ホーム > mixiユーザー(id:18515185) > mixiユーザーの日記一覧 > きっと好奇の目で見られるんだろうけど私も負けない!

mixiユーザー(id:18515185)

2017年05月19日21:48

123 view

きっと好奇の目で見られるんだろうけど私も負けない!

我が家の愛犬の内、1頭が悪性の腫瘍で右の後足を先月に断脚(足を根元から切る)しました。
なので現在は3本の足で器用に室内を歩き、排便・排尿もしています。
犬は元気いっぱいで食欲もあるのですが、一部転移があったため抗がん剤治療の最中です。
でも、転移部分もしっかり切除出来ているので一定期間の抗がん剤治療が終わったら普通の生活に戻していくつもりです。
もちろんお散歩も大好きなので、前ほどの距離は出来なくても楽しませてあげたいです。
今から片足の車いすやベスト型のハーネスで他の足への負担を少なくする方法を考えている所。
人間同士でも手や足が片方失われているだけで好奇の目で見られる位だし、犬の場合は更に見かける事が少ないから好奇の目で見られたり、陰口を言われたりするんだろうな〜。
それでもうちの犬がお散歩に行きたがる限り、工夫して私は連れて行く!
獣医学も日進月歩で昔は犬や猫が重い病気に掛かったら諦めるのがセオリーだったかもしれないけど、今は様々な治療法も開発されてる。
現にうちの犬の使っている抗がん剤は分子標的薬というその腫瘍にだけ効果的に作用して、他の細胞は余り傷つけないという物で、うちの犬に限っては付随する胃腸の副作用も全くなし。
犬だって家族の一員で出来るだけの治療をしてあげたいし、不自由な状態でもできる楽しみは味合わせてあげたい。
だから私は好奇の目になんか負けないよ!


■「虐待ではないことを知ってほしい」 脊髄の病と闘いながらも散歩を楽しむワンコ、愛情いっぱいの飼い主の呼びかけが話題に
(BIGLOBEニュース - 05月19日 19:50)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=258&from=diary&id=4580484
9 2
  • << 前の日記
  • 次の日記 >>

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月19日 22:35
    ニュースからきました。
    人間の解釈は、見た目から始まるという、典型的な例ですよね。
    わんこ達の幸せを感じてる顔を見るだけで
    こんな偏見自体生まれないと思うのですが
    ある意味、飼い主へのいじめですね。
    私の娘(ダックスフント)も2回ほど癌の手術を
    しました。
    でも、無事に9歳を迎える事が出来ました。
    よっちぃ様のお子達も大丈夫ですよ!!
    だって、愛情が治療ですもん!
    長文、失礼しました!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月22日 05:32
    > mixiユーザー 
    コメントありがとうございます!
    見た目ではなくその犬の表情を見て欲しいですよね。
    気になるなら率直に聞いてもらえれば説明だって出来るし。
    変な目で見て陰口を言ったりするのが一番意地悪いと思います。
    家の犬は腫瘍の出来た位置が足の踵関節部分だったので、断脚しか方法がなく命よりも大事な物はないと決断しました。
    幸いなことに転移はあったけど切った足のリンパ節だったから全部切り取れているのです。
    悪性度も同じ腫瘍の中では低いランクに入るので念のため抗がん剤治療をしています。
    去年9歳になったのですが、この手術をしたのだし平均寿命よりずっと長生きしてもらって、まだ楽しく生活をさせてあげたいと思っています^^
    励ましの言葉、とてもうれしかったです!

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する