ホーム > mixiユーザー(id:19186368) > mixiユーザーの日記一覧 > 私も責められるのかな?

mixiユーザー(id:19186368)

2017年02月17日18:26

418 view

私も責められるのかな?

事件の場所も近い。
私の母も統合失調症(正しくはアスペルガーの二次障害)、注意欠陥障害、実家は「粗大ゴミ」(家具と衣類、布団に本、書類)で埋まっていた。
母が78歳で悪性リンパ腫になり、病院に入院するまで実家の整理をする事が出来なかった。
生ゴミを溜めこむ事は無かったが、玄関から家に入れなかった。

援助求めず 放置状態の高齢者
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=4436707

私が結婚して実家を出なかったら、この娘(30代)と同じ目に遭ったろうか。
戦々恐々の日々を思い出すと、情け無さと無力感で涙しか出ない。
普通とは違う家、母親が支配的で、現実と常識のはざ間で悩むしかない。

周囲は困っていても、巻き込まれたくないので敬遠するし、福祉も「医師の診断が前提」と言う。公的な機関は机上の書類が無ければ動かない。

なぜ親を説得しないのか?…出来ないのである。
この娘さんも色々努力した挙句、諦めてしまっただろう。
人付き合いは親も含めて、一年以上良好で無い場合は続かないのに、生まれてからずっと良好でない関係を強要されてきたのだ。


親に反発したら、罵詈雑言に暴力…自分の不幸は全て「自分の子」のせいにするので、徹底的に尊厳を破壊される。
大体がケチで、子どもは親ルールに縛られ、一般家庭では想像も出来ない不便を強いられる。日常を奴隷化される苦しさが分かるだろうか?
仕事を持っていても、収入が自由にならない…「渡さなければ良い」と、殆どの人が言うのだが、毎日、親の顔色を窺って暮らしているのだ。
親の不機嫌が何より辛い。

勝手に掃除や片付けが出来ない…物を捨てると怒り狂う親。
親ルールで縛られているので、親の気に入るような家事は出来ない。親は子どもの行為の何一つ、お金ですら気に入らない。
まともな愛情が欠落した家庭で、親との関わりを諦めながら生きている。

母が生きている間、不安無く眠れた事があったろうか?
母が死ぬまで、私は生き辛かった。

改善の努力は何度もした。
統合失調症の診断を受けるのに、私は精神科のある町まで家出して住み、訪ねて来た母をやっと病院へ連れて行った。母が統合失調症だと気付いてから10年掛かった。
「ああ、これで治療できる」と思ったのに、医師が指定した後見人は「親族の男性」だった。期待は霧散した。それから3年後に更に悲惨な状態の実家へ戻った。
すでに30歳を超え、職場も左前、世の中は不況、「もう、何も出来ない」と諦めた。
近所の事情を知った世話焼きに見合いを勧められ「介護要員」と半ば気付いていたが、夫と義母が歓迎してくれたので、結婚した。




母は死ぬ間際になってやっと気弱になり
「なぜ、嫌がっても説得してくれなかったのか?」
と言った。…説得?それは、自分の尊厳が保たれた状態の人が出来る事だ。
お金の余裕と自分の気力体力があって出来ることだ。

結婚後10年余りの義母の介護と3人の子育てのダブルケア。
義母が亡くなった後、少しは実家を何とかしようと思ったが、私の両手は指の関節炎になっていて、家事をするのがやっとだった。
指の痛みと辛かった時期の記憶が薄れるのに、4年余り掛かった。
4年経った私は、保身の塊りになった。誰も頼らない代わりに自分と自分の子どもは守ると決めた。

実家を訪ねると玄関まで家具で埋まり、縁側も物でバリケードが築かれていた。
母がまだ元気そうなので、逆鱗に触れないように応答し、落胆した気分を何とかとり直して家に戻った。
何かあれば跳んで行った。それしかないので。
もし、火災などで隣近所に迷惑が掛かったら…そう思うと怖かった。

母の死後、実家は二束三文で売り、近所に謝罪をして回った。
もう、何も残っていない。
11 18

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 18:55
    私の家の事を言っているのかと思ったくらい、私も同じ目でした。
    分かる分かるって頷きながら読んでしまいました。

    私が実家に戻った時も家がゴミ屋敷でした。
    そこから目を盗んでは捨てて捨てまくって頑張りました。
    今では母も片付けた方に賛成なので5年頑張ったなぁって思います。

    それでも過去の事は一生忘れないし許せないんですよね…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 19:37
    > mixiユーザー 

    正気を保つのがやっと…現実逃避の妄想癖が身の救いでした。
    お家まで改築されてGREENさんスゴイ!!注意欠陥障害の解決を見る想いがします。
    私は家出して治療が無理だった時点で意気消沈してしまいました。
    結婚していなかったら…開腹手術もしたので自己崩壊していたと思います。
    たまたま拾った人生だけど、運が良かったかな…と。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 20:23
    私はこの記事はもっと別の問題を感じるよ。
    セルフネグレクトとか新しい言葉使いたいばっかり、特殊な悲惨な人を探し出してきて当て嵌めて「国が悪い」キャンペーン。
    もうね、保育園落ちたとか相対的貧困とかのキャンペーンの一環。
    この娘さんは行政を責めるための人身御供、いけにえ。
    決してこの娘さんが大変だと思って書いた記事じゃないんだよね反吐が出そう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 20:47
     silver catさんのつぶやきから失礼します。
     この事件、30代の娘がいながら、こんなことになったのは、何かあったに違いないとは思っていたのですが、たいへん参考になるご指摘、体験談でした。
     詳しい事情は明らかになっていないので、まだこれと決まったわけではないでしょうが、今回の事件を離れても、こうした現実があるということは、もっともっと広く人々が認識していく必要があるでしょうね。
     どうも、ありがとうございました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 21:32
    > mixiユーザー 

