ホーム > mixiユーザー(id:20653861) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:20653861)

日記一覧

癌でたくさんの人が亡くなってるが全て病院に行ったのが原因だ。今の病院で行われる抗ガン治療は効果が無いうえに死期を早めると米政府は発表した。既にアメリカでは癌になると半数以上の人は病院に行かず、伝統的な代替え医療で治療するのだ。ニニギが言って

続きを読む

「東京はもはや人の住む場所ではない」そういうのは東京の小平で開業していたが、汚染がひどく岡山に引っ越して開業した医師の言葉だ。今や東京に居続ける人の9割が何らかの体調不良が出てきた。(チェルノブイリでの実例から言える)もちろん本人は被曝の認

続きを読む

今ニューヨークで国連総会が開かれてるが、その内容はとんでもないことです。9月30日にIMFが世界の新たな国際通貨を発表します。ということは10月からはドルが世界の国際通貨ではなくなるということです。世界経済はそのまま終わりとなるでしょう。国

続きを読む

先日の日記でモンゴルのラジウム石(ラジウム40000)の粉を使った化粧品があるとご案内いたしました。その会社は大手の化粧品会社の製造会社であるためにどの化粧品かは企業秘密です。しかしその製造会社自らも販売しているのでご案内します。「ふろうふ

続きを読む

ニニギの周りの人で関東の人はほぼ全員に被曝症状が現れてきた。本人は病院で適当な病名を言われて気が付いていない。言っておくが病院では絶対に被曝は治せない。その症状によって適当な名前を付けてるだけで、その原因もメカニズムもわからないのだ。治すこ

続きを読む

先日パラオのネイチャーアイランドでムー帝国の初代皇帝ベラムーのお墓を突き止めて、岩戸を開いて12000年ぶりに蘇りました。当日はニニギ一人だったので恐ろしくなってそそくさと引き上げてしまい、ベラムーさんとのお話もできませんでした。心残りだっ

続きを読む

以下お読みください。November 9th, 2015 InvestmentWatchShocking Report:    ...‘Million Cancer Deaths From Fukushima Expected’ Fukushima-cancer-deaths.jpgThe new report by Fairewinds Energy Education (FEE) says that the governments and

続きを読む

パラオのネイチャーアイランドに世界最大の石のお金があるというので見に行きました。急な岩山の岸壁に船をつけて飛び移り。急な崖を登る事約10分。大きな石のお金と言われるものがありました。最初の写真がそうです。直径が2メートルくらい。真ん中に30

続きを読む

あの幻の強力セラミックボールラジウム50000を使って大手の化粧品会社からすでに化粧品が販売されております。毎回特別注文で1トンも使っております。ラジウム50000と言えば270μsvhも出る強力版。それを粉にして化粧品が作られてます。ファン

続きを読む

アメリカの大統領候補のヒラリークリントン候補が、ニューヨークのテロ追悼会で倒れ、1時間後に元気な姿を見せた。ところがこの元気な姿は替え玉ではないかの噂がネットで飛んでいる。写真を見ると確かに違う人物だ。鼻の形も大きく違うししわが全く違う。1

続きを読む

パラオについて3日目が暇だったのでトローリングに行くことにしました。船を1日チャーターしてのトローリングです。ところが日本人ラッシュで船が手配できない。トローリングの船まで観光船で使ってしまったとのこと。色々ツアー会社を当たってみたら一隻だ

続きを読む

使い道が広くて大人気のチャイナロマンインターナショナル製の「北投石プレート」が新しくなって更にパワーアップしました。今回は北投石に加えてモンゴルのラジウム石を混ぜて線量も更にパワーアップ。プレート1個で9,317μsvhのパワー。北投石のやさ

続きを読む

富士の岩戸(二二ギ尊のお墓)を開いて以来ニニギ尊さんに取りつかれてしまった。いつの間にか頭の中で「ニニギ、ニニギ、お前はニニギ」とささやかれて遂に自分の名前にしてしまった。まさか高天原の神皇の名前だとは思わなかった。そのニニギ尊さんが5月の

続きを読む

南シナ海では南沙諸島の中国の開発をめぐりもめている。それを阻止するためにアメリカは海軍を派遣して一触即発の状態です。本気で戦争を始めるつもりです。戦争になれば日米安全保障条約で、自衛隊が応援に行かねばならない。そこでアメリカははしごを外し日

続きを読む

夏休みの忙しさが終わり、またニニギの旅が始まりました。旅と言ってもネット情報で旅をしてるだけ。前回のベトナムに次いで遂にニニギがよく行くグルメと温泉の街韓国プサンの格安旅行がありました。成田発で午後便出発なので前泊無で楽々出発。プサンまでは

