルトの影響で火災が増えてますが、その実態についての記事がありましたので紹介します。http://nagaiosyou.com/foton.html その主な内容は。★フォトンベルトについて医師M先生まとめ-----------------------------------------------------------

続きを読む