    記者は毎日新聞の人みたい? 私情を交えずに書かなければならないから、非情にならざるを得ない気もします。
    保護されてまだ良かったよね。
    悲惨な事件が起きないと、この社会の闇は見えて来ない。
    娘さんについて同情的な私見は敢えて出さなかった、と思うよ。
    因果な商売だよ、記者ってさ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 21:37
    > mixiユーザー 
    新聞記者は売国奴しか居ない。
    非情になったんじゃなくて自分の意見に沿うように利用しただけ。
    毎日新聞なの?
    なら毎日変態新聞でググってみ?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 21:44
    > mixiユーザー 

    コメントありがとうございます。
    普通の成人としての対応が出来ていない…知的障害かも?の意見もありますが、私は違うと思います。
    私の母は高知能アスペルガーで高学歴、英語の補助教員、養護教員もしていましたが、家庭では幻聴が出ておりヒステリックでした。反して私は両親教員なのに別居離婚で不登校を繰り返し学歴がありませんでしたので、余計に母には逆らえませんでした。「毒親」の子は似ていても様々な事情があります。
    自滅型の「毒親」の子は、社会性を持つのも難しいのです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 21:47
    > mixiユーザー 

    うぉおお…げっそりインテリのペンは怖いね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 23:11
    「人付き合いは親も含めて1年以上良好でない場合は続かない」
    という日記本文の言葉が、今の自分にはありがたく感じました。

    親が毒親だと認識してまだ数ヵ月ですが、断ち切る決意ができました。

    ニュースより。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月17日 23:59
    ニュースから。うちも同じでした。

    父がなくなりもうすぐ10年、少し話ができるようになったけど、まだまだです。

    母の本意がわかりかね、配偶者の両親も巻き込まれ、自分がいなくなればいいのかと家出もしましたが。

    若いとき、自分でお金をため家を飛び出しようやく、自分らしく生きられて現在にいたります。
    義理の親にはほんまに、助けられました。自分のライフラインでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月18日 02:38
    ニュースから来ました。
    毒母の呪いはほんと恐ろしいですよね。
    周りでも同じような恐ろしい話をよく耳にします。
    配偶者は気づきも早く逃げることもできますが、
    親は本当に難しい。
    まだまだトラウマが残っているとはいえ、
    解放されてほんとうによかったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月18日 04:47
    > mixiユーザー 

    コメントありがとうございます。
    「人付き合い一年の云々…」は義母の死後に通ったパソコン教室「わかるとできる」の経営者 硲 弘一(さこ こういち)さんの言葉です(著書もあります)。初心者ビデオレッスンの2回目、板書の間の閑話休題として話されたのですが、私の人生を変えてくれました。「恋愛、仕事、どんな関係でも一年真摯に向き合い、自分にとって有益で無いならば、離れなさい」と言うのです。他人に利用されるだけの人生を変える大事な言葉でした。それまでの循環の悪い人間関係を整理し、良い関係の人だけを残し、新しい人間関係も怖くなくなりました。

    自分が情愛や好意を持つ相手と関係を断つのは、確かに辛いことです。親兄弟ならば尚の事。
    しかし良好でないならば、一旦距離を置かないと自分を良い方向へ向ける事ができません。
    距離を置く事で逆に良い関係になった友人もおりますし、夫と子供には感謝しかありませんし、何より母との生活で失ったアイデンティテイを取り戻しました。
    親とは法的に縁を切る事が出来ませんが、離れる事は出来ます。

    私は40代半ばで「毒になる親」を読み、人生最大と言えるほどショックでした。
    「若ければやり直せるのに」と何度も思い、何故、無駄な人生を過ごしてしまったのか悔やんだものです。
    しかし嘆いていてはものを考える事が出来ません。厳しいですが、それが自分との闘いです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月18日 04:55
    > mixiユーザー 

    コメントありがとうございます。
    短いコメントの中に、みやしゃん。さんのご苦労が偲ばれ泣けてしまいます。
    私ももっと強い意思があれば良かったのに…成人した頃は社会性の持ち合わせが無かったです。
    良い人生を築くべく、お互いがんばりましょう手(グー)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月18日 05:31
    > mixiユーザー 

    私は訪問介護ヘルパーを短期間ですがしましたので、未婚のまま親の介護をする方も何人か見ました。
    逆に親御さんがどんなに愛情深くとも、捻くれて我儘三昧の成人もおりました。
    そういった家庭を見ていると、自分にフラッシュバックが起こり関わるのが辛くなってヘルパーは辞めてしまったのですが…。
    しかし現在の自分の価値観は、この人生でなければ持てないものと考え、不幸とは思いません。
    福祉が書類上だけでなく、救いを求めたら調査できるほどの人材予算を組んで欲しいですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月18日 15:57
    >ちゃりんこママさん
    「毒になる親」を読んで、過去の諸々のひっかかりがパズルのようにはまり、そして、縁切りを決意しました。

    土下座しようが死んで詫びようが、許されないことをしたという自覚がないので。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月18日 19:33
    > mixiユーザー 

    まず、自分の幸せに向かってください。
    親より幸せになれたら、私たちの勝ちです!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月20日 19:04
    責められないと思います。責められたら堪らない。

    本当に本当に堪らない
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月21日 20:59
    > mixiユーザー 
    親は選べないの…自分が毒親にならなくて良かったと思うしかないかな涙

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!