続きを読む

ニニギがおすすめするベトナム旅行。なんとこの秋から冬にかけて豪華で格安なベトナム旅行が売りに出された。ニニギはいつも一人旅なので参加できない(2人以上)のですが超お勧めの海外旅行です。日本からは直行便で行くので乗り継ぎ無。ベトナム航空は機内

続きを読む

先日のG20でもオバマ大統領はけちょんけちょんでバカにされた。中国もそのまま知らんふり。これを見たアメリカ国民は怒るだろう。しかしなんかおかしいとこrがある。本当にまともな国の中国がやる事だろうか。何か裏がある。一方アメリカとロシアは世界各

続きを読む

突然ですが台風13号が沖縄付近に発生しまた。それが明日にも西日本に上陸。日本を縦断しそうです。小さな台風なのですが大きな雨雲を持ってます。日本全国突然の大雨に注意が必要。もはや気象異常は常識化してきました。いつ何時どんな天気の異変があるかわ

続きを読む

遂にアメリカの厚生省は気が狂った。子宮がんの新ガイドラインで若い男性にも接種を推奨。男性が子宮がんになるのか。全く気が狂ってしまった。詳しくはこちらを。http://shindenforest.blog.jp/archives/65501715.html

続きを読む

G20に参加のために杭州の空港に着いたアメリカオバマ大統領専用域に降りるためタラップが用意されなかった。意図的なものか。大統領は仕方なく専用機内臓の非常用タラップで降り立った。波乱のG 20二なりそうです。http://www.sankei.com/world/photos

続きを読む

青龍がひろって来た未確認で無責任情報ですが、ラファエルという宇宙人を名乗るものからの情報です。その信ぴょう性については不明ですが、あまりにも可能性がある事でしたので案内しておきます。09 月04日(日)  大天使ラファエル 寒冷化、電波使用

続きを読む

ニニギは以前建設省のキャンプ場委員会の委員をしていたころ、スペインのカタルーニィア地方(バルセロナのあるところ)の田舎町をキャンプ場の視察旅行をしたことがある。ニニギが副団長だ。田舎町は街の中心が教会になっている。その教会前の広場に宿舎があ

続きを読む

今年6月。50歳の原発作業員の方が作業宿舎の小屋で亡くなった。ベニヤ板で仕切られた宿舎での死亡は前の日まで動いている音が隣の部屋まで聞こえていたからだという。なんとずさんな健康管理だろうか。体調不良でも決して病院には連れて行ってもらえない。

続きを読む

世界中が戦争へと向かっている。きな臭くなってきた。明らかにわざと戦争を起こ荘としているのだ。その背景には何があるのだろおうか。人類の動きに詳しい青龍が見事その真意に迫った。まずは日本の財政破綻。それは確実なものである。絶対に返せない政府の借

続きを読む

昨年天皇陛下がご訪問になられたパラオ共和国。陛下が訪問されたのは戦争の慰霊だけではない。高天原のルーツであるムー帝国へのご訪問でもあったのです。戦前日本の国連委任統治領であったパラオはムー大陸のな残りでもあるのです。ニニギにはムー時代の記憶

続きを読む

再び活発化してきた熊本地震だが、これは阿蘇山噴火の前兆のため、阿蘇山が噴火するまで収まらないだろう。31日19時46分。震度5弱。M5,2震源の深さ10キロ。1日6時33分。震度4.M4,7震源の深さ10キロ。再び活発化してきたようだが、あ

続きを読む

こんなタイトルのブログを見つけた。ごく当たり前のことを言われてる。この真実に誰も目を向けようとしないのはなぜだ。http://bougainvillea330.blog.fc2.com/blog-entry-660.html 日本の歳入95.8兆円のうち、41.2兆円が将来世代からの借金なのに国内の大学

続きを読む

ニニギは何度も癌で手術はしてはならないといっていた。遂に週刊現代が首記のような記事を書いた。癌細胞だって自分の大事な細胞。取ってしまったら不具合が出るに決まっている。癌細胞は修復をすれば使えるのだ。それに自然放射線が必要なのです。記事をご覧

続きを読む

しばらくお休みしていたニニギ実験室。究極の放射線発電がまた動き出しました。愛知の高木博士とともに再度実験をすることになりました。以前から高木博士が開発したフィルム型放射線発電補助装置。これを利用して再度放射線発電に挑戦します。現在モンゴルの

続きを読む

  福一からの放射能の放出はチェルノブイリに比較して4.4倍多いとされます。さらに爆発規模がチェルノブイリは上空6000メートルに及ぶ規模の爆発、福一はいずれも100メートル規模であり、放射能拡散の規模が圧倒的にチェルノブイリの方が広いので

続きを